ブログ一覧

大本営政治への回帰、そんな風?

小池さんは出てこない?でも安倍晋三は(清和政策研究会)の会長に就任決定、現会長の細田博之元官房長官(77)が10日に衆院議長に選出されるからとか?


細田派は9日にも臨時の幹部会を開いて安倍氏を会長とする人事案を承認、11日の総会で細田派は「安倍派」となるんだ?最大派閥、高市さん支持の96名?


① 来月?安倍晋三はマレーシアへ

そして、来月上旬にはマレーシアへ特使?(岸田首相の決定)だと。3年前の2018/11/06 、マハティールさんが高齢(90才?)大統領就任、その直後訪日だった?マラッカ海峡のシンガポールが首府だった。


安倍晋三首相はマハティールと首相官邸で会談し、中国などからの融資で債務問題を抱えるマレーシアを支援するため、国際協力銀行(JBIC)の保証つきでマレーシアが日本で2千億円規模の円建て債券「サムライ債」を発行する準備」の合意だった。


コロナ前、安倍晋三夫妻が、モリカケ桜から逃げ回って外遊?その手土産は私達の血税だった?安倍元総理の外交は、凄いお土産だけで大歓迎される?今の貧困へ向かう日本から眺めると、その手土産の詳細を国民は知りたい?


② マレーシアの地理的位置

もしも太平洋上で、米中代理戦争、台湾戦争?を進めたい米国にとって、ここマレーシアの意味はどうなの?大金を持参されれば、誰でも歓迎されるのだろうが?今回は何が手土産なんだろうか?マハティール氏は「財政問題を解決する方法を提示して戴いた事に感謝」と言っている。


マレーシアは、イスラム教徒と華僑の混在していて、アジアの海運の最大の要所?マハティール氏はその後もう失脚しているが、「サムライ債」はどう動いている?日本の子ども達には、貧困で給食の無い夏休みは瘦せてしまう子供達が、結構居るんだけど?


マレーシア現政府の動向が、アメリカの進めたいアジアでの戦争願望、その戦況には重要だろう?今はイスラム系が少し勝ってるとか? 安倍晋三という、第二次大戦の記憶というのか、大本営政治の臭いというのか、それを使って動く外交って、どうだったんだろうか?


③ やっぱり小池百合子が出てきそう?

橋下玉木の憲法改悪のタイミングが怖い?維新は何を維新してどこへ運ぶのか?マスコミに超優遇されている人達?そのマスコミは創価電通の支配下にある?吉村さんは、都構想で2度の住民投票大金を投じて負けても、府民の意向より、上の意向?自民党を忖度の人?そうでないと創価電通のマスコミに、これほど頻回に登場はできない? 


しして世界中がコロナ禍でも、アフガンにはコロナが行かなかった事が印象的。あの戦乱の中の非コロナは何を語るの?そして次の戦場を太平洋と定めた、米国国防省の予算、税金の流れは、何処まで公開されるのだろうか?国家機密として誰ものぞけない、暗闇温泉?かもしれない?小池百合子さんは待機中みたいだし?


「金目」政治、市場の儲けが「善悪判断の基軸」、そういう資本主義の論理は、血税がここまで巨大な時代には、かつての共産主義国家と同じ弊害があるのかも?産業界を国家の規制・補助金などで、支配する


④ 国家資本主義=悪しき共産主義?
今の資本主義は、国家資本主義みたいだが、その上にカリスマ小池さんを乗せるんだ?国民は、忖度が礼儀の文化では危ない?忖度脱出、自分達の「いのち」を主軸に据えないと?


アメリカは地理的に安全な遠い所から、日本に代理戦争を期待している?自公の内閣は辺野古に血税を注ぎ込み中。憲法改正をしてアメリカの戦争に自衛隊を使いたいの?それで米国は日本を守らず?第二のアフガンにならないの?新しい奴隷の形でも無いだろうか、私の妄想であれば良いけれど?


衆院選の結果は出来過ぎ?アメリカの腰巾着政治をする憲法改悪?バトンタッチさせたい先(維新、創価、国民民主)がもっと腰巾着っぽい 国民の資産財産も、税制改革・相続税改革だと、国庫に没収して、アメリカ貢君のエスカレート?次の世代の日本人はみんなが貧困に落ちいるの?


⑤ 生暖かい11月・紫蘭が芽吹いた

また冬が来る?朝から17℃もあるこの秋だれど?バイオテクノロジー効果の花々が咲き続ける中を通り過ぎて、まだ夕顔の花も咲いている、東京の11月?日本のみらいのしあわせのために、76年目の敗戦状態からの脱出の時代かも?


戦勝国アメリカ、その「金目」の政治経済が極まっている?戦争もエネルギー政策もシェールガス採掘も大規模農業も、それら大規模な自然破壊も、「金目」の故だろうか?


「金目」より「人々のいのち」ではないだろうか?こういう不安の時代だから、感染症対策をしっかり敷く、そのための医療制度、国民の命の為の政治運営は? 10万円で目くらまししたい自公政権だろうか?バラマキで胡麻化されず、根っこから変えないと?社会保障制度(所得保障・住宅保障・利用制度)を練り上げる時代?日本版ニューディール・失業中の人材を国が直接雇い入れる?そういう時代を作ろう?


⑥ 「互恵互酬」「お互い様」かも

そして環境保全とともに、食糧増産の国家?「自分達の、自分達による、自分達の為の政治」かも?


自分達の「自由と民主主義」に合わないと、その文化、政治も、軍事力で潰してゆくのが、アメリカの手法だった?でも東洋社会の「互恵互酬」、「お互い様」も、良いのではないの?


「自由と民主主義」って、「他国は米国のルールで生きろ」、「我こそは理想の国家」みたいだ?その実、結構な格差社会になっていて、病気になれば家を売っての自助努力社会がアメリカ? かつての黒人奴隷、そしてホームレスの人々にとって、「自由と民主主義」の恩恵はあるのだろうか?どんどん貧困化の米国社会?


⑦ 民族自決かも
大本営式の嘘でも従うのが礼儀という、上を忖度の国民性? 安倍晋三・麻生太郎の祖父たちに、連れられて行った、終戦の悲惨を噛みしめて、踏みしめて。「嘘と金目」政治からの脱却? 一、二回の、一時金の10万で目くらましはされない方が良いかも? 


若い世代・子供達のみらいのために、「金目」政治・税金の動かし方に注目。大阪維新は大阪都構想の2回の投票にどれだけの税金を使っているのか?それに負けても、平気で都構想を止めないで進めている?嘘で囲えるメンタルなような?


先へ行って曲げられる政治公約は、無意味だから。来年の参議院選挙まで、しこしこじわじわ、若い世代のしあわせの日本の為に、嘘を暴きながら、終わりの始まりを作り出す事かも?


日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp)  https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788


国連の脱炭素も、科学的根拠は非常に怪しい?誰が何処で言い出したのやら?金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。新自由主義はどうなの?そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。
①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP