ブログ一覧

「金目」より「命」の政治を

また麻生さんが、人の苦労を感じない発言、北海道の米作りの苦労を無視というのか、そういう事を言う財務大臣。これでは国民の血税の使い方、配慮がしないだろうか?


こういう人、世襲の政治家を選ぶ国民性、上を忖度文化、血統重視の日本の文化って、美しいのかどうか、江戸時代風なのかも?


① 農家は今の政治を考え直す時

今年の米価、「JA全農とちぎは、2021年産の県産米を県内のJAから引き取る価格(概算金)を決めた。コシヒカリ(1等)は60キロ当たり9千円となり、前年産に比べて27%(3400円)下落した。コロナ禍で業務用米の需要が低迷」。


その真ただ中での麻生財務大臣の言い方は、酷すぎと言えそうだ?日本の農業の中でコメ作りの占める位置、それが国土の治山治水の中で、知らないうちに果たしてきた役割も大きい?


案外美しい日本の下支えだったような気がする?四季が巡り、梅雨があり、台風が来て九州は小倉にも雪が降る、南北に長い国。21世紀の今、風水害が頻発する地球温暖化の今、国民の命と暮らしは、度々大水害に襲われている。食糧生産を国家的に組み直し(輸入食糧にシフトし過ぎず)「食糧自給の安心社会」、これを求める農業政策ではないだろうか?


いろいろな穀物の、単位面積耕作地で養う事ができる人口?そのデータを見たことがある。米は麦の何倍だったか?そして美味しいらしく、米は穀物粒のまま炊いて食べて美味しい。麦とは粉にして、味を加えて発酵させて食べざるを得ないんだとか?


② 農地の保全と治山治水

水田はビオトープに似ていて、虫達、小動物も生息し、その地域の水の流れを作り、穏やかに、地下水と地上水の流れを繋ぐような気がするけれど?


今日本中の山林は、安い外材に太刀打ちできないのか?人出不足なのか荒れている。本当は国土、耕作地に手を入れて土中細菌を養い、地下水脈を守り、温帯モンスーンの豊かな国土を復活する農林政策、水田・農家を守る事も大切?その真逆が麻生さんの世界観、自然観というのか、温暖化が良い事になっている財務大臣


③ アベノマスクは、保管料に6億追加

7年8カ月も続いたアベノミクスが嘘の塊みたいだった?あのアベノマスクは、2019年予算に233億円だった。2020年予算の233億円は、あまりの不評で中止?でも、2019年の8200枚のマスク残っていて、その保管料だけで6億円らしい。


電通創価?安倍友自民党関連企業の倉庫?どこに流しているの?これだけの税金があれば、生活保護申請中の人達の何万世帯?の1年分かも。税金の流れを精査して、絞り過ぎの生活保護制度を、フランス型へと改革の時代、それがコロナ後の日本かもしれない?


コロナ後の世界、温暖化と原油価格の高騰らしく、ガソリンが1L当たり161円と、7週連続の値上がり。コロナ後の世界経済の攪乱要因なのかどうか?世界の経済は、エネルギー問題を軸に、原油等化石燃料、特に米国のシェールガスは、何処まで米国の大地を傷め続ける?人間の生存を脅かしてまで「金目」の経済活動?政治が「金目」に従っている?


④ 選挙とコロナ

今日は木曜日、この日曜日の衆議院選挙、選挙日程提示からコロナの感染者数が減ったとか?コロナは下火になった?選挙が終わったらどうなるかに注目かも?この冬はインフルに戻る?5歳から11才の子ども達にコロナのワクチンならば、その安全性、予後の経過を見通すデータは必至だろう。いのちの問題?やわらかい幼子の命だから。


世界の製薬会社の「金目」と「戦争経済」が、地球上のすべての生物の生命を奪いそうな時代かも?


コロナは命に直結だからこそ、コロナ菌のリスクと、ワクチンのリスクについてのデータが必要不可欠?コロナの感染拡大のニュースに神経質にならざるを得ない。だから今、世界中のマスコミの情報拡散が、政治の都合で動かされないような、ニュースを配信するところが必要、大切な時代なのかも?


⑤ 今度の選挙は天下分け目?

選挙に人流にもかかわらず、コロナは減っている。そして選挙の最終盤戦に真子様の結婚ニュースが用意された、みたいな?電通創価支配の日本のマスコミニュースに距離を置き、努力を支える社会保障を構える政治ではないか?


政治の目を「金目」から「人間の命」に移動させる、生活の底上げに政治の基本を移す、それを推し進める選挙戦になればいい?そのための本当の分配、それが社会保障制度(所得・住宅・医療)、その大切さ、その選挙戦かも?


⑥ 脱貧困の社会保障を考えよう

で先日海外との交流のある人の話が印象的だった。アジアの国々の中で、日本と中国の違い。中国という国は「やってダメな事」を法律で?決めるそうだ。なので中国人は「やってダメな事を除いて、何をやろうか」といろいろ考えて動いている。かなり喧々諤々で動きそう?


でも日本の国は「やってよい事」を決めるとか。なので日本人はやっていい事、それを待って動く?これが日本人の忖度国民性を作っている?自分でやっていい事を考えて進む中国に対して、日本人は進取の気性は育たず?産業界のイノベーションとかもどうなの?


⑦ いのちを守れてこそ、その政治

大本営に膝まづいて、無残に命を落とした沢山の日本人達。戦後76年目の今。美しい日本と言い続けて、自画自賛で、国民の命は守れるだろうか?この時代に、上を忖度を降りて、国の未来を拓く?不安定雇用の労働者の賃金から社会保険料をもっと取りたい、それが自公政権の基本姿勢。


でも「やってよい事」で縛られず、ダメな事を除いて、どんどんやってみる?それを許し合う社会かも?


アフガン後、ますますグローバルな企業活動となるだろうから、日本企業は海外へ生産工場を移転し、自国民を雇わない時代かも。日本企業もM&Sで国籍不明が増える。日米の関係は今もって戦勝国と敗戦国?対等性保証はどうなの?米軍基地の地代、欠陥戦闘機爆買い?自衛隊の命は道具ではない。対中国戦で最前線に立てない?


⑧ 第二のアフガンにはなれない  
 
美しい言葉には嘘が詰まっている?甘利幹事長・森友・加計・さくら・掘れば掘る程嘘が出てくる、米国に従う自公政権、それが長期政権の所以だった?米国の腰巾着だから守られていた?
戦勝国アメリカと敗戦国日本を越えよう。沖縄は基地だらけ、更に辺野古が日本の税金で建設中。国内の米軍基地の地代は?アフガン後の米国は、日本への要求はエスカレート?日本の地理的位置が怖い?対中国戦の時には真っ先に戦闘状態にされる?第二のアフガンになれない。


76年を経て、安倍晋三のバラマキ外交は、日本国民の労働が産んだ大企業の内部留保を、ばら撒いたのだったし。
日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp) https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788


金目の政治を変える国政選挙がやって来る?新しい生物生命の経済学、新自由主義は騙しみたいな?

対コロナは、治療薬ならば症状のある人だけの投薬。でもワクチンは世界市民全員に2回も3回も購入させる、それも税金から。最高の商売?製薬会社の「金目」は半端ないだろう。だから私達は、ワクチン効果と副作用を考えて、マスコミに煽られてしまうけれど、自分の今後の健康の為には、良く考えて行った方が良い?


国連の脱炭素も、科学的根拠は非常に怪しい?誰が何処で言い出したのやら?
①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

PAGE TOP