ブログ一覧

戦後の福祉国家の構想、戦後世界の希望となった福祉国家構想は「ゆりかごから墓場まで」です。

第二次大戦のヨーロッパ、そのさなかに、ロンドン大空襲を経た英国では、ナチス軍の空爆が停止しても多くの市民の苦境の中で、ナチス軍の東部戦線への移動を控えて、首相チャーチルは、福祉国家の構想を求めて、ベバリッジ委員会を招聘しました。戦時中の生活困窮の中で出されたその「福国家の構想」は、当時のイギリスでベストセラーとなって、国民を鼓舞して終戦を迎えています。

この構想は、戦後の各国の福祉政策のモデルとして、いろいろな国に影響を与えています。その中身、そして今の各国福祉政策への影響などをまとめてあります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

PAGE TOP