ブログ一覧

いのちの政治・コロナとの共生

どうしして、かん友=創価は、「Go To ・・」が今、そんなに必要なのだろうか?まだ止められない。新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長の方は、「高止まり」や「拡大継続」している地域では一時停止するよう求めた?


これって、結局選挙の為なのだろうか?国会で多数派を維持して税金じゃぶじゃぶを続けるため、そのために業界へ廻しているさまざまな利権、それが止めさせないのかも?もっと、もっと、なのかも?


こんなに危ない「Go To・・」を続ける目的は経済?と言っても、トラベルとイートが日本経済の中核なのだろうか?波及効果の程?コロナの中を、トラベルって移動だけど、自粛中なのにトラベル、コロナも一緒にトラベルするだろう?アクセルとブレーキを次々に踏むって、かん総理が自分でにこやかに言う国が、日本?


① 選挙のため?

今日のかん総理のテレビ出演、冒頭、「みなさん、こんにちは。ガースーです」とにこやかに挨拶して、「「Go To・・」は続けるそうだ。何かいつもの玉虫色、美しい言葉?


これだから国民の方は、政治家に本当のことを言わせる技術を開発しないとダメなのかも?日本語って断定が曖昧になるような言語なのか?それと砂川判決的な、黙っている事が良いことだ、見たいな風があるので、総理の側は嘘が通る?美しい言葉で通せる自信、その世界にどっぷりの政治だったのかも?


でも血税のゆくえ、税金が流されてしまうのだから?一部産業、かん友に中抜きやら、委託費やら、じゃぶじゃぶが続く?「全国旅行業協会」の会長って二階俊博・自民党幹事長、やっぱり自分達の選挙の為みたいだ?それらしい美しい言葉で嘘が通ってきた、その歴史が長いのかも?


② 国民の貧困化の中で

コロナの自粛、国民はみんな年収が減っていると思う。旅行や外食ができる人は恵まれていると思われる。母子家庭や不安定雇用の場合、生活費を切り詰めながらの毎日ではないだろうか?


安倍友=かん友=創価族は、政策執行時には委託先、中抜き先になって、潤ってきてているのか?そのために、耳ざわりの良い言い回しで、各省庁で政策をぶち上げて、予算を付けて、自分達に廻す?補助金は一種の買収資金のような構造になっているのかも?


そうでもないと、ここまで危ない「GoTo‥」?二階さんの選挙運動?ある意味政府に近い人達の選挙時の集票、買収のため?玉虫色の言葉で進め中なのだった?沖縄までもどんどんだったし、今は国民の命より選挙なの?これら税金、金額を探し、可視化して、中抜き、委託費の廻され方を追いかけて、それを国民生活底上げのために廻せないのか?コロナでもトラベルでは、国がコロナを広めているような?


③ 原発再稼働、安全対策費用も同じ?

コロナ対策では、オリンピックを追いかけていたこの2月から、感染の調査を進めたくない政府。で症状の無い感染者は市中を自由に動き回った筈?50代まではインフルの方が怖いのがコロナだとか?


政府与党側は、オリンピック開催という願望を、コロナ感染拡大の実態を不明にしておいて、国の政策にしていたの?そして「日本モデル」を示してコロナを押さえた日本方式とか誇っていたのが、前安倍総理。さすがの岸信介の孫、75年前の太平洋戦争の大本営政治とは相似形過ぎ?かも。


事実より願望、嘘で飾った自分達の面子?国民に対して国の権威で、騙し通して太平洋戦争は敗戦を迎えている。原発再稼働も同じ見たいな気がする?原発は「クリーンで安全」を名目に、沢山の天下り先がつくられて、調査、研究費用、汚徐費用、考えられる限りの名目で血税が廻されている?


④ 福島原発事故、被害者の命と生活

その上原子炉から出た使用済み核燃料(ウラン、プルトニウム)を取り出す再処理施設が底なしの税金を使い、暗礁に乗り上げている。これらを地質学的な時間、何十万年も保管し続ける経費は、今後は積算不可能かも?


福島の原発事故を受けて、世界のエネルギー事情は、先進国側から再生エネルギー(風力・水力・太陽光・藻類など)へと移動している。夢のエネルギーの見通しが否定的、ますます採算性を悪化させているから。


原子力エネルギーは、物質をエネルギーにしてしまう、莫大なエネルギー放出をどうコントロールできるのかが問題な技術、怖すぎだったかも?軍事利用なら破壊力だけが問題。でも平和利用はそうはいかない、エネルギー放出中の原子力のコントロール失調が大規模事故を呼んだ。これを隠蔽して進めた原子力の平和利用?だった。それが見えつつある?


⑤ コロナと原発とエネルギー節約技術

安価でも安全でもない原発だが、戦争の為なら、使用済み核燃料があれば、一両日で原子爆弾を製造できる能力があると?これが平和利用の衣を着せて、軍事用の重点施設にもなる?国民の命の危機を、玉虫色の言葉で原発を続けたい裏側は、軍事目的?これだったかも?


自公政権のコロナと原発?って、「国民の命より自分達の儲け?」みたいだ?日本では7か所も原発再稼働を進め、インドも似ている。ともに東洋における「大英帝国の夢の内側?」世界の先進国の動向(ドイツ・フランス等)は、脱原発して再生エネルギーへと向かいつつあるのだが。


世界のエネルギー事情だが、節約技術の開発が大きいかも?「発光ダイオード」ってどうだった?節約が凄かったかも?各分野の新技術(風力、地熱、太陽光、藻類など)はどうだろうか?原発の安全のための税金を、その方面の研究に向ける方が、税金がずっと生きるかも?


