ブログ一覧

コロナの中の株高

「なぜか日経平均株価は30年ぶりに3万円を超え(21年2月時点)、現在も2万8000円台の高水準を維持。株式市場は大いに盛り上がっています。それだけでなく、絵画や別荘、高級時計も売れに売れ、価格も軒並み急上昇」、そうなの?


バブルは「カネ余り」や「投機に向いた商品」があるときに発生しやすく、実は現在、その両方が揃っているのだと。円もドルも、その発行、流通量が政策次第で動いている?ドル本位以降の、為替制度は、まだ固まっていない?


コロナの中で、株価を追いかける人達と株に手を出せない人達の格差というのか、それが大きくなる今の経済社会?コロナ後の暮らし、脱貧困・脱格差を進める政治は、どうなるのだろうか?株に手を出せないと言うか、格差の中の命、次世代の教育、安堵安心はどうなるのだろう?


① 「金目」だけで動く政治
自民党をぶっ壊す!規制緩和!だった小泉純一郎、その懐刀(ふところかたな)?の元総務相でパソナ会長の竹中平蔵さんが6日、読売テレビ「そこまで言って委員会」に出演。東京五輪・パラリンピックについて「世界に対して『やる』と言った限りはやる責任がある」と発言したそうだ。「開催か中止かという議論自体が分からない」と言ったと?


国民の命より、何の責任?自分達の「金目」?なんじゃないの?こういう人達に牛耳られてしまって、日本の国はここまで、格差貧困、凶悪犯罪が絶えない社会へ向かってしまったのだろうか?


国の事業にはまず顔を出す「竹中平蔵のパソナ」、東京オリンピックと政府のコロナ対策事業を大量受注、コロナバブルの象徴だと。菅義偉総理のブレーン、国家戦略特別区域諮問会議有識者議員、産業競争力会議有識者委員を務め、小泉内閣時代から自分で決めて自分が、がばがばもうける方式の人らしい?


② パソナの中抜き、95%?
五輪関係の特別待遇、医療従事者をボランティアとして無償で募る一方、有償の大会運営スタッフの準備業務ディレクターには1日35万円、管理費・経費を含めると日当42万円という計算になるという。


そして竹中さんが社長のパソナってこうだった?パソナが一般に募集をかけているのは時給1650円(深夜時間帯は125%の割増賃金)で日当約1万2000円。人材派遣の業務といえども中抜き率は95%を超えるんだそうだ。


5/26の衆院文科委員会、「パートナー契約では人材派遣サービスはパソナにしか許されていない。43会場の派遣スタッフを頼むときはパソナに(仕事を)出さなくてはならない契約になっている」と答えるのは誰?この独占的契約も明らかになっている。儲かる筈、どうでもオリンピックは開催したい筈?


③ 税金じゃぶじゃぶ、極まれりのパソナ
4月19日の衆院決算行政監視委員会で質問された、このでたらめな契約、五輪相・丸川珠代は「守秘義務で見せてもらえない資料がある」とか答えた?


血税、公的資金が流れる事業なのに、一民間企業との守秘義務の方を優先させているのに、それを国会が糺(ただ)せない。パソナも積極的に説明しようとしない。人材派遣業をつかさどる厚労省もだんまり、つまり五輪さえ強硬に開催できれば、誰も悪くならない仕組みが完成しているんだって?


これが東京オリンピックを、絶対にやりたい竹中、IOCのバッハさん達の、本当の姿だったんだ?で尾身さんの発言、このコロナの中だもの「ふつうは無い」と言ったのだが、この発言は越権行為だとか自公政権。自分達の「金目」に都合が良い間だけの専門家の発言なんだ?政府の言いなり委員会でないとダメなんだ?


④ この頃のマスコミに露出過多の人達
でも何故このタイミングで、竹中さんを出したんだろうか?創価電通が仕切る日本のマスコミ、小泉規制緩和の時代にはこういう発言でも、私達は規制緩和!自民党をぶっ壊す!と思い込んで、鵜呑みで聞いていたの?


それにしてもマスコミの露出が多いのは、2チャンネルのひろゆきさん。そして維新が多過ぎだ?橋下さん・吉村さんがダントツ?橋下さんは感情のおもむくまま、吉村さんはコロナ対策の「大阪府の仕事よりもテレビ出演」みたい?


マスコミを支配中なのは創価電通だから、なのでいつも持ち上げられているキムタクと工藤静香って、身内だから?そして英国王室、日本の皇室などは、政府の好きな色を付けて流している?こういう日本、世界も?マスコミってどうなの?


⑤ 批判に答えて欲しいけど
コロナ対策を批判された吉村さん、枝野さんの批判は「うっとうしい」と言う反応はどうなの?指摘された問題を拾っていく姿勢が無さすぎ?「うっとうしい」は無いかも?そして橋下さん、与党の質問は屁だとか?こういうのは唯我独尊っぽい。やがて大本営政治になってしまう人達かも?


この維新の身内たち、自公創価の「金目」が一番政治、その行く末は格差貧困社会へむかってしまいそう?若い人達が安心して所帯を持てない社会、人心が乱れる社会?コロナ不況も、竹中さん達は太るだけ太れるような?


コロナの不安の中だから、私達はいろいろな声を出し合って、聞き合って、元気をもらいながら、なんとか未来を見つめよう?嘘で「金目」ばかり包んでいる政治、それを包んでいるのが、マスコミのニュース?国民サイドは、自分達のニュースの発進をしながら、政治を選挙で変える事を選挙で実現したい。それが一番かも?


⑥ コロナが教えてくれた事
 自粛、三密で籠っていると、気持ちは沈みそうだけど?人の声を聞き合い、顔色を感じ合い、交流する事が生きる目的、そうして文化を発達させた人類なそうだから、そうレヴィ=ストロースというユダヤ系のフランス人は言っているから・・


自然生物状態から社会文化の状態へと移行を続けているのが人類だそうだ。永遠に消えない自然生物の響きだから、人間はやっぱり命が一番だった。「金目」で動かす政治を変えて行かないと、命が守り切れない時がやってくるかも?


今、日本は今格差拡大社会へ向かっている?で自助では負えない時代?社会保険(共助)に税金の福祉(公助)を入れないと、成り立たない?自助を求める自公政権だけれど、世界には社会保障財源確保の為に、消費税から贅沢税へと移し始めて30年、公助と共助を組み合わせ、格差是正の社会保障制度を築き上げ続けている国もある。そのフランスの制度に注目かも?


⑦ 「ゆりかごから墓まで」の効果
できる所から、出来る分だけ、今の創価電通や、パソナが中抜きしている税金を調べ上げ、国家100年?の計に立つ政策、政権ではないだろうか?それは格差是正の平等のため?


アメリカ国民は、アメリカ独立時1783年には、すべての法律をイギリス本国に倣っての建国だったのに、今の格差、イギリス国民は無料の医療制度(NHS)を、戦後1948年に「ゆりかごから墓場まで」として整えた。その差が凄い。アメリカは今、コロナでホームレスが増加中。この違いはきっと「ゆりかごから墓場まで」。


コロナが教えてくれた事、自助を包む公助をしっかり敷いて、格差是正の政治を、選挙で選ぶ事かも?医と食と住まいを国民に確保する政治が、今大切。イギリスの医療制度、フランスの公的扶助(生活保護)・フランスの介護保険は利用料とセットで手当てをする制度だから、利用料を心配しないで必要なサービスは使える?


⑧ 「金目」より、いのちの政治
世界の社会保障を眺め渡し、今の国民の所得格差の中でも、最善の制度を作り上げて、コロナ後の日本の希望、若い人の幸せ、子供たちの笑顔を増やす事かも?自公の「金目」政治より国民の「社会保障」に取り組む政治。


多分朝鮮戦争直後のアメリカアイゼンハワ―大統領の国連演説、「原子力の平和利用」は「駄法螺(だぼら)」だった?「駄法螺」も通ってしまう?大国の力?チェルブノイリ、福島の事故は何を語っているのだろうか?


インフレになれば、お金はただの紙切れに変わる?どの国も歴史の一齣そういう時代を超えてきている?国民の命と暮らし、物流の確保が一番。「金目」、既得権、税金の中抜き、委託、賄賂政治、そしてアメリカの腰巾着政治を変えていかないと、明日の不安が大きな、コロナ後の日本かも?


荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP