ブログ一覧

ここまで酷かった?自公政権?

統一教会は学生時代によく聞いたけれど、悪名高かったかも?私たちの世代は何となく覚えている?統一教会が「世界平和統一家庭連合」と改称するのは、霊感商法(壺・印鑑等)の18年目?下村博文氏が文科省大臣になった時。「家庭連合」と改称してイメージを変得ようとしたと思われる?

信者家庭を壊すほどの莫大な寄付金を受け取り、自発的な献金と言う外形にすれば億単位で一信者から取り立てている?その信者破産後も寄付金を受け続ける?そこが悪質すぎなような?そして今、コロナに感染する世界の政治家達のいろいろ、バイデンさんは二度目?何か、その人の口封じなようなコロナの入院にも見えてしまう?

①看板だけを、(家庭・平和)に変えても?

この統一教会は、看板を「家庭」と付け替えた。東洋的と言うのか儒教的なキャッチフレーズだが、信者家族の家庭崩壊、自己破産に落ちても、まだまだ献金を続け、それを受け取る宗教団体が、看板を家庭の幸せにしている自己矛盾?その上その献金は、自民党政治家の選挙用資金へ、若い女性信者は選挙用事務員として大挙応援、ボランティア(勤労奉仕)らしい?でもこの人達も高齢化したら、誰が養うのだろうか?

家庭が立ち行かなくなるまで、根こそぎの寄付を自発的にさせる宗教?でも伝統的な家族関係?夫唱婦随?親に従うが孝行?自助努力の寄付金額の世界?「世界平和統一家庭連合」と「自民党政治」?東洋の伝統的?儒教の教え?江戸時代的に女性(女子供)は自立的ではいけない?

こういう人間関係の中だと、遠慮と忖度が軸になり、互いに学び合うとか、新しい考えとかが育つのかどうか?なにか教主の言う事に絶対服従?それは安心なのか、危険なのか?忖度と洗脳、でもここでは「金目」の寄付金額次第?その「悪の輪廻」が廻る感じがする?

② 世襲の政治家家族?

岸信介の孫たち(安倍晋三・岸信夫両氏)・吉田茂の孫(麻生太郎氏)・福田赳夫の孫(福田達夫氏)。それぞれびっくり発言が続く?福田自民総務会長、統一教会との関係は「何が問題かわからない」と。祖父・福田赳夫氏と旧統一教会の動画が拡散されており、その統一教会総会へのメッセージは「アジアの偉大な指導者・文鮮明」だと?

世界平和が看板の『金目』教団、でなぜか寄付金額で教団からの扱いが違う?会員の中を『金目』で区別している、寄付金額が神の御利益を決する?(寄付金額)で、一族・来世の幸せが違ってくる?こうだと頑張って献金?その努力、教会活動、寄付金を積み上げるための自助努力、全身全霊で励まざるを得ない?

この教義が、事実より空想と言うのか、頭の中で作られているので、誰でもこの嘘に囲われると、事実をもって嘘と証明できない?今現在教会活動中の、集団生活中の方々は、いつまでも若くは無いんだし?自分の老後の事も考えた方が良いと思う?働けなくなったら、教会はあなた方をどう扱うの?働けるうちだけ搾り取るんじゃないの?大丈夫?

信者の子供たち、思春期になっても異性との愛を禁じられるって、人間の自然性に背く掟かも?教主によるマッチング結婚だけが愛しても良い相手?なのでこの合同結婚式を歓喜で迎えている?自民党の選挙は、その『金目』と「信者のボランティア」で、安倍晋三に票割りを頼み込んでの、政治家の椅子を手に入れている?その政府が国民の血税で「統一教会」へのお返し?迎合・優遇・マスコミ報道も教団への配慮になっている?

➂ 政治家が家業のお宅 

考えてみれば戦後の日本、米国の占領を終えて独立国家として歩みだすためのサンフランシスコ条約だった。朝鮮戦争の勃発をうけて?その最中(1951/0908)に急がれたっぽいサンフランシスコ条約?で当時の進駐軍・占領軍でもあった米軍の駐留継続・米軍への軍事支援(吉田・アチソン交換公文)については、日本独立との交換条件とする事は、ポツダム宣言にも、国連憲章にも違反する行為だったので、サンフランシスコ条約の外で、密約にして実行されたという。

なにしろ朝鮮戦争、米軍はマッカーサーの仁川上陸作戦(1950/0915)で北朝鮮を押し返したが、釜山迄あっという間に進軍されている。それを受けて急がれた?で?サンフランシスコ講和条約(日本は米国の占領から独立国家へを達成した条約)は、裏で朝鮮戦争への兵站の密約、日本国内の米軍=進駐軍の(継続維持)が密約事項として置かれたんだ。

その6年後の1957/0707に立川基地の拡張に反対する反対闘争・住民に逮捕者が出てその第一審は伊達判決(1959/0330)で、米軍基地利用の違憲判決だった。それをたった3日後の最高裁への跳躍上告、その時の【マッカーサーアメリカ大使(進駐軍のマッカーサーの甥)と当時の藤山愛一郎外相、福⽥赳夫幹事⻑、田中幸太朗最高裁長官と打ち合わせを記す、米国側の記録が出てきている。】アメリカ側の指示に答えての跳躍上告としか思えないような?

この頃の世界、東西冷戦に向かう時代の、米軍の極東での戦略、日本国内の米軍基地と自衛隊の創設・それを密約で国民には知らせず、米国の戦略通りに日本の国土・国民?を、戦勝国アメリカに差し出すような政治の動き、それが密約として執行された?その密約請負人達の孫達は今、祖父達と同じく、米国の属国志願みたいな?日本の国土と国富を、円安誘導しながら、台湾有事、日本の自衛隊の戦争を実現したいのでは?それも統一教会の『金目』を杖にして?

④ 極東の戦争は、直接日本が危ない?

台湾有事、米中関係の緊張が続く、ペロシ米下院議長の台湾訪問計画が新たな火種なそうだ?バイデン米大統領と中国の習近平国家主席による28日の電話会談、その主要議題となるほどペロシ女史は好戦派?台湾への訪問を断行すれば、中国の反応次第で対立が一段と激化するとか?多文化共生より、軍事力(暴力)の人?私達は住民虐殺の連続のようなアラブの20年をしかと目に刻むことかも?独裁って何か?自由と民主主義って『金目』で動くための国民への呪文?かも。日本の国政選挙は統一教会の若い女性の選挙ボラと安倍晋三の統一教会の票割りの結果かもしれない?

『金目』があの世も決すると言う虚構話の統一教会?破産までの苦しみを経た家族から、さらに寄付を受け取るのが、宗教団体?若い活動中の女性は、老いた後をよく考えて、目を覚ました方が良いかも?老いて利用価値が無くなればどうなるの?多様な考え方を聞きながら、自分の考えを育てて、助け合う社会の在り方、自助よりは共助・公助が安心かも。

フランスは若い世代の低賃金に対応する新しい生活保護制度を保革同道で作り上げて、社会保障の全体改革を進めて30年を迎えた。出生率も上がっている。所得の申告だけで、最低生活費に足りない分を給付する新しい生活保護(エレミ)。住宅制度、求職活動支援、保険料未払いの場合を救済できる新医療保険を立ち上げ、生まれてくる子供たちには教育を保障する社会保障の全体改革、財源は新所得税など。出生率は上がっている。それに対して日本では医療介護の値上げ、さらに高額医療費制度をなくすと発表する自公政権の厚生省だ?

⑤ 血税の廻し道?それぞれの具体的金額は?

本当に国民はじっと我慢、自助努力目いっぱい、できなければ死んで行け・・みたいな自公政権・自分達は中抜き委託、血税を嘘で包んで、統一教会と同道中?日本女性は韓国の嫁不足の為の女性ではないし?

国民の血税を、嘘で包んで自分の選挙、票集めの為なら、統一教会をも絶賛、追及されても「意味が分からない」だって?国民を本当に馬鹿にしている?78年目にして日本は本当の戦後復興の時を刻むことかも?民族自決の政権かも?身ぐるみ剥いでも、まだ絞れる?地獄と天国の嘘話?地上の地獄をもって寄付金を増やし中?『金目』と女性選挙ボラと同道したい政治家のモラルの程は?

