ブログ一覧

コロナ大権現(だいごんげん)が居るみたいな?

コロナウイルスの変異種、アフリカ・欧州発で、この感染拡大。英国ジョンソン首相は、7割増しの脅威だと拡散中?世界中がコロナ変異種、ヴァージョンアップで揺れている?


でコロナ後、各国の医療制度は?年金、社会保障は?コロナ大権現の進みゆく先は何が起こるのか?3日ほど前のyahooニュース、年金が1%削減と、アドバルーンが上がった?国民皆保険もいじる疑惑?すが首相の発言、英国ジョンソンは、NHS、国民保健サービス(英国の無料の国営医療)、「ゆりかごから墓場まで」をいじったりする?


① コロナ変異種の実像

英国首相のコロナ変異種の脅威、7割増のニュース、そのネタ元について解説があった。こういう見解もあるようで、専門家の解説「『当たり前』」の話、騒げば騒ぐだけ損」といっている。日経ビジネス電子版 (nikkei.com)
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00087/122400135/


ここは超過死亡率はどうなっている?各国は平常年の死亡率と比べて、コロナの時期特有の死亡率、その増加が認められるのか?それが超過死亡率だと。


これは以前の死亡率データをいじる事は出来ないだろうから、真実が見えるような気がする。今年の超過死亡率で、インフル、癌死、老衰以外の死亡者数など通常の死亡者数以外に、コロナ関連の死亡者数も含んだ動向、コロナ脅威が見える?昨年2月の緊急事態宣言以降のデータを知りたい。


② 専門家の分かり易い説明

新型コロナウイルスが、ジョンソンが言う程の、劇的なヴァージョンアップをしてしまうと、ウイルス自身がかなり不安定な生命活動?になると思う?それで安定して生き伸びるウイルスは、人間にとっては感染拡大が止まらないウイルスだろうが、そうなのかどうか?


コロナは高齢者と合併症を抱えた人達、労働現場でシャキシャキ働けないような人達が危ない、コロナ大権現は惨い神さま?みたいな。人の命をも握る大権現は、労働現場に立てる人より、それができない人達の命を奪う?無慈悲な大権現かも?誰でも年老いるのだし、病気にもなるのだから。


③ 年金を1%下げたい?

そして厚生省があげたアドバルーンであろうか、年金を1%下げるニュースが出た、今見るともう消えた。そのニュースの裏側解説みたいな情報が、年金改革ウォッチ 2021年1月号~ポイント解説:年金数理部会と厚労省の新たな試算 |ニッセイ基礎研究所 (nli-research.co.jp)


日本の年金制度、財源は賦課方式(1年毎の決済方式)で処理されるので、我々高齢者は若い頃ずいぶん払っているから大丈夫と思ってしまうのだが、積立方式でなく毎年度毎の決済をしていると。なので我々が払った厚生年金は、とうに使われてしまってもう無い。(簡保の宿やら、クジラやら)
    
今となっては、小泉規制緩和で派遣社会の日本、低賃金社会に変わり、昔ほど年金は集まらない。しかし高齢者の年金は今のが原資なので、年金額の縮小も視野にいれる厚生省であろうか。それでも日本の株式市場、債券市場には、その年度別決済のズレ等をもってクジラと呼ばれる莫大な資金が泳いでいると。
https://ja.wikipedia.org/wiki/年金積行政法人立金管理運用独立 


この収支決算、会計報告の公開、フランス型の透明性ある、年金財政にする事、それなくして年金削減は、どうだろうか?


④ すが友創価は社会保障骨抜き?

このコロナ後、国民生活(医職住)を支えるは、今の労働市場だけでは失業も多そう?このまま、自由競争、儲けが一番の商売、企業活動では、倒産や失業、生活不安もあり得るかも?コロナが教えてくれた事、それは人間の命、生物性かもしれない。


儲けが一番では、命を守り切れない時代なのかも?なので今までの延長上の経済政策では危ない?「GoTo ・・」のように企業を助けて、その儲けで全体を潤そうという感じは、もうできない。労働分配率の低下、派遣労働社会になっており、就労者でも「働く貧困」とも言う。労働賃金だけでは、国民生活を包みきれない社会へと動いている。


なので税金を、国民の命と生活を守るための事業に、直接投入できるような工夫ではないだろうか?


⑤ 企業の儲けと、国民の暮らし

小泉規制緩和、派遣労働法、これが国民の貧困化を決定づけている?そのジュニア進次郎は環境相の大臣だが、河野太郎と同じくアメリカ仕込み、CIA仕込みなのかも?英語は通訳がいらない語学力の筈が、世界環境会議だったか、環境問題が”sexy”になる語学力を披歴している。


そしてもう一人の河野太郎は行政改革担当相、この人は1993年8月宮沢政権時代の河野談話、その河野洋平二世だが、先の大戦の時の慰安婦問題、「慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した」「官憲等が直接これに加担した」とする談話だが。


日本の21世紀、日本はアジアの雄として、中国朝鮮半島台湾とともに進みゆくのであれば、先の大戦の意味合いは、日本の立場を左右する大問題であろう?また派遣労働は常態化、貧困化する日本では、日本の税金も民間の国富も、共に米国へと吸収されてしまう敗戦国として、あの日米密約は何だかの形で、国際社会に問いかけながら、ここからの脱出は必至に違いない。


アメリカ仕込みの政治家の裏側、今日本の政治はすが友の後継として、米国の軛(くびき)を唯唯諾諾として引きつぎ、それをもって自身の政治家としての安全弁にしたい?自民党第ニ世代、或いは維新、小池百合子へと、廻したいのが米国CIA、コロナ大権現かも?進次郎、河野太郎あたりに渡したい?


⑥ 先の大戦への日本の姿勢

75年前の敗戦、天皇の玉音放送の後、何日も市ヶ谷の空を焦がしたのが、政府文書の焼却処分証拠隠滅の、その黒煙だったと。安倍友すが友創価に引き継がれたのは、その大本営体質なのかも?自分達の希望を政策にして、事実より自分達の希望、願望。それを忖度させ政治、証拠も隠滅する政治だったりして?


2021年のコロナの中で、ここまでドン詰まった経済。コロナ後とは、一部の上層部を除いて、国民生活は大丈夫とは言えない?森喜朗会長が何としても進めたい東京オリンピックも不思議。


「オリンピック組織委員会には職員が3,500人以上、人件費は毎月20億円。そして42箇所の会場や諸々の家賃は毎月100億円以上」とも言う。この税金じゃぶじゃぶが、オリンピックを止められない本当の理由かも?4年でも延期?その本当の理由はここかも?上を、森喜朗を忖度しろ、それが日本の国の栄光だ!みたいに包んでいる?税金を自分達にじゃぶじゃぶ?


⑦ 助け合いの、日本的な形

自分達すが友創価族の、自分達による、自分達の為のオリンピックみたいだ?その後には、社会保障の抜本縮小が予定済みだったり?年金1%削減?国民皆保険問題、すが総理の口から出て来るのが怖い?


今現在は儲けが一番の社会だが、それに加えた仕事の場が欲しい?昔なら結いとか、契約講とか、地域単位の仕事場とか?コロナ後はその財源は税金を廻す、そのための財政の精査、公的資金の投入で進める日本版のニューディールはできないのか。これと市場原理のミックス経済、この部分で国民の医食住を、何とかして支え、自殺者、ホームレス状態、犯罪の抑止社会のために廻すように。もっとも、このコロナ後の日本社会は忖度外しが、肝かも?


地場産業的な地元の人手が中心になる分野として、自治体や地域の協働システム、いろいろ工夫を出し合い、そこに税金を入れて、きちんと時給なりを支払う仕事場創生、荒れた山林原野に手を入れて食料増産、地場野菜、農業推進、そして保育、介護、医療への人員投入、その賃金は、租税を廻していく、すが友創価の中抜き、二階さんの「Go To‥」の1兆の中から?


⑧ 助け合うために交流する、コミュニュケーション?

失業したらおしまい、だからブラックでも耐えている社会。日本のカルトとして世界に名を馳せるであろう創価が仕切るマスコミ?嘘満載の21世紀の大本営、日本のマスコミ情報を超える国民になろう?「Go To・・」と共に、コロナウイルスも日本中を旅してしまったような今の政治?「ムサシ」って何だ?何をしているの?


国民は、助け合うための交流を重ね、リモートでも、公園でも良いから、次の選挙まで、創価マスコミに騙されない日本人になる事?大切な自分の命、生活、次世代の幸せを念頭に、この三密であっても、仕事や生活を助け合って、命を守り合う事かも。


2021年の政治、発展するアジアの雄として、アングロサクソンの下僕として、「旧大英帝国の夢」の為の、死んでも構わない民族、日本人にはなれない。アメリカ本土の捨て石扱いから脱却、税金も、国富も国民の生活底上げの為に廻す政権を選ぶ事かも?


①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②空き家に手を入れて安心な公的賃貸住宅システム整備 ③平等で安心な医療介護システムを作り上げる事業。この3つの国民を直接雇い入れる事業、この事業と今の経済システムを、同時平行、国民の年収と生活を守る政治ではないだろうか?


生産工場の国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、アメリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP