ブログ一覧

戦争と日本人の暮らし

「自由と民主主義!」のバイデンは、アルカイダの指導者アルザワヒリ容疑者を、アフガニスタンの首都カブールで、米中央情報局(CIA)による対テロ作戦で死亡せしめて、「正義が実現された」発表だけれど?これが「市場原理は神の手」の世界、その「正義原則」みたいだけれど?

自分達は正義・自分に従わない者は殺す事が正義・そういう正義がアングロサクソンの正義なの?

心配なのは、この人達が望む台湾有事?21世紀の経済、「市場原理は神の手?」だと、戦場は破壊という名の大消費地かもしれず?独裁者討伐!として次々と討伐!だったアラブ世界?そして今は台湾有事へと向かっている?どんないのちでもいのちはいのち、戦乱を回避するための、それぞれの文化・「異文化尊重・学び合い」。そういう人間社会はどうなの?

① アメリカの指導層は超高齢?

今アジアを歴訪中、台湾に出向いて台湾有事を作りたい人?アメリカのペロシ下院議長?中国政府は「中国軍が断じて黙っていない」とあらためて警告するのだが。この方は82歳、バイデンが79才、トランプも75才?この人たちの政治判断、都合の悪い政治で、人命や産業基盤が損傷され、苦しみが地上を襲ったとしても?高齢だから、まもなく死んでしまう?責任はうやむやにできる?何でもやらせてしまう、そういう悪魔がひそんでいそうな?

ペロシさんの訪台を巡って、台湾有事となる可能性を思う今、日本国内の米軍基地の凄さを思う?なにしろ日本国内の米軍基地の地代、これが無料で?思いやり予算までつけているのが不思議?これだけの土地面積を日本企業が地主から賃貸する時には、どれだけ支払うのだろうか?フィリピンの1947年の条約でも、イラクでも、韓国でも、外国軍隊駐留には、厳格な規定をもっての他国軍駐留で、地代を決めていると。日本はどうして米軍に、全くの治外法権を許すのか、米軍人の犯罪も裁けない?日本はアメリカの言いなり国家?

その来歴を改めて眺めると、敗戦国日本が先勝国連合国側との講和、サンフランスコ条約の裏側に張り付けられた密約、マッカーサーをトップにして横田に降り立った占領の4年10ケ月目、朝鮮戦争が勃発、急遽急がれた講和は密約付き、この時に日本は朝鮮戦争の戦争支援のため、フル活用を予定されたみたいだ?

② サンフランシスコ条約とその密約

台湾有事が現実になりそうな、ペロシさんの訪台となると、改めて日本の敗戦の頃、朝鮮戦争の頃、極東の戦場が思い出される?1952年の朝鮮戦争時、時の首相吉田茂と占領軍のクラーク大将が結んだ口頭密約、そして2年後(1954/02/08)吉田茂とジョン・ハル大将が結んだ指揮権密約。米軍は日本国土のどこにでも駐留して、日本の近傍何処にでも攻撃できる軍隊、そして日本の自衛隊はその指揮下で動く、それは密約としてしっかり結ばれ続けている。

米軍基地は日本国内のどこにでもOK・その軍事行動は国内およびその周辺どこでもOK、それを日本は認めて密約の70年のようだ?日本とアメリカの戦後、密約付きの日米安保条約体制(日米合同委員会+地位協定+新安保条約)?で台湾有事になって、米軍が望めば、国内の米軍基地から、自由に極東での戦闘体制に入り、自衛隊はその指揮下に入る事を要請される、それが密約の中身?

怖い事ではないだろうか?なので、密約(国民には伏せた条約)として、表には出さずに、条約の裏にへばりつかせた感じ?朝鮮半島の戦乱に対しては、アメリカは日本の地理的位置(釜山対馬50キロ・釜山福岡200キロ)は東京大坂間の500キロと比べても大変近いのだし、ある意味属国として、戦争のための道具として、使い廻される国、それが敗戦国日本みたいにも見える?台湾はどうなの?

③ 台湾有事と米軍基地

これだけの米軍基地が日本国内に広がっていて、密約という、国民には知らされない日米条約(密約)で囲った日米関係が育っている?指揮権密約・地位協定・日米合同委員会・・日本中どこにでも米軍は基地とする事ができる治外法権を有する、それを認めている。その上自衛隊は、有事には米軍の指揮下に入る・・・

この図の米軍基地の広がりと、自公政権の国民向けの美しい言葉?マスコミの政府忖度を考えると、台湾有事は怖い事に向かう可能性も大きい?米軍にとっては台湾有事に向かうための軍事行動は治外法権的な身分を持って自由。日本国内の基地から、周辺地域に出撃可能?その条件のすべてを日本は(密約&条約)で与えている?

国民のいのちと国土が大切、それが本音の政党・政治家を育てていく事かも?嘘で目くらまし、勘違いを誘わない政治家。米国の言いなりでOK、政治家の椅子が守れれば、政治家を稼業として家族で政治家を独占できれば、それが何により。そんな与党政治家を選挙で書かない国民にならないと、危なすぎ。日本の地理的位置を考えて、モラルある政府・政治家を選ぼう!

④ アルカイダのトップ殺害が「正義の行使」なんだ?

アメリカ大統領は、自分達が20年間駐留したうえで、自分達だけ撤退したアフガンの地の、アルカイダのトップをドローンで殺害したと、誇らしげな発表をしている?

このトップは、ザワヒリ容疑者と言う人。バルコニーで一定の時間を過ごすことがあるのを複数回、確認されていると。バイデンは7月25日に閣僚らと会議を開き、民間人の犠牲を可能な限り少なくすることを条件に、「正確に調整された空爆」に対して許可を出したとして報道だが?ドローンから2発のミサイルを発射して殺害だという。これってテロそのものだけれど?

人殺しが正義、手柄になるのがアメリカの「自由と民主主義!」みたいな?でもアラブの戦乱の狙い、本音は原油利権とも言う。こういう米英・アングロサクソンの語る正義、20年間も駐留した米軍達は、アフガンの人々の「いのちと生活」をどう向上させたのだろうか?そして次に計画中?の台湾有事は日本の国に何をもたらすのだろうか?

⑤ 最賃と最低生活保障ライン(生活保護基準)

35度の今日の午後、窓の下の駐車場が掘り返されて、コンクリが詰められて、その後の作業が炎天下で続いている。雀さえ静かな今日の昼下がり、台湾有事にならないよう、世界人口の急激な増加と地球環境破壊と水資源の循環経路喪失の地球の上?その中で「市場原理は神の手」は、あまりに自分勝手?でどん詰まりとも思われるけど?

で今日は日本の最賃が31円上がった事が重大ニュース?8時間労働で月に20日働いて5000円程のupだが、しかしこの議論は賃金の決定にあたり経営上の縛りの下の議論の結果だが?それが自由主義、西側世界の賃金決定方式、企業側の経営上の都合からはじき出している。自由社会の賃金決定の方式だから?

思い出せば、今から20年ほど前の日本社会は、主婦や学生アルバイトの場合に、110時間まで、夫の扶養を外れない所まで稼いだ時代だった。それが今はその仕事スタイルで家族を養う時代に変わり果て、そうして日本の雇用、労働者の不安定雇用、所得低下が進んでいる?なので国民の生活・命を守るには、いまのような最低賃金問題、パートの自給みたいな話ではどうなのだろうか?むしろ憲法に戻り、文化的で最低限度の生活のための月収水準を問題にするとすれば?

⑥ フランスの新しい生活保護(エレミ)

フランスでは30年も前に保革一致して作ったのが新しい生活保護制度(エレミ)。その制度の最低生活の基準額(日本なら生活保護基準)があって、それ以下の収入を証明する書類の提出で、最低生活費(保護基準)との不足分を国が補填する。若い人達、稼得年齢層は低賃金化しているのはフランスも同じ、先進国共通な時代。で再就職は困難な事を国民的に認めている制度だろう?

日本では、保護基準以下でも保護を申請せずに、我慢が多いのは良く知られていて、捕捉率(生活保護の適用ある人の何%が実際に受給しているか)は先進国の10%(1/10)が続いた。

なので、国民の最低生活費の金額はどう考えていくべきか?みたいな議論はどうなの?多くの国民が保護基準以下で我慢している国が日本である以上、保護基準の在り方は国民的な議論が必要なのかもしれない?そして家賃部分は東京と地方の差も大きいが、国民の命と生活に大きく響くのは住まいであろう?ホームレス状態は命と直結する?公助・共助の公的な住宅制度を組み入れた新しい生活保護基準が理想かもしれない?

日本国憲法の規定(健康で文化的な最低限度の生活)に還って、国民の最低生活のための基準額の議論を、進めなければならない時代なのかも?

⑦ 三面等価と分配
私達は会社で働いて、その利益の中から自分の給料・賃金を配分/分配されているのが今の経済社会。でその利益をどう分け合うか、分配できるのかを、経営者と労働者の双方が参加して考える?そういうシステムが北欧のスタイル、ノルディック・バランス。これはソ連邦成立・ロシア革命以前に確立している。それに加えて最低生活のための所得保障があれば、ブラック企業からも抜けられる?ブラックも変わらざるを得ない?

でも、「金目」の自由主義経済は三面等価、①現場の生産活動が産んだ富は、②次の生産のために経営側と現場の労働力へ賃金に分けられ、(企業側と働いた人々の側の双方に分配されて)、③次年度の生産の為の支出へとつながる筈。①②③は等価だと?

でこの②の部分・賃金の分と会社側の次年度の為の予算の間で、どう配分/分配するのか?その決定権は、会社側が独占する、それが資本主義、自由主義の経済?いわば経営者の自由は最大尊重されている?なので賃金(給料)も経営者の胸先三寸、人事権が、社員を会社の物差しで評価する?これではある意味、雇用される側と会社には平等は無いのかも?

⑧ 生物生命の経済?
なので「金目」経済、今はインフレ経済が心配なので、これを超える路?農業は植物を育て、そのための大地の細菌など土地の豊饒化。漁業も養殖も魚場の保全・河川海洋保全がベース?森林原野の動植物の保全とは治山治水の仕事。これら動植物の命を守り、そのいのちと食物連鎖で繋がる人類のいのち、その連鎖、動植物を育成しつつの食糧生産の仕事、その食糧等生活物資(物流)生産の経済?

技術革新は人手を奪うのではなく、その人手で高齢者・障碍者のケア・子どもの育成(保育・教職)。そして農業(植物の世話)・牧畜魚業(動物の世話)林業(山林と地中細菌の保全)かも。再生エネルギー資源の開発は、地球環境(動植物・生態系)と同調的な仕事社会、物流を目とする経済と共にあり?

ウクライナの危機は、ウクライナを対ロシアの前線として使い廻したい?ロシアの天然ガスの流れを支配したい米国CIA/NATO?そのプーチン排除の動き?セレンスキーの裏側はこれ?日本なら松本人志・爆笑を大統領に据えて、後ろの参謀(米国CIAと美しい日本系?)が指図する政権運営図式から、ウクライナ国民が逃げ出し始めている?

アフガン撤退後まだ10カ月。台湾有事が近いかも?日本はアメリカの腰巾着に、さらに踏み込む憲法改悪では無いの?戦争は国民生活を破壊かも?政治家達、中抜き委託族は安泰なの?99%のために、国内操業をする企業を支援しながら、生物生命の経済社会へと動く事かも?日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp) https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788 

金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。「金目」でなく「生物生命の再生産度」「物流/通貨指数」。そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。

①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

PAGE TOP