⑥ (国民の命より自分達の潤い)
このコロナの最中に、「Go Toトラベル」は、税金は自公の選挙用買収の世界になっているから?止められないの?後ろの日米密約は原発が必要なの?密約と自公の補助金、中抜き、委託費を廻すのが日本の買収選挙、その二人三脚で、日本のコロナ対策も進められている?オリンピックも、原発もそうなの?


そして米中貿易戦争、アラブの戦乱の中の国際政治?原発の裏側って、軍事的利用のために手放さない、アメリカの軍需産業共同体が口を開けているとも言う?旧大英帝国の夢達、アメリカの軍事産業共同体は、アラブへ、そして次は極東へ、自分達は安全圏かもしれないが?日本は75年前の敗戦国として、日米密約状態だから、国民の命が大切なのに。


⑦ 高齢者達の命より、自分達のお金

危険で高価な原子力発電所に民生の衣を着せて、再稼働を続けたい?原発+(使用済みウラン、プルトニウム)は一両日?で原子爆弾を製造?国内に膨大に広がる米軍基地、自衛隊基地と合わせてみると、かつての米ソ冷戦、今現在は米中貿易戦争、原発の意味、敵地攻撃の要みたいかも?


日本の国土全体は、ダレスが朝鮮戦争の頃に言ったように事実上の「潜在的な米軍の基地」なそうだ?米中貿易戦争のさ中、日本は敵国の攻撃目標にもなるのだろうか?国民の命より、当座の儲け、税金じゃぶじゃぶは、コロナも、原発も、同じ構造なのかも?


コロナ感染の拡大みたいな今だから、「Go To‥」を止めて、医療を守る政治かも?オリンピックの為に無症状者の感染を把握しないうちに、随分広がった国内のコロナかも?RNAウイルスって、突然変異も起こすというのに、自粛をさせる一方ではトラベルと言うのが不思議すぎ?


政治は国民の命と生活のために、税金を使う事だろうから?戦争、原発事故、コロナなどをどう回避できるかが、政治の良し悪しをきめるのかも?


⑧ コロナの実像とワクチン

そして今臨時国会では、国のワクチン巨額買い付けにかかる予防接種、改正予防接種法=新型コロナウイルスのワクチン接種費用を、国が全額負担し無料で実施が通ったいう。


でも私達の生活は、コロナ感染拡大という事で、随分変わっている。外に出る時はマスクは必需品、仕事もリモートが増え、外出も食料買い出しくらい、自粛、自粛が長引いている。人と話す機会も、交通機関の利用も随分と減った。


人間はもともと、相手の顔を見ながら、手ぶり身振りで会話、人と交流する事、言語を交わし合う事が、楽しいと言うのか、生きる目的みたいな生物種だった?それらが全部自粛をしている。それは人類の歴史性、社会文化性の否定と言ったら大げさだけれど、それだから鬱病に陥る人が多いのかも?高齢者の一人暮らしは身に染みてそう思う。


⑨ 命を大切にする政治へ

そしてコロナで消滅したインフル?らしい。発症者が46名だけのこの冬は謎?予防接種が年中行事だったインフル、でもコロナはインフルよりも短いサイクルで予防注射が必要だという?変異の速度が速く、どんどん変異して、免疫が消えていく?6か月?3か月とも?これがワクチン製造の大企業への、税金流しっぽい?凄い金額になるかも?


でもコロナウイルスは50代まではインフルの方が怖いというのだから、コロナ防疫についての科学的根拠とその妥当性吟味を丁寧にして欲しい。ワクチンの効果の持続性、私達の生活はワクチンのサイクルを追いかけるために目一杯になりそうだから?その経費も全額税金投入が今国会を通っている。アメリカや旧大英帝国側の製薬会社に流れる額は莫大だろう?


莫大な儲けを産む、税金が流れていくシステム、それがワクチン接種かも?そして「Go To・・」を続けるのだから、感染は嫌でも広まりそう?ワクチンで税金流し、委託費?そして原発再稼働は誰の為だったのだろうか?


⑩ 命の政治・・軍政より民政、コロナと共生の道

ここはちょっと立ち止まり、コロナの実像、その変異種の遺伝子解析、毒性把握を怠らずに、人間の免疫機構との関係から、対処療法的なワクチン、3か月や半年おきに、全国民ワクチン注射を待つ生活よりも、生活の安定、明日の医療の安心、親しい人々との交流を育む生活が、命をうるおす生活かも?


次世代の幸せ為に、日本国の政治の選択は、かん友=創価族とは真逆かも?地球温暖化の中で、コロナなどの新RNAウイルス感染の中で、原発を先頭に税金じゃぶじゃぶの政策、いわば税金による買収の政権を下ろして、その税金で嘘を言わない、財政透明化ではないのだろうか?


失業中の人や、志ある国民を直接雇い入れる、日本版ニューディールで、中抜きされてきた税金を、国民生活の底上げに廻す政権を願う。税金を大切に使いながら、その税金で事業展開、日本版ニューディールかも?


①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れ、食糧増産、国内物流の確保、生物多様性維持 ②空き家に手を入れて安心な公的賃貸住宅システム整備 ③平等で安心な医療介護システムを作り上げながら、安堵の国かも?


75年目の敗戦国、日米密約体制からの這い出し、アメリカからの兵糧攻めに備え、発展するアジアンの雄として歩みだす、その基礎固め、それは荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れる「緑と生物多様性保全」、日本版ニューディールはどうなの?
今「旧大英帝国の夢」のために道具として使い捨てられないため、その知恵が大切な日本。「生産工場の」国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、アメリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP