ブログ一覧

私達は、嘘社会を越えられる?

日本も世界も、嘘が透けて見えてきている?オリンピック、IOCの資金源が米国NBCという一放送局? 国際、国内スポンサーの資金なことがバレバレ。それに私達国民にとっては、都と国の税金の流され方、その見える化が、注目点かも?


アスリート、スポーツマンシップ、オリンピック精神も、何か税金を引っ張る、一部の勢力の儲けの為のネタにされているような気がする、そういうオリンピックみたいな?


① 森後任会長は、橋本聖子五輪担当相(56)

橋本聖子氏が、組織委からの就任要請を受諾したニュース。今日になって東京都内で開催された理事会で報告されたという。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の闇、密室、何でもありの世界の、決定事項みたいなきがする?


「わきまえた女」という言葉は、しばらく残りそうな、響きかも?でも稲田朋美さん率いる、自民党の議員連盟「女性議員飛躍の会」は「多様性を重んじて真の男女平等の国になることが必要」との認識で一致。会議体への女性参画、各界の女性登用などを盛り込んだ提言を党に提出するんだと。


でもその稲田元防衛相は、教育勅語の教え、国民が守るべき礼儀、「親孝行をしましょう、兄弟仲よくしましょう、夫婦仲良くしましょう」が日本人の道義、守るべき核と言う人だった。


こうだと今の日本の男社会では、仲良くしましょうは、力ある人にさからうな!という事だろうし、娘は父親に、弟は兄に、妻は夫に従う者、それが道義、守るべき核なら?女性の多様性と教育勅語って、嚙み合えない?上を忖度していたら、みんな同じになるしかないかも?ここにも深い嘘が埋められてはいないか?


② 自民党の主要な会議

「日本の与党・自民党は16日、党の主要会議に女性議員を招き入れる方針を示した。ただし発言は認めない考え。」東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)が、性差別発言で辞任に追い込まれたので、その事への対応?


で、二階俊博幹事長(82)は党役員連絡会で、「男性が圧倒的に多い党幹部会議に女性国会議員5人がオブザーバーとして出席するのを認めることを提案」で女性議員らは会議で発言はできないんだと、会議後に限って意見を提出できるそうだ。


女性議員の方は、党本部で二階俊博幹事長と面会し、党の要職や役員会メンバーに女性議員の登用を求める緊急提言を申し入れたそうだけど、出席しても発言は無し、お飾りじゃん?それを普通に言える自民党の組織、政治家の生活感覚のよう、そしてそれを忖度する女性が、橋本聖子さんなんだろうか?


③ 東京オリンピックと福島原発事故

新会長が決まって、東京オリンピックが前に進むのか?予定ではこの7/23~8/08の18日間のようだ。でも女性差別発言で退陣した前会長、次の会長専任の経過も不透明だった。橋本聖子氏が汚れ仕事を押し付けられたと言う記事まででている?


結局「金目」と言ったのも自民党の二世議員「石原伸晃氏」だったが、「金目」が問題の東京オリンピックだろうが?しかしコロナは動いたらどうするの?危な過ぎと思われる、地震も動く今年の盛夏ではないのだろうか?


2019年10月2日 の記事、「関西電力の八木誠会長や岩根茂樹社長など役員ら20人が、原発のある福井・高浜町の元助役から、合わせて約3億2000万円もの金品を受け取っていた」これがバレたのは、金品を渡していた人、高浜町の元助役、森山栄治氏、この人が90歳で3月に死亡した、その後だった。


この国の与党(公明等自民党)の言葉の裏側、それを税金、儲けをキーワードにすれば、いろいろな不思議が、納得に変わる?自公政権の政策は、自分達に税金じゃぶじゃぶ、選挙の時はよろしく、それが政策、補助金だったような?


④ 嘘には目的がある?

今では原子力発電所、原発再稼働を巡るお金の動きが、ずいぶん見えるようになったかも?原発誘致地域の補助金の動向を眺める事、関電幹部の30年に渡る賄賂の流れ、90を超えた人のその構造も、見えてくるようになっている?


そして菅義偉総理長男と総務省幹部。これは安倍晋三前総理と加計さん、腹違いの兄弟、叔父甥関係だった事を思い出させる。政治家の一族による支配だろう?


国民の命よりも、一族の儲け、儲けるための政策、選挙の集票の為の補助金、税金は自分達の勝手で廻す力が与党政治?国民の命よりも自分達の懐、選挙活動のための税金、政策をどういう衣を着せると、騙しやすいのか、そのための美しい言葉かも?選挙民は、今の貧困化の現実から、政治家を選ぶ選挙ではないのか?方向転換かもの時代になってはいないか?


こういう政治なので、日本はここまで来たのかもしれない?上の言う事、テレビ、新聞のいう事を鵜呑みにせずが、国の未来を分けるのかも?稲田前防衛省の国民が守るべき礼儀、「親孝行をしましょう、兄弟仲よくしましょう、夫婦仲良くしましょう」が日本人の道義、守るべき核が、落とし穴っぽい。


⑤ 菅総理の長男

また起きた賄賂事件?政治家の一族なら、犯罪でも問われない、それが今の日本なのもしれない。菅総理の長男も、逃げおおせるのだろうか、いつもの事だから、いつもの手口が使われているっぽい?


「総務省の秋本芳徳情報流通行政局長は、放送事業会社に勤める菅義偉首相の長男から昨年12月に接待を受けた際のやりとりとされる音声の一部について『自分の声だ』と認めたが、衛星放送に絡む話題の部分は『記憶にない』と説明」?総務省幹部が18日の衆院予算委員会理事会で明らかにしている。


この一部しか認めなかった秋本局長に野党は「組織ぐるみの隠蔽だ」と反発。総務省に19日朝までの再回答を求め、結果次第では予算委審議に応じない構えなそうだ。ここで野党がも少し多いなら、押せるだろう。だからこそ選挙は大切、野党議員の数が大切、選挙を棄権しない事が大切になる。


そしてこの人のお手本は森友事件の時の、財務省の佐川宣寿理財局長だろう。2月以降、「資料は破棄した」「パソコン上のデータもない」との答弁を続け、なぜ破格の安値で森友学園に売却したのか、詳細な説明を拒んで、大出世を果たしている人。こんどの秋本局長も、嘘で大出世になる人なんだろうか?


⑥ 音声データが出ても、しらを切る?

 秋本氏はこれまで、許認可権を持つ衛星放送の話題が会食で出たかどうかについて「記憶はない」と答弁。野党は音声を根拠に答弁は虚偽との見方を強めている。この人も嘘をつきとおして、菅総理と長男を守り、大出世が待っていたりして?国民は納税意識を失い、悪徳が栄えるだろう?国情は乱れる?


森友加計桜を思えば、同じことが引き続いているなと思うしかない。いつも上を忖度の役人、その嘘を法律解釈で後押しする検察、決して自公上層部の家族の犯罪は、起訴にしない法律解釈をして来るだろう?この長男もスルーだろうか。それだから自公政権の上層部は杜撰にも、1億5千万の税金を流して選挙、法相がそういう選挙、美しすぎる妻までが国会議員であった。


彼たちに事実、物証を問いかけよう。言葉尻が整合性取れているとか、聞きなれた言い回しで、騙されない事かも?その裏側はいつも、既得権、税金じゃぶじゃぶ、そうして格差社会へと落とされた、小泉改革以降の日本の国なのかも?


⑦ 砂川判決は米国意向に従った

ベランダの紫蘭の花芽が伸びて来て、春の歌を思う。コロナと原発事故と地震の国だけど、湿潤な山野には湧き水が流れ出す頃を思う。その国で与党側の嘘が、どうでも通っているのだから?


検察庁と言う、犯罪を起訴不起訴を決める日本中にたった一つの部署が、法的解釈風に国民を丸め込んでくる?有名な砂川事件の判決がそのルーツかも知れず、「難しいことは判断しない」、国会答弁も答えないで済ませる風で通している菅義偉首相であろう?


63年前の砂川事件は、終戦後12年目、立川の米軍基地の拡張を巡る地域の反対運動が盛り上がっていた1957年6月、立川の米軍基地は憲法違反とする判決、第一審(伊達判決)が出されたその後だが。


日本の司法は【マッカーサーアメリカ大使(進駐軍のマッカーサーの甥)と当時の藤山愛一郎外相、福⽥赳夫幹事⻑、田中幸太朗最高裁長官との打ち合わせを記す、米国側の記録が、2008年に出てきている。アメリカ側の指示に答えての跳躍上告、そして差し戻し判決だった】


判決の、時期と中身までが打ち合わせ通りに進められたのが、田中幸太朗最高裁長官が書いた判決。大至急(1959/12/16 )4日で打った跳躍上告、そうして60年日米安全保障条約調印の20日前に滑り込んだ最高裁判決。それは『統治行為』と言う理論での差しもどし命令だった。
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2008/0526.html


 ⑧ 「統治行為」

『統治行為』とは、「政治部門の行為のうち,法的判断が可能であっても,その高度の政治性の故に,司法審査の対象とされない行為であると定義されてきたとされた。」難しいことは判断しない、三権分立とは、「三権は互いに黙り合う事」と言う解釈が、日本の最高裁判所の法律判断だった? 


何という理屈があるもんだか?忖度社会ならではの無理筋っぽい?最高裁のいう事を忖度!かも?こういう司法裁判所だから、「美しい日本」の安倍政治8年の森友加計桜、沢山の税金中抜きも、判断しない?補助金って税金による買収のような感じでも、司法がスルー?これで安心してやりたい放題の政府かも?


今度のオリンピックの裏側、そして原発再稼働の裏側、森友加計桜の佐川宣寿前理財局長 大出世して現国税庁長官の嘘答弁、それと同じ構図の菅義偉首相の長男と総務省の秋本情報流通行政局長。今回は接待の場での音声が出て来ても、白を切る、その顔つきと声色が語る、事実関係はある。しかし出世が待っているので、嘘をつき続ける高級官僚?日本の未来の為には、正直が一番だろうに。


⑨ 税金を脱貧困の為に

国民は、税金を菅友創価に廻す政治を、変えていく事かも?今までの行動パターンで、自公に入れて来た人達、そして選挙は棄権していた人達も、選挙の時には出かけて、政治を変える投票をした方が良いと思う?今日本は5割、半分の人が棄権しているので、自公が多いように政治が動いてしまっている。


美しい言葉の裏側は、利権、国民の血税が流されている。また税金が様々な補助金になってそれが悪徳政治家の手柄になって、選挙資金みたいな形になって、流されている。二階さんは堂々と建設業者のそろいの作業着の人達を、選挙演説会に動員する人だった。補助金の行方、中抜き、委託は創価族へ?


そして新聞、テレビのいう事が、国民の勘違いを誘うための、宣伝カーみたいだったのかも?そうではない税金の使い方、この税金で直接国民を雇い入れ、補助金は中抜き無しで直接国民に渡る賃金にして事業を廻す。その事業で日本人の生活基盤、しっかり作り上げて、脱貧困かも? 


⑩ 若い人達の幸せの為に

これからの政権は、国民生活を守るために税金を熟慮して使うことだろう。①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業を進める政権。


この3つの事業を、嘘を言わない政治家と脱忖度の国民になって進めよう。生産工場の国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、アメリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP