ブログ一覧

アメリカの戦争費用、出所はどこだ?

藤井聡太五冠誕生、19歳6か月だという。羽生善治の5冠は22歳10か月だった。どちらも飄々としている所が、将棋指しの真骨頂なの?


記者会見の場所から富士山が見えて、「富士山でいうと今何合目ですか?」と尋ねられて曰く「頂上が見えないという点では、“森林限界の手前”です」とか?やっぱり凄い19歳!


森林限界とは「木々が生えることができなくなる限界線のこと」、で「富士山では5合目付近、約2400mあたりが森林限界」だったらしい。続けて曰く「まだまだ高い山を登っている」・・何か深山幽谷に遊ぶ?道士みたいな。14歳で「自分の実力からすると“僥倖”」と言っていた?


① その師の教育方針?

藤井聡太五冠と約10年の師弟関係で、生まれも育ちも名古屋の杉本昌隆八段も嬉しそうなインタビューだった。


師としては「入れ込みすぎないことが大事かなと思っています。藤井五冠の才能は小学1年生くらいの時から確信を持っていました。教えたい衝動にかられましたけれど、それをやったら絶対に足を引っぱることもわかっていたので」と。人は、それぞれの自律というのか?そういう事で闊達さ、潜在能力が動き出すの?どっちも立派、師弟関係?


② でアフガンとウクライナ

アフガンを8月末にきれいに撤退した米軍?20年前の9.11、ワールドトレードセンタ―に突き刺さった飛行機の映像、イスラム原理主義の武装勢力アルカイダの仕業だ、と今もされているけど?


世界中を震撼とさせて、アメリカ軍のアフガン侵攻は開始され、それからちょうど20年目の昨年9月、米軍だけは撤退完了、カブール空港に殺到する逃げ出したい人々を沢山残していた。一方米国が据えたアフガンのガニ首相、ドル札を積んでアラブ首長国連邦へと真っ先に飛び立っていた?


あれから5カ月、もう米軍はウクライナ派兵をしている?ロシアのプーチンのせい、独裁者?ロシアは自国国境線の問題でも、米国ははるか大西洋を越えての派兵?NATOを後に従えているらしい?


③ カルザイ氏とガニ大統領
この間の事情を、04年から10年間アフガンの大統領を務め、ガニ政権とタリバンとの和平交渉にも関わってきたと公言するカルザイ氏、AP通信への証言(嘘かまことか?)。


ガニ大統領は当日の8月15日に国外へ逃れており、カルザイ氏は無政府状態となって治安が悪化するのを懸念したというわけだ。タリバンに抵抗せず、事実上の無血開城になった訳を、自分達の交渉によるとしている。どうでも嘘で包むのが米国と共に動く人々なの?何故に今頃それを言い出すのか?その訳を知りたい?


昨年09/12のニュース「国家予算の約5割を国際援助に頼っていたガニ政権では、有力者による援助金の着服や支援物資の横流しなどが問題となっていた。ガニ政権を崩壊させ、暫定政権の樹立を宣言したイスラム主義勢力タリバンが、ガニ政権時代の閣僚らの銀行口座を凍結する方針を明らかに」と。


④ 「金目」で動かす政治

報道ではタリバン傘下のアフガン中央銀行が国内の銀行に対し、ガニ政権時代の大臣や副大臣、国会議員、州知事、市長らの口座を凍結するよう通達、ガニ勢力の有力者らの口座を凍結対象に?


でアフガン中央銀行が国外に持っていた総額90億ドル(約1兆円)の資産の大半は米国内にあり、昨年8月の政権崩壊後は凍結、これの事なのかも?米政府はタリバンが求める凍結解除を拒む一方、資金の活用法を模索、人道支援へと言っているんだ?


元をただせば、米国のガニ政権への援助資金?米国のものと言う感じ?こうして「金目」で動かしてきた政治の行く末が、影絵のようにして表れて来る?嘘で包んで「金目」で動かす政治の姿、国民の「いのち」も「金目」の為、米国CIAの「お題目」、「自由と民主主義」だったみたいだ?


⑤ アフガン撤退後5カ月のウクライナ派兵?
どうしてコロナは今もアフガンには行かないのだろうか?
そして撤退をああ急いだのはなぜ?カブール空港の海外へ逃れたい人々は置いてけ堀?それは次のスケヂュールが立っていた?「ウクライナor台湾近海」へと戦場の移動?米国軍隊CIA?NATOの軍隊?


ウクライナの情勢は今緊迫、ロシアは自国国境線に軍隊集結のニュースだ?米国軍隊ははるばる大西洋を越えて増派中?NATOを主導し加盟国を呼び入れる?何か、北京オリンピックの閉会式を待って、戦争勃発をさせたい?米国CIAとNATO達なの?


世界のマスコミがロシア軍の動きを嘘かまことか一斉拡散中、米国CIAとNATOの派兵?それって東欧圏が、2001/09/11後のアフガン、アラブ世界、内乱・戦乱の巷、どれだけの戦費と犠牲者を出すんだろうか?独裁者の退治・テロとの戦い?正義の戦争?プーチンの退治?


でもソ連邦崩壊を体験したロシア国民であろうか?オルガリヒ&エリツィンの時代の政治、格差拡大・死亡率増加の暮らしは数値に表れた?米国型の「金目」「自由な経済競争」の裏側を見たような?


⑥ コロナと戦争は儲けの種?

戦争による紛争解決、アラブの国々は戦場となり、互いに対立し合う内乱状態へと落ちた。思い出せば1975年のサイゴン陥落までベトナム戦争。その前の太平洋戦争、第一次大戦などと歴史をたどれば、列強の植民地争奪戦?


まず欧州に近いアフリカ諸国へ、インドはプラッシーの戦い(英仏戦争)で仏国から英国支配へ、フィリピンはモロ族を全滅させてスペインから米国へ、その前英国リバプールは奴隷貿易で栄えた港だった。イラン・アフガン・カダフィのリビア・イラクのフセインへと米国軍隊と資金が流入?


今の国際政治、戦争は軍需産業共同体の儲け、コロナのワクチンは世界中の全国民に2回も3回も、法律を作って売りさばける商売に違いない?政治家へのキックバック、それが世界政治とマスコミ論調を動かしているの?貧困とホームレス増加中のアメリカ国民の血税なのに?


⑦ NATOとAUKUS(オーカス)

英国ジョンソン首相達、おととし秋から去年春にかけ首相官邸で毎週金曜の午後4時から20人前後が参加して政治家のパーティーだった?この人達はコロナを、本音で恐れてはいない?命が掛かっていたらできない?コロナの実像はどうなのか?


嘘で連れて行ったガタルカナルの惨状?インパール?私達日本人は忖度を超えよう?嘘から離れないと、危ない時代なのかも?ガタルカナルの再現は?国民の命と暮らしが大切。戦争は産業社会の「金目」が本筋?そうではなく、再生エネルギー・農業・漁業社会へ?人手を入れながらの地産地消かも?


⑧ 米国政府と軍事産業共同体?

軍産業共同体)軍産とは:政府の国防支出に大きく依存する軍部、民間企業、政治家たちが、それぞれの利益のために有形無形の連携を保ちつつ、ときにはマスコミ界も参加して、国防支出の増大を図る社会的な癒着構造をいう。


この言葉(軍産)は、アイゼンハワー大統領が1961年の退任演説で軍産複合体の存在を警告して以来、政治用語として定着、一般に兵器調達は、独特な価格決定、独占的な納入手続き、厳重な機密扱いなど、通常の商取引とは異なる方法で行われるため、軍部と産業界の間で癒着が生じやすい、と?


そしてなぜコロナはアフガンには行かなかったの?9.11からアフガンへの米軍派兵、そしてアラブの泥沼の内戦へ。米ブラウン大の研究チームの報告では、その費用が8兆ドル(約880兆円)にのぼり、戦争の犠牲者亡くなった人は90万人前後に達すると。アメリカ国民は、アラブ・ウクライナ派兵の費用の出所と金額を調べるべき?


「自由と民主主義」はグローバル競争に勝ち残るには、賃金を絞る事へ向かうのは必定?そうではなく、製造工場の国内操業・自国民を雇い入れ、食糧の増産と国土の涵養(生態系保全的な農業)・再生可能な太陽エネルギー等へのシフト・働いた人の賃金決定のルール、労働分配率を衆議公論に・産業構造の維持と発展のため、国民の衣食住の確保、税金の廻し方を移し変える?そして若い世代のイノベーション力、しっかり判断する子供達が、みらいへの力だから?


日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp) https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788

この時代は、ホームレス状態でも使える社会保障ではないだろか? 
そしてコロナワクチンのメリット・デメリットを知りたい?死亡者・重症者・感染者・ワクチン接種後の動き。特殊死亡率という、平常年との死亡率の違いを知りたい?それが増えているそうだが、死因は何なの?


金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。新自由主義はどうなの?そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。
①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP