ブログ一覧

恵比寿ガーデンプレイスの空

昨日、久しぶりで恵比寿ガーデンプレイスに、客人と出かけた。コロナなの割には人も出ていて、若いカップルもデート中、クリスマスの時には見事なツリーが立ち上がるところ、上から見下ろし、ソーシャル・デスタンスを取りながら、電光もちょっと瞬いていた。


子供たちは、スロープの両脇を流れる水が楽しいのか、人口の小川に手を入れて楽しそう。輸入食料品のバーゲンセールで行列だった。コロナで予定は外れたデパートだろうか?


すると上空に、羽田へ向かう航空機。しょっちゅう轟音とどろかせて表れて通過中だった。ガーデンプレイスのビルの屋上すれすれみたいにみえる、そんな高度で飛んでいく、この前来たときは、七五三の最中のにぎわいだったが・・


① 日本の空
恵比寿、目黒の空はそうなって1年ほどが過ぎた。高層ビルも、五反田あたりの凸版印刷、学研の本社ビルなど、いつも屋上から、ゴンドラ風の乗り物が、ビルの頂上から、掃除作業窓掃除をするようになった?


轟音、航空機の頻回通過は超高層ビルの窓を曇らせるのかどうか?管理に費用が嵩むこの頃なのかも?武蔵小杉の高層マンションの水没後いろいろ取りざたされている。この辺りの空に、飛行機が頻回に低空飛行、高層ビルの管理、窓掃除、などなどと、空を仰ぐ・・・・


何か米中貿易戦争下、中国との隣接国と日本の地理的位置、そこに横田と横須賀、直近には自衛隊が米軍基地に常駐になったのがマスコミ報道。日本の空なのに、日本国は制空権をアメリカに渡しているのが、日米密約。ああこう言う事だったんだ、と気がついた・・・


昨年来。このあたり、首都圏のこの人口密集地の空の上を、飛行機が高層ビルすれすれに飛んで行く。恵比寿ガーデンプレスって、ちょっと別空間、展望台からは遠く武蔵小山の高層ビル群を眺めたり、きれいな所だった。客人が来ると、きっと出かけた、その上空を、ほんとに轟音がたびたび、クリスマスツリーの頃が思いやられるのだが?


② アメリカの事故
そして「アメリカ西部コロラド州デンバーの近郊で20日、デンバー空港発ハワイ・ホノルル行きのユナイテッド航空の旅客機からエンジンの部品が複数、住宅地に落下しました。」と。現地からの映像では、「住宅地にある運動場などにも破片が落下している」と、FAA=アメリカ連邦航空局によると、この旅客機はボーイング777ー200型機」機体右側のエンジンに異常が発生し、空港に引き返したと。


「日本でも同系列のエンジンを使っている可能性があり、日本の航空会社も相当関心を持って情報収集していると思う」というのだが、日本の空が本当に日本の主権の及ぶ空ならば、人口最密集地の上を、これほどの頻回飛行は、通さないだろうに?


国民の命と健康を大切にする主権政府なら、こんな航空路にはなり得ないだろう。日本の国の主権とは蜃気楼の中、日本の主権は日米密約で放棄させられている?


③ 五輪とコロナ
 森元総理の会長辞任、次の橋本聖子会長は森元総理の娘ともされる親密さ、その院政が始まった東京五輪パラリンピック組織委員会なのかも?オリンピック精神って表向きで、実は「儲けが一番」だった?


大手の放送事業者(米NBC)、そして「Go Toトラベル」「Go Toイート」のホテル業界? 私的企業、大手の資金が動いて、日本の国と東京都の税金が兆の単位で供出中。それなのだが、オリンピックって儲けが一番だった?儲けの配分が、森元総理の采配を待っていた?橋本会長の後ろは森院政なんだろうか?


でもコロナはその頃、どんな変株が出て来るのか、それが心配。ここまで強気に東京オリンピックを諦めない日本政府には、特別のコロナ大丈夫情報ルートがあるのかしら?普通は国民の命の問題だから、出来ないと思うのだが?そしてコロナでインフルエンザが消えたこの冬、この謎が消えない?


④ 税金で、誰が儲ける五輪だった?
ところでロイターのニュース、2013年(8年前)に決定のオリンピックの東京招致をめぐり今なお国際的な贈収賄疑惑の捜査が続く中、「大手広告代理店の電通4324.Tが東京招致活動に6億円を超す寄付をするなど、「中立性」を求める国際オリンピック委員会(IOC)の規約に抵触しかねない関与」だと。ここでも電通創価族だったんだ?


スポーツマンシップ、アスリートも、裏は「金目」なことが国民にも「見える化」中。東京2020五輪招致委員会の竹田恒和会長も誘致活動当初から、その前の2016年のリオのオリンピックでもブラジルで同様な事件があったとか、オリンピック誘招致に絡む贈賄は常態化のようだ。


放送事業者(米NBC)は3兆の放映権なそうだが、オリンピック後の支払いなので、中止されても痛まないそうだが、IOC側には、3兆は凄い開催圧力かも?こうして「金目」が東京オリンピックを縛っているんだ?で私達の血税は何処へどう流れているのか、それが肝心な問題ではないだろうか?


⑥ コロナのワクチン     
オリンピックとワクチンはセットみたいに、ワクチンが出来れば東京オリンピックもOKな感じもマスコミ報道だったが?でもワクチン接種を担当する河野太郎大臣というのが、怖い?


私はインフルエンザの予防注射もボチボチ、ただ睡眠と食生活に気を付け健康法で、抗がん剤の副作用を抱えつつ、今まで生きのびてきているので、今回もコロナワクチンは打たず、今まで通り睡眠と食事に気を付けて生きていくつもり。


何かコロナ・ワクチン開発中の製薬産業は、その利益はハンパないだろうな。国レベルで競って輸入競争?世界人口全部に売りつける注射液?その代金って、儲けもハンパないだろう?これはやめられない商売に違いない?


⑦ 変異種にワクチン効果
私的には、コロナの今年はインフルエンザが消えたという、この謎を追いかけないと、ワクチン効果も不明?若かった頃、子供の頃は、地獄の話とか、死の影があると怖かった。家では畑の脇に立っていた便所には、竹林のざわざわが響いてきて、とても怖かった。死を思うととても怖かった。


でもRNAウイルスについて、私は理解していない事が多すぎかも、もう少しそれらを知ってからでも、私はインフル程度なら先を急がなくても、死亡率、死亡年齢をにらみながら行きたいと思ってしまう?河野太郎が担当大臣になった時に、悪い予感、妄想が走ってしまったみたいだ?


⑧ 長男とは別人格の管総理
ところで誰が国会答弁の原稿を作るのだろうか?菅義偉首相の長男の接待、音声迄出て来ても認めない高級官僚達。安倍晋三総理の森友加計桜で味を占めている?菅官邸の采配だろうか、総理忖度している方が、首はつなげ、さらに大出世が待っているのが日本の高級官僚達?


菅義偉首相の「息子とは別人格」が酷い答弁だろう。生物的には別人格、別個体に違いない。でも人間は社会の箍の中でしか生きられないのだから、社会的排除とは命が問題になる程の、新しい過酷な貧困だから。社会的に総理の息子として生活を営むのが社会的な人間の姿、まして家族制度の気分が残る日本社会では、意識しても外せない総理の長男かも?


当時の官房長官の息子からの接待、いろいろ賄賂も受け取っている高級官僚達?この人達の逃げ口上に耳を澄まそう?いつも話をすり替えている。政治家として、首相として答えるべき事を、世間のお茶飲み話のレベルにすり替える。日本の政治家の前近代性なのかも?


日本の政治空間、自公政府の悪徳がスルーされる文化? 人間は社会という箍の中で、命を繋ぐ事で生きてきた生物種、社会という箍のルールに乗ってしか生活は回らないのだが?
猿以前の生物学的事実で、門前払いを決め込んでいる日本の政治家、この官邸の流儀?思いい出すのが「妻は私人」と言い放つ前安倍総理、この妻には専属の女官達?4,5人?を公費で侍らせていた筈


⑨ これは不思議な、偽リコールの署名の件
「愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る不正署名問題で、多数のアルバイトが佐賀県内で動員され、偽の署名を書き込んだことが明らかになった。」会場の県青年会館(佐賀市)でアルバイトをした人が、明らかにしている。


でもこの件はバレたけれど、こういう事をアルバイトを動員して進める?ふと思うのは、このバイトの人達が全員熱心な創価ならば、だれも黙して語らずであろう。なのでこの手口を良く分析して、次の選挙の自筆投票の確認をしてみたい?その手立ては無いの?私の妄想も佳境に入りつつある?


このところ、急に静かになった隣のマンション、依然の賑わいを思う。各地の選挙に合わせるようにして、内職の人達、2/3立法メートルほどのカートンがなじみらしい運送屋の若い人が来ては、運び出していたかも?夕ぐれ時に賑やかに帰宅する人達の声が耳に残っている?


⑩ 生活保護基準の問題
ところで大阪地裁判決がでて、「厚生労働相が生活保護基準を減額改定した判断には裁量権の逸脱や乱用があり、違法だ」と述べ、基準に基づく自治体の減額決定を取り消した。「全国29地裁(原告約900人)に起こされた同種訴訟で2例目の判決で、受給者側の勝訴は初めて。引き下げが違憲かどうかは判断しなかった。」という。


日本の保護基準は5年毎に計算し直される。この金額は、保護を受けていない低所得世帯
の消費支出額と釣り合っているかどうかを、比べて保護基準を決定する。低所得世帯というのは、全世帯のうち、年収が下から10%以内の世帯だが、この10%以下という設定はどうなのか?ここを弄れば保護基準は上げたり、下げたりが出来そうな今の計算方式(水準均衡方式)である。 


生活扶助基準額(家賃扶助などこの生活扶助以外に7扶助が揃っている。)それらは【教育・医療・介護・出産・葬祭・生業扶助(自立援助を目的として、事業の経営に必要な設備費、機械や器具の購入費、技能を習得するための授業料や教材費、就職に備えての最低の洋服や身のまわりの品の購入費)】


⑪ 保護基準以下で暮らす国民も
保護基準を下げるのは違法だろうが、今の日本には保護基準以下で生活する国民は多いと思う?なので保護基準を守っても仕方が無いかも?それより保護基準以下の収入ならば、みんなが普通に足りない分を役所から支給されるフランスの形、入りやすく、出やすいい生活保護を求めるのが、国民全体の生活防衛になるかも?


失業中、或いは病の中など、保護受給者の生活が羨ましく、受給者に反感を覚えてしまいそうな、今の日本の生活保護ではないだろうか?そしてなぜこの訴訟には8つの扶助の内の生活扶助ばかりが問題になっているの?


もしも安価な公的賃貸住宅システムがあれば、生活扶助に近い程の金額の家賃扶助(東京都は単身世帯 53700円 二人世帯64000円)は大きく下がる事が出来るのでは?とか。保護基準以下(低年金・失業保険切れ・けがや病気でも医療を我慢する)の生活で我慢している人が増えているのが、今の日本社会。この現状を踏まえて、議論の幅を広げる事も?


⑫ 生活保護制度全体改革を望まないと?
生活保護制度の全体を眺めて、「入りやすく出やすい制度」として、何処が問題か?その議論に、この訴訟の設定を結びつけないと?議論を保護基準に限定せずではないか?保護基準以下で生活する国民は少なくないのだから?


保護基準に達しない場合は、収入申告だけで、受理される国もある(フランス)。保護基準まで稼げるようになったら生保は止めて、そうして皆が、不名誉感なく使える制度?「入りやすく出やすい制度」。稼得年齢層向けの生活保護制度にして、若い人の就職難に備えている。つまり求職活動を支える生活保護制度に変えている。そうして子供が産める社会へと進んだのがフランスなようだ。


保護基準より低い生活をしている人が、このままではどんどん増えそうな日本社会なのかも?入りにくいだけに、保護基準ばかり問題にしていると、国民の制度への反感も出て来そうな?今の生活保護受給者は80%以上が高齢者と障害や難病の人である。若い人は弾かれている。


保護基準(生活扶助)だけを問題にせずに、制度全体を問題にしてみて、保護基準を下げても良いから、低収入になったら、誰でも足りない分を支給され、医療介護を使える方が良いのかも?


⑬ 新しい生活保護制度
フランスのエレミという新しい生活保護は稼得年齢層の生活保護で、再就職を支える生活保護制度である。日本は高齢者と障害・難病の人が80%以上を占めていて、稼働年齢層は弾かれている。フランスの真逆と言えよう。親族の扶養も、稼働能力も問わないそうだ。日本の生活保護窓口の公務員が自助努力を求めても、もう雇用情勢が20年前とはすっかり変化している。フランス国はこの変化を政府自身が認めている?


日本ではどんどん雇用を派遣や不安定雇用にした小泉純一郎ジュニア、進次郎が堂々環境大臣でバカなことを言い続けても、持ち上げるマスコミ報道である。不安定雇用の社会、その中で、再就職活動、生活を守るための制度として、生活保護法の抜本改革、保護基準ばかり見ていても逆効果にもなりそうな?年金で高齢者が養っているニート、引き籠りも少なくはない日本かも?


再就職を支える、稼得年齢層(18-歳から60歳位まで)の生活支援のフランスの新しい生活程(エレミ)を参考にかも。エレミの後10年で、フランスは住宅保障と、医療の単級(生活保護の医療扶助だけを利用する)の拡大で、国民の命と生活を守りに入っている。税制改革を30年も前に進めるにあたり、2年毎に社会保障関連財政国会報告を義務付けが凄いかも?


⑭ 若い人達の幸せの為に
国民の勘違いを誘うための、宣伝カーみたいなマスコミ報道に呑み込まれないで行こう?オリンピックは、結局企業にしか流れない税金を、直接国民を雇い入れ、補助金は中抜き無しで直接国民に渡せる、日本版ニューディールかも。その事業で日本人の生活基盤、しっかり作り上げて、今は脱貧困かも? 


これからの政権は、国民生活を守るために税金を熟慮して使うことだろう。①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業を進める政権。


この3つの事業を、嘘を言わない政治家と脱忖度の国民になって進めよう。生産工場の国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、アメリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

PAGE TOP