ブログ一覧

対話・そのための平等条件?

韓国の選挙は、あの5年前のろうそくデモの動きを打ち消した?与党回帰?接戦の選挙戦?世界の接戦選挙、米国大統領、オバマの時も?トランプの時も?それらは本当に集票結果はそうだったの?操作が入っているような気がするこの頃?


今日本では公明党と自民党と国民民主党のそれぞれ会談が続いている?新しい政党を結成?沖縄まで出かけた公明党員の選挙活動?いつもそうだった?公明党候補の選挙事務所の前を通ると、当選のたび凄かった?気味が悪い程の熱狂?あの効果をしのぐIT技術の集票操作工程が開発されたとか?その心配なような?


① 選挙管理委員会は自治体内部?

自民党側の、選挙時の公明党重用ぶりが減じた?その選挙管理委員会とは各自治体内部のセクション?そのページを覗いてみた。
主な職務:市区町村の議会の議員および長の選挙に関する事務を管理し、すべての選挙について投開票を行い、選挙人名簿の作成・管理を担当などなど?で、委員数は4人、任期は4年。委員は、選挙権を持っている人で、人格が高潔、政治および選挙に公正な識見を持つ人のうちから、議会の議員による選挙で選ばれます。


これだと、自公に都合の良い委員・委員長を選ぶ事は可能?IT技術の進歩もあり、公明正大を装えば、なかなか色々?選挙の集票・結果の確定、その透明性確保は心配もありやなしや?公明党と自民党の関係変化の根は本当は何なの?


② アラブの戦乱とウクライナの情勢
   
世界中のマスメディアの、一斉拡散中のプーチン攻撃?その裏側もあり得る?ウクライナはロシアの天然ガスのパイプラインが、ヨーロッパ社会への出口、世界の「金目」の集約点?


昨年9月ドイツ向け「ノルドストリーム2」は完成してウクライナを通った。ドイツ側のパイプライは使用許可を待つところで、アフガン撤退は急がれたの?4カ月目のカザフ、そして米兵隊はウクライナ派兵3000人、翌日に3000増派のニュースだった?


あのアフガン撤退の時、20年間のアラブの戦乱の集約点だった。始りは2001/09/11のトレードセンタービルに突き刺さった航空機、あの映像が世界を駆け巡り、アルカイダ討伐、その為の派兵に世界は震撼とした?でその後の展開、アルカイダの頭目、ビンラディンの遺体をマスメディアに乗せず?オバマが海中に投棄したと?何故公開できないの?不思議な事だった。


そしてイラクのフセイン(2006/12/31処刑)・リビアのカダフィの抵抗と虐殺(2011/10/20)、2014のシリアのイスラム国の無残?この20年間のアラブでの米軍の戦費は8兆ドル(約880兆円)、軍事産業への「金目」だ?戦争の犠牲者亡くなった人は90万人前後に達すると。(米ブラウン大の研究チームの報告)


③米国の軍事費の膨大さ

この膨大な軍事費とは、軍産へと国家予算が大規模に流された?世界市民は自国の防衛費、その流れ先に注目かも?国家の危機をマスメディアで一斉拡散すれば、費用対効果も、品質も問われずにばんばん進める事ができる戦闘機や?特殊工作員やの経費?そうした商売が軍産達なの?


(軍産業共同体)軍産:政府の国防支出に大きく依存する軍部、民間企業、政治家たちが、それぞれの利益のために有形無形の連携を保ちつつ、ときにはマスコミ界も参加して、国防支出の増大を図る社会的な癒着構造をいう。この言葉(軍産)は、アイゼンハワー大統領が1961年の退任演説で軍産複合体の存在を警告して以来、政治用語として定着、一般に兵器調達は、独特な価格決定、独占的な納入手続き、厳重な機密扱いなど、通常の商取引とは異なる方法で行われるため、軍部と産業界の間で癒着が生じやすい。


何故にNATOって、軍事同盟なの?誰が敵なの?市場原理は「神の手」と言われて、正義・効率性・を達成する原理とか?でも21世紀の現実は、国家財政を引き出せる企業が有利なのだから、効率性、品質、生産性を最も問われないで?利益を出せるのが、防衛産作業?軍産かも?


政治家の一存?日本の森友・加計・さくらって税金の使い方?それを正当化するマスコミ?そして黒川さんみたいな司法官僚の裁判制度、それが軍産達を守るの?


④ 政治家と同道、マスコミ応援なら、何でもOの裁判
世界中のマスメディアの一斉拡散、その大きな力に沿うて動いているみたいな?「自由と平等」・「民主主義」には裏がある?現実は上を「忖度」、必ず忖度、世界中のマスコミや自由経済の各会社組織の動きも?国家財政・税金の廻し方、政策動向も「金目」で動いているような気がする?


金目が達成されるための、一連の動きがある?「プーチン独裁?」の一斉拡散の中で、この9月に開通したロシアの独向け天然ガスのパイプライン、「ノルドストリーム2」は?これを流したくない米国側天然ガス会社?バイデンの裏側を考えよう?アメリカのシェールガスになった後の時間軸を世界市民は廻してみよう?このエネルギー政策で、世界市民の暮らし、産業の未来は?その議論が大切?


戦争の原因に戻って、コミュニュケーションし合う国際関係が今必要な時代かも?米国CIA/NATOの腰巾着マスメディアは、人類の未来に格差/貧困社会を運んできそうだ?





⑦ ウクライナには何故原発と生物研究所なの?

ロシアとの国境線、日本の北方領土もそうだから怖い?米国が日本を使い廻す、そのための道具は原発とコロナ関係(m-RNA
ウイルス)?ウクライナでは何故ロシアは、今原発と生物研究所のデータを求めるのだろうか?


何が出てくるのかが怖いような?そしてそれらは軍産の「金目」、戦争の種。「原発」と「コロナ」は21世紀の「金目」・そしてこれを覆い隠す、「国家の危機?」「自由と民主主義?」という造られた正義みたいな?「金目」を隠すため言い回し?


⑧ プーチン側論理は?生物研究所の意味は?

マスメディアの「プーチンは独裁者」、それ以外の発言が無い?これって、唯我独尊、ヒットラー万歳の時代の「大ゲルマン帝国」?もそうだった?その道と同じ?


ウクライナの生物研究所の怪、チェルブノイリ原発事故の国の原発群、2014のウクライナの政変の流れ、そしてウクライナのスラブ・アングロサクソン・トルコ系などの民族文化の関係?何よりも天然ガスパイプライン「ノルドストリーム2」の活動開始?これらすべての議論を無視、葬った上の、「プーチン悪し」の一斉拡散、その手法はナチスに酷似してはいないか?


コロナとは何なのか?その実像やいかに?チェルブノイルの事故の真相はどうなのか、福島の原発事故を通して、それを知ることが、世界の人々の「いのちと暮らし」を救うのかも?


⑨ 対話をするコミュニュケーション理性は?

ゼレンスキーとロシアの和平の為の会議が開かれる、ならばそのどちらをも全面美化して神聖化、あるいはプーチン側は独裁と決めつけず、両者互いの裏と表の両面を眺めた上で、批判を提示する姿勢ではないのだろうか。全面美化がナチズムへの道だった?ヒットラー万歳!ガス室もOK?マスコミ論調の一色さこそが、危ないのかも?


対話の相手は互いに、自由で平等な思考ができるために、は「金目」からの自由が必要だ?何故セレンスキーは選挙公約を反故にしてきたのか?それを問いかける事かも?それらすべてを対話に入れ込む、和平交渉かも。今こそハーバーマスがいう、コミュニュケーション理性かも?http://b.mirai21canal.com/?eid=1020113


⑩ 生物生命の経済社会かも?

「金目」を超えて?農業は植物を育て、そのための大地の細菌など土地の豊饒化。漁業も養殖も魚場の保全・河川海洋保全がベースかも?森林原野の動植物の保全とは治山治水の仕事。これら動植物の命を守り、そのいのちと食物連鎖で繋がる人類のいのち、その連鎖、動植物を育成しつつの食糧生産の仕事、その食糧等生活物資の生産の経済?


技術革新は人手を奪うのではなく、その人手で高齢者・障碍者のケア・子どもの育成(保育・教職)。そして農業(植物の世話)・牧畜魚業(動物の世話)林業(山林と地中細菌の保全)かも。再生エネルギー資源の開発は、地球環境(動植物・生態系)と同調的な仕事社会と共にあり?


ウクライナの危機は、ウクライナを対ロシアの前線として使い廻したい?ロシアの天然ガスの流れを支配したい米国CIA/NATO?の動き?セレンスキーの裏側はこれみたいな?日本なら松本人志・爆笑を大統領に据えて、後ろの参謀が(米国CIAと美しい日本系?)が指図する政権運営図式でない事を願う?


そうではなく、日本は台湾有事に対処しながら、国内操業をする企業を支援しながら、生物生命の経済社会へと動く事かも?日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp) https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788
この時代は、ホームレス状態でも使える社会保障ではないだろか? 
そしてコロナワクチンのメリット・デメリットを知りたい?特殊死亡率という、平常年との死亡率の違いを知りたい?それが増えているそうだが、原因は何なの?


金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。「金目」でなく「生物生命の再生産度」。そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。
①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP