ブログ一覧

マスコミ拡散の裏側?

米国大統領の中間選挙は、民主党と共和党の「がっぷり四つ」、予想よりトランプ側共和党は振るわなかった?トランプは激怒だとかマスメディアが拡散中。バイデンは「にこにこ」しているの?

これでウクライナの戦争はバイデンペース、第三次世界大戦、核戦争も引き起こしたい面々がマスメディアを占領しない事を祈るしかないの?しかし欧州のインフレ・ドイツ・英国・フランス等のインフレは?ウクライナに向けてNATOの兵器と援助、ゼレンスキーの求める資金援助って、誰がどう使うのか?調べてほしい?

① 米国政治の良識は?

女性の中絶を法的に禁止する共和党も、どうなのだろうか?西側、米国世界はその思想的脆弱性というのか、この人達を忖度して人類は迷路をさ迷いそうな?「自由と民主主義」を核兵器で守るんだ?世界中から各国政府が血税で購入した兵器を、ウクライナの戦場に、堂々供出させ中って、良いんだ?

米国のかつての本国、旧大英帝国とその植民地諸国(米英アングロサクソン諸国・カナダ/オーストラリア)の動向は、21世紀の今日、世界の政治経済を大きく歪めている?2001年に起こった劇的なニューヨークトレーデンタービルに突き刺さった航空機の、あの映像の日から、アフガンへの英米NATO軍の出撃?それから20年間のアラブの戦乱がそれを語っている?

まずイラク(サダム・フセインは2006/12月処刑は)では、英米有志軍連合、2003/03/20の攻撃。でもその理由だった大量破壊兵器は米側の捏造な事が証言されたのだった。次にシリアの内戦勃発、北大西洋条約機構軍(NATO)の支援で反体制派のリビア国民評議会の攻勢は8月、そして「独裁!討伐!」とされて惨い死(2011/10/20)を死んだカダフィ大佐。この指導者は米ドルではなく、アフリカの通貨での原油決済を提唱中だったと?

② いろいろな戦争の理由

現在はシリアの内乱。同じことを進めているけれど、アラブの原油利権が目的みたいに見える?「自由と民主主義」は口実な事が、世界中に知れ渡り中かも?

シリアの内戦は「アメリカやロシアなどの超大国だけでなく、イランやサウジアラビア、トルコなど中東地域の思惑が絡むシリア内戦。同盟関係も頻繁に入れ替わり、文字通り「昨日の友は今日の敵」の状態に陥っている」と。これらはアラブの豊富な原油資源の争奪戦?『金目』の争いのようだし、アラブの人々の命より『金目』にも見えてくる?

➂ 命と生活の政治が大切な時代?

ウクライナ戦争も、米英はロシアの天然ガス利権狙い?この選挙でバイデンさんが優勢になればウクライナの戦乱は止まらないだろうか?核戦争をも辞さないゼレンスキーでない事を祈る?軍事産業達の莫大な『金目』。国家予算を組み込むような業界なので、その賄賂とキックバックは凄いのかも?市場原理が神の手だったのは、19世紀の世界だったのでは?

世界中から兵器を供出させる米英アングロサクソンとそれに応じるNATOの動きの後に、世界の市民には何が残るのだろうか?

戦争が最も効率の良い消費拡大路線かもしれず?爆砕消費の後の企業は『金目』が踊るのかも?そうではなく、庶民の命と生活を軸にして、天然ガスのパイプラインを爆破せず、食糧穀物の物流を守り、次世代の命を守り切ることが大切な時代では?

マスコミの「プーチンは独裁・討伐!」って、いつか来た道、聞いた声?カダフィの時、フセインの時、今マスメディアの拡散の真逆もあり得る?まだ1年2か月前のアフガンの米軍撤退劇を思い出す事かも?米国の建てたアフガンのガニ大統領が、真っ先に、自分だけ、ドル札をヘリに詰め込んでカブール空港から逃げ出したみたいな?

➃ 電通創価・キムタクのコンビは何を仕込んでいる?

アラブの内乱へ向かう時の、マスコミの報道って一色だった?それに飲み込まれる国民達だけれど?マスコミを金目で握っている力?それは『金目』のような?今芸能界を仕切っていた渡辺プロが揺れている?でもキムタク人気?岐阜城で武田信玄で、47万を集めてフィーバーと言うのが不自然な気もする?

電通創価の演出も大きそうな芸能界で、ジャニーズ事務所の騒動もあり、何かこのフィーバーは不思議なタイミング?そして法務大臣葉梨康弘の発言が正直なの?「朝、死刑のはんこを押して、昼のニュースのトップになるのはそういう時だけという地味な役職だ」と。

ある意味、日本法務大臣は、敗戦国日本の法務大臣としては「日米合同委員会」の決めたレールを歩くのだから、自分の独自の決済は無いのかもしれない?なので自分の仕事について、米国の属国状態の法務大臣・立川事件の時も政治家の決済通り、米国の指示通りの文言で判決が下りていた日本の司法制度だし?その中の法務大臣の仕事?実感だったの?とか。

この人の発言は芸能界でも問題になっていると?この大臣は典型的な高級官僚から政治家へと言うステップを踏んだ人のようだ。東大卒・官僚時代の英米の有名大学への留学・そして要職へと出世する感じかも?

⑤ 日本の政治を国民の手に戻すには?

そして日本の国上層部は、この人もそうだし?東大卒の高級官僚(国家公務員)出身、何か生活文化が同じっぽい人達が占めている?この大臣の発言の裏側、その真実はどうなのか?

キムタクの武田信玄、その岐阜県知事の古田肇氏も東大法学部、高級官僚・留学・実務そして政治家へと言うステップのようだ。この経歴だと、森友・加計の時の偽証国会答弁の人達?国家公務員として国会の答弁に立ち、安倍内閣の面々の税金の私物化を不問に付させた人たちも同じ?

あの太田充主計局長は東大法科卒・森友の答弁の後、すぐに財務事務次官に出世して(2020/07/15のニュース)、その1年後には東京海上日動火災特別顧問として退官。中尾充理財局次長は 財務省大臣官房付、2021年7月8日退官・2021年11月1日 同じく東京海上日動火災保険顧問へ。佐川宣寿財務省理財局長は、今どこに天下りなんだろうか?

こうして高級官僚とは、今の日本の政治システムの中で、虚偽答弁をしなかったならば、身は危ないのかも?東大法科卒・佐川さんは東大経済学部。真実を答弁する事を阻むのは、今の自公の国会運営なのかも?東大法科卒って?黒田日銀総裁が本当のことを言わないその裏側?高級官僚の天下り先確保・そのための税執行、なんでもありになっているのかも?

⑥ キムタクフィーバーなどは目くらましかも?

何の目くらましなのか?不自然にマスコミが持ち上げるタレント、スターの裏側を考えながら、日本の国が、米中戦争の代理戦争の当事国・今のウクライナの様にならないように?マスコミを握っている電通創価は、今の自公政治が続いてほしいのであろう?このまま日本の国がウクライナの次の戦場にならないよう?戦争政治の米国に対しても、是々非々が言える政治体制へと、動かさないと?

キムタクフィーバーの裏側、電通創価の裏側、今の統一教会への国民の視線の中で?マスコミがなぜ今キムタクを持ち上げるの?その目的は?裏側を考えながら、このインフレの冬を超えて行かないと?

⑦ しっかりした社会保障で国民生活を守る政治

そうではなく、いまこそ『金目』より『いのち』・そのための異文化共生・協働かも。ゼレンスキーは破壊の大統領かも?原発への攻撃は危なすぎ?食糧増産・生態系保全・動植物も命・人間の子ども達も新しい命だから。ウクライナの即時停戦交渉は?人類は滅亡しないの?

個々人の起業活動を支援、でも公共財的な所(水道事業・医療介護・公衆衛生・国防等)は私企業を入れず?公的・政府機関が握る?賃金決定方式は、ノルディックスタイル(経営側と労働者の合議)。マスメディアは市民参加の監視を必ず受ける事?最低生活保障を整える社会。いわば「新しい社会主義」。戦争経済まで行きたい「自由と民主主義」では、最後は破壊と戦争を求めるシステムだったりする?

⑧ 「独裁討伐!」・「自由と民主主義」って呪文のようだ?
技術革新は人手を奪うのではなく、その人手で高齢者・障碍者のケア・子どもの育成(保育・教職)の政治へ。ウクライナの危機は、ウクライナを対ロシアの前線として使い廻したい?ロシアの天然ガスの流れを支配したい米国CIA/NATO?そのプーチン排除の動き?セレンスキーの裏側はこれ?

戦争は国民生活を破壊?で政治家達、中抜き委託族は安泰かも?99%のために、国内操業をする企業を支援しながら、生物生命の経済社会へと動く事かも?日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp) https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788 

金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。『金目』でなく「生物生命の再生産度」「物流/通貨指数」。そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。

①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

PAGE TOP