こういう政治は、国を亡ぼすだろう?砂川判決は日本の国土を、米軍の為に明け渡す約束のような感じもする?国民の為の国土だろうか?アメリカの腰ぎんちゃく・日米合同委員会に絶対服従の政治では、台湾有事は怖すぎ?少しづつでも、真の独立と、『金目』で動く政治家は、選挙で選ばない国民にならないと?何よりも血税の流れ方の具体的な金額を知りたいし?

第三次大戦危惧の世界の中で、戦争より対話で国際紛争を解決する姿勢が地球を救うのかも?血税を少しづつでも社会保障財源へ廻すのかも?ヤングケアラー問題も、フランスでもドイツでも家族の介護労働を評価して、介護する家族に金銭給付があり、仕事を休めば休業補償が適用される?介護の社会化を目指した介護保険だったのに、ヤングケラーや家族の介護の為の退職で進める介護は、自己責任の時代へ戻っているのかも?統一教会の自己責任主義、寄付金、自助努力が当たり前?みたいな?介護の社会化・共助・公助で支え合う社会保険の筈だったのに?

⑥ 三面等価と分配
私達は会社で働いて、その利益の中から自分の給料・賃金を配分/分配されているのが今の経済社会。でその利益をどう分け合うか、分配できるのかを、経営者と労働者の双方が参加して考える?そういうシステムが北欧のスタイル、ノルディック・バランス。これはソ連邦成立・ロシア革命以前に確立している。それに加えて最低生活のための所得保障があれば、ブラック企業からも抜けられる?ブラックも変わらざるを得ない?

でも、「金目」の自由主義経済は三面等価、①現場の生産活動が産んだ富は、②次の生産のために経営側と現場の労働力へ賃金に分けられ、(企業側と働いた人々の側の双方に分配されて)、③次年度の生産の為の支出へとつながる筈。①②③は等価だと?

でこの②の部分・賃金の分と会社側の次年度の為の予算の間で、どう配分/分配するのか?その決定権は、会社側が独占する、それが資本主義、自由主義の経済?いわば経営者の自由は最大尊重されている?なので賃金(給料)も経営者の胸先三寸、人事権が、社員を会社の物差しで評価する?これではある意味、雇用される側と会社には平等は無いのかも?

⑦ 生物生命の経済?
なので「金目」経済、今はインフレ経済が心配なので、これを超える路?農業は植物を育て、そのための大地の細菌など土地の豊饒化。漁業も養殖も魚場の保全・河川海洋保全がベース?森林原野の動植物の保全とは治山治水の仕事。これら動植物の命を守り、そのいのちと食物連鎖で繋がる人類のいのち、その連鎖、動植物を育成しつつの食糧生産の仕事、その食糧等生活物資(物流)生産の経済?

技術革新は人手を奪うのではなく、その人手で高齢者・障碍者のケア・子どもの育成(保育・教職)。そして農業(植物の世話)・牧畜魚業(動物の世話)林業(山林と地中細菌の保全)かも。再生エネルギー資源の開発は、地球環境(動植物・生態系)と同調的な仕事社会、物流を目とする経済と共にあり?

ウクライナの危機は、ウクライナを対ロシアの前線として使い廻したい?ロシアの天然ガスの流れを支配したい米国CIA/NATO?そのプーチン排除の動き?セレンスキーの裏側はこれ?日本なら松本人志・爆笑を大統領に据えて、後ろの参謀(米国CIAと美しい日本系?)が指図する政権運営図式から、ウクライナ国民が逃げ出し始めている?

アフガン撤退後まだ10カ月。台湾有事が近いかも?日本はアメリカの腰巾着に、さらに踏み込む憲法改悪では無いの?戦争は国民生活を破壊かも?政治家達、中抜き委託族は安泰なの?99%のために、国内操業をする企業を支援しながら、生物生命の経済社会へと動く事かも?日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp) https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788 

金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。「金目」でなく「生物生命の再生産度」「物流/通貨指数」。そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。

①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

PAGE TOP