ブログ一覧

一億総中流の、夢から醒めて

マスコミは党首討論の録画を流すだけ?局側の纏めが無いのかも。各新聞の朝刊社説はどうなのか?マスコミはいつも、「政府の言いなり委員会?」だから?


① ワクチン効果、副作用が不明だから

コロナのワクチン効果の程、副作用の程、それが未だ不明が多い?肝心の情報が無いから、仮定の話、可能性の話になっている?


この新しい技術、mRNAを人体にいれ、その人工mRNAは、細胞の遺伝子発現を操作するツールとして機能できると。「m1Ψ修飾型人工mRNAスイッチを組み合わせて、目的の細胞においてタンパク質を発現させることのできる遺伝子回路を構築した」というのだが?


そういう技術について、各製薬会社は、互いに莫大な利益を掛けて競争中なので、全容が公開されない。国民はどのワクチンがどういう作用、ワクチンがどう動き、副作用など、情報は不明な所も多い?そしてマスコミは連日感染者数、死亡者数、重症者数などと流す。ワクチンを打たないと感染してしまいそう?


② 人工mRNA

「人工mRNAは、その塩基配列を適切に設計することで様々な機能を付与できることから、細胞の遺伝子発現を制御するツールとして注目を集めています。」また、「DNAと異なり、人工mRNAは細胞に導入してもゲノムへの望まない変異導入のリスクを回避できるという点で、医薬品としての応用も期待されています。」と。


この新技術は今後、難病の治療法など、現代の医学を変える画期的技術に違いない?でも人間の細胞内でどう動くのか、その影響の程はまだデータ不足だろう?そして副作用は?mRMAは、細胞の生産可能なタンパクを、「指定できる」と言うのだが?


生命そのものを弄ると言うのか?細胞治療の方法なので、命を的にする技術なので、製薬会社の莫大な儲け「金目」が掛かっているので、技術の肝心な所は、伏せられている?医療は命を左右する世界なのに、「金目」で動く時に、技術競争になる時に、肝心な情報程、公開され難いかも?


③ 製薬技術「世界の公共財」ならば

こういう細胞レベルで弄ると言うワクチンは、その全技術、ノウハウは公開される事が一番大切かも?いろいろな視点を入れて副作用や、危険度などが、斟酌されるべき?衆人監視というほどが、多くの副作用やらもオープンになる事ができる?


それぞれの研究グループが、互いの隘路、知恵を出し合い、重ね合わせて、治療を進める事が、患者サイド、ワクチンを接種する側の人権にとって必要?中国共産党の、いつも世界のマスコミから、「悪の権現」みたいにいわれている中国の習近平国家主席の言葉、ワクチンは「世界の公共財」って、本当に大切な言葉に思える?


医療は命と向き合う仕事だし、命を的にしている。なので他の商売とはちがうところも有り?医療だけは「金目」を外し、「世界の公共財」的に、情報を共有できる研究開発、そしてそれそれのノウハウの共有が、良い薬開発を助けるかも? 


自分達と次世代の命のために、求めるべき情報の開示、その事実をもって政治判断を進める政治が望まれている?その逆が今の製薬会社の利益、世界も、日本の自公・維新の政治なのかもしれない?コロナワクチン、治療法、そのための技術開発に係わる諸情報の公開、それが無いのでワクチンは?それを頼っての東京五輪のスケヂュールのリスク度、掴めない議論に落ちるのかも?


④ また自殺者がでた

06/07,9時20分ごろ、東京都品川区の都営浅草線中延駅で、日本オリンピック委員会(JOC)幹部(経理部長?)の50代男性が電車に飛び込んで、搬送先病院で死亡が確認された。その後このニュースをマスコミは出さないので、他殺か?との憶測だとか?


これって、森友学園への国有地売却`を巡っての財務省の決裁文書改ざん、あの時の自殺者、近畿財務局の赤木俊夫さん(当時54)、2018年3月に自ら命を絶った。奥さんの雅子さんが今、当時の財務省理財局長・佐川宣寿氏と国に、慰謝料など1億1000万円余りの賠償を求める、渾身の裁判中だ。


日本の国は、ここまで税金が私物化している。すっかり創価電通、安倍友すが友、自民党公明党が、中抜き、委託、竹中平蔵のパソナなどと、囲い込んで好きにしている、その旨味、皆で「政府を忖度していれば税金が廻って来る」という習慣になっている?


⑤ 森友と同じみたいな?

森友学園の時、安倍総理夫妻が主役?国は森友決裁文書の改ざんを認めたが、“誰の指示だったのか”などは明らかにせず、したくない?であの当時の財務省理財局長・佐川宣寿氏の嘘答弁が目に残っている。この高級官僚は、自宅世田谷の豪邸までも財務省の差し押さえ物件、割安購入までネットに出ているんだけど?

https://sunshine4424.com/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/2195/
森友で賄賂等不正を隠し、逃げおおせるノウハウが手許にあるだろうから、今回は?この方の自殺は、赤木文書みたいのを、几帳面な人なら残さざるを得ないだろうか?もうその隠蔽工作は進行中だろうか?詳細会計文書は?


この人も赤木さんと同じ立場だったのだろうか?今森友の全容解明、その糸口とされる「赤木ファイル」だが、「これを書いた職員(赤木敏夫さんの事)の訴えに迫る。」と報じられている。


今回、警視庁は自殺とみているが、遺書などは見つかっておらず、その報道も尻すぼみ?IOCのこの経理部長の死にゆく姿、電車の運転士が「男性がホームから線路に入ってきた」と見ていた姿を話している・・・


⑥ 今はコロナ、国民の命の筈?

それなに、何で57年前、東洋の魔女?菅総理にとってコロナ、医療はどうなの?太田市には、早くもオーストラリアからきている選手団が、宿舎と練習場の往復だけでなく外に出たい?オーストラリアは旧大英帝国内の国、そして今は冬。日本の気候、夏の暑さになれるため?2カ月も前から?どうなるのか?


「命をリスクにさらしてまでオリンピックを開催しなければならない理由は何か、端的に答えてほしい」と共産党の志位さんの質問。スポーツの感動も、余裕のある時の話かも?一億総中流時代とは違う、格差貧困社会の話だから? 


経理部長の自殺、オリンピックには大きな「金目」が動き、賄賂の疑惑?ここまで裏と表のギャップ、美しい言葉と、賄賂、IOC貴族たち、一億総中流の夢から醒めて、コロナのワクチンの為にどれだけの税金が米国製薬会社に流れ、それが台湾へ、発展途上国へと、ワクチン外交という名で流れている。それはすぐに効果消滅、無駄になるワクチンだからだろう?


⑦ アメリカ社会は、高額所得者の天下?

今、製薬会社の「金目」命を的にして私企業が世界中の人々の命を握っていそうな?アメリカのコロナはバイデン政権に入り、押さえられつつある。そしてアメリカの各大企業の市場の儲けについて、非営利の米報道機関プロパブリカが8日、米アマゾン・ドット・コム創業者ジェフ・ベゾス氏ら富裕層の納税記録を独自に入手して、語っている。


上位25人の合計保有資産価値は2014年~18年に約4010億ドル(約43兆円)増えた一方、連邦所得税の支払額は136億ドルにとどまった。これは富裕層に有利な税制が格差拡大を助長している事の端的な数字?


「金持ちは好きに儲けて、税金は払わず、勤労者からはきっちり取り立てる、それがアメリカの税制度になっている」と。アメリカ国勢調査局は9月に、所得の不平等が史上最高レベルにあると発表していた。日本はコロナの中で五輪を迎えたい、その経済効果、恩恵はすが友創価達に集中のようだが?


⑧ フランスの税制改革

 今のアメリカは、金持ち優遇、勤労者に厳しい社会、フードスタンプ(生活保護の食事券)やホームレスはますます増大中?医療が高額、これが自助、自己責任社会だ。でも金持ちは、金融商品の売買益は無税に近いという。


このアメリカの税制度と比べると、フランスの1990年(30年も前)の社会保険財政に税金導入を入れる改革、給料から安定して社会保険を支払える人の減少を見据えての、若い不安定雇用層、社会の格差貧困化を前に贅沢税側へと、移動を開始した効果は?勤労者の社会保険料を下げた。


共助(健康保険や介護保険料)に、公助(税金)を入れる形なので、低賃金社会、不安定雇用社会には、保険料を安定して払える人ばかりではないので、税金の投入を計画実施して社会保険を守る「手はじめ」を動かした?1994年には保守党の首相の名をとった「ジュペプラン」が出されて、2年後に正式発足したのがCADES(社会保障基金)だという。


⑨ 不安定雇用社会の社会保障制度の維持、拡大は?

フランスは、この税制改革を進めながら、若い世代の就職活動の為の税金による所得保障-一種の生活保護制度を、保革同道、合同で作り上げた。この(エレミ)は国会の反対議員がたった3名だったと。そしてすぐ次の年には医療制度を、2年目には住宅制度を新しくする法律を通しており、その窓口同士の連携が進められた。20世紀の末葉、日本の介護保険の創設の頃。


不安定雇用で、生活がなり絶たない時には、役所に相談する時の、同行してくれるソーシャルワーカーも、地域に常駐させた。誰でも陥る?かも?の貧困を、保革を問わずに共に新しい法律を作って対応しながら、「連帯のフランス社会」を目指した?政権交代しても止まらない事ができる、その社会保障改革が目かも。


⑩ コロナの中で聞く、政府のオリンピック礼賛

コロナは今、ワクチンの功罪がはっきりしない?それが党首討論を開いてみても、議論が廻らない根本原因であろう。しかしmRNAを抗原として免疫を作る方式は、その後遺症について、なおデータは現在蓄積中、いわば大規模な生体実験中の感じかも。


この技術自体の、機序の解明、公開、その為には今後もパンデミック関連のワクチン、治療法については、情報公開しかない?ワクチン、治療技術を、私企業、製薬会社の「金目」から外してなんぼかも?世界市民の声が大切?パンデミックを控えて、ワクチンや治療薬などは「世界の公共財」にしないと危ない。


習近平の言う通りかも?「金目」を外してゆく、それが今後も続くパ世界中の自然破壊、アマゾンの森林破壊、生物多様性が失われている世界の、引き続くパンデミックの為の、命の為の選択のような気がする?


⑪ 「金目」では、国民の命が危ない

岡田教授が指摘する問題点は、本来、1回たんぱく質をつくると役目が終わり、分解されるはずのRNAが新種ワクチンでは分解されないように改造されていること。


その結果、抗体がつくられるプロセスが短期で消滅せず、永続することになる。コロナ感染症対策としては有用に見えるが、実は落とし穴がある。自己免疫の危惧(各種難病も自己免疫)が消えないmRNAワクチンみたいな気がする?


竹中平蔵・「世論は間違ってますよ。世論はしょっちゅう間違ってますから」と平然と答えていた。「世界に『イベント(五輪)やめます』というのは、あってはいけないと思いますよ。世界に対して、『やる』と言った限りはやる責任がる」と言っていた。


上の為に命を捨てる美しい日本?祖母が言っていた木口小平(きぐちこへい)を思い出す?日清戦争で戦死した大日本帝国陸軍兵士。ラッパ手として、死しても口からラッパを離さなかったと教科書に載って称賛されていた。模範兵士「死んでもラッパを口から離さない」22才没が期待されている?21世紀の日本みたいな?


多分朝鮮戦争直後のアメリカアイゼンハワ―大統領の国連演説、原子力の平和利用は「駄法螺(だぼら)」だった?「駄法螺」も通ってしまう?大国の力?チェルブノイリ、福島の事故は何を語っているのだろうか?


荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP