ブログ一覧

昨日のテレビのニュース

アメリカのオバマ元大統領は8日、気候変動問題を話し合う国連の会議、「COP26」で演説し、政治的な問題よりも温暖化対策を優先すべきと訴えたそうだ。


彼曰く・「日々の政治よりも優先すべきものが一つある。それは気候変動だ」オバマ氏はこのように述べ、政治的な問題を乗り越えて、各国が協力すべきと訴えたらしい?


その上、中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領がCOPを欠席したことについては「落胆した」などと批判、若い世代がデモなどを通して声を上げている事について、「あなたたちには怒る権利がある」と?「政治家に圧力をかけ続けるように呼びかけた」と。


①オバマさんとグレダさん

政治家に圧力をかけ続けるべき環境問題を、政治問題でないと言いきっている?そういうメンタルってどうなのか?何か、嘘の臭いがするんだけど?


温暖化対策、それはオバマさん達米国が言うには、CO2排出削減が焦点?それって政治的にしか、解決できないような?CO2削減は政治的な問題を乗り越える?非政治的にどう乗り越えるのか?


気候変動問題の解決の本筋が何処にあるのかは議論の分かれる所だろう?しかし多分、世界中の企業活動、「金目」を求めての森林伐採・シェールガス採掘の土壌汚染、地中生物・細菌類の抹殺?それら地球の生態系、「陸と海と空」を相手に、水の循環を痛めているような気がする?今の産業活動の影響?水の循環系(氷・水・水蒸気)の乱れは?


② 環境問題は喫急の政治問題?

アマゾンの森林資源、その炭酸同化(C2を吸ってO2を出しているんだけど?)はどう壊滅しつつあるの?アメリカの大地の土中細菌達、海の動植物達、サンゴ礁、それらが廻していた水循環は、「金目」の企業活動によって窒息しそうなのかも?ここに政治的に、対応しないと、地球上の生物システムは行き詰まる?


人間達は、これら地球の生態系保全、「金目」の経済活動の軌道修正、特に米国のシェールガス採掘の影響、そのデータが欲しい?そうしてコントロールを入れるべき?生態系を傷め過ぎの産業活動?それが喫急の政治問題かも?


気候変動に限らず、人間の生活は集団運営になっている。その運営を政治というのだろう?その中で生産関係と人間生活、生物生命の関係だから?政治問題を抜きに協力って、どうなのか?人道的ではなく「金目」の修正かも?それは政治?政治問題でない?それって嘘っぽい?


③ 世界世論の目くらまし?

グレダさん効果って、環境破壊は政治問題ではなく、大人対子供の問題だと言う方向へ、目くらまし?みたいな気もする?地球温暖化と地球環境・生態系破壊の関係を外すわけでもないだろうが?


「金目」の産業活動・生産活動が、アマゾンの森林伐採やシェールガス掘削の大地の中の生物(細菌・虫・小動物)破壊を進めつつある事、その地球上の水の循環、太陽エネルギーの循環との相互の影響はどうなのか?データが必要?


それらは各データの真実を政治問題として、政策を議論するのでは?それを止めたい、大人と子供の対立にして、大人が子供に謝るか否かみたいな?


④ 多様性社会?

多様な観点を出し合い、その方策について、政治判断をしながらではないだろうか?オバマさん達アメリカサイドは、環境破壊的な産業活動に対する世界市民の目を反らしたいの?目くらまし?何故グレダさんは世界のマスメディアの寵児なんだろうか?オバマさんは、嘘舞台の役者なの?


地球温暖化は、地球物理学的な循環現象な可能性も否定できない?そして産業革命以降の人間社会の産業活動が、地球上の生態系バランスを壊しつつある、その結果なのかも?それら多様な意見があり得る?多様な議論を経た、政治判断、試行錯誤を経た政策でないと?


21世紀の世界で、国家の政治に覆われない人間活動は、無人島にでも流されない限り、不可能だろう。自分達が生きる社会の中で、多様な見解を出し合いながら、情報交換しながら、問題解決の政治が、人類の未来を拓く鍵かも知れない?


⑤ 多様性・違う意見と出会うから成長できる?

政治問題を抜きにして、何を越えられる?考えさせないための理屈でない事を祈る?この度大躍進の維新も臨時国会に向けて、科学技術・イノベーション推進特別委の廃止・改変を提案する方針、「統廃合に強いこだわりを見せて」一本化?進次郎のガバナンス!みたいな?


安倍晋三も菅義偉も、学術会議に政府系の学者だけを集めたい政治家だった。多様な意見が一堂に会して、いろいろ議論を交わし学び合う、その上で当座の政策、政治を進めるのが、民主主義なのに。そう言えば大本営政治は、いつも満場一致、だって他の意見を禁じた上で進めるのだから?


コロナを越えて、不安な時代だからこそ、衆議公論に決すべし?いまこそ多様な意見を出して、未来を手に入れる時代なのかもう?自分達に近い考えでないと排除する?目くらまし、思考停止、唯我独尊?今の維新達の科学技術のイノヴェーションの一本化、学術会議問題も、同じ筋のような?


⑥ 立憲民主党の党首選

そして枝野さんはもう退陣?小池百合子さんの「排除します」への対応は、見事だったかも?で次は辻元さんとか、蓮舫さんとか、森裕子さんを推すのが山本太郎だが?共産党は、志位さんは枝野さん?


森さんは理詰めでデータも使えた?で今後の政策論争、それは「金目」の炙り出し。その「金目」に乗って潤い、マスコミ支配して国民の目くらまし?その創価公明党・自民党の意の儘の税金廻し、その炙り出し?それを社会保障へとまわす為?その政治力、事務能力みたいだ?


法曹職は理念と法解釈でだけで終わらず、「金目」に切り込む人、数字を追いかける人でないと危ない?共産党左翼系弁護士・学者(国立大教授連)達は、最高裁事務総局の駒として使われている部分もある?共産党系知識人なら大丈夫でもないのが、日本のインテリ達?


⑦ ガラガラ・ポーンも良いかも?

左翼的理念や遠い政治目的で、目くらましされず。血税の流れ方・税金の廻しかた・中抜き・委託の額・その血税の使い方を具体的に暴いていく、事務能力かも?


世界も日本も、マスコミの嘘舞台が続く?オバマさんは、黒人の肌をした、米国CIAの役者かも?グレダさんの舌鋒鋭も、目くらましなの?世界中のマスコミの寵児は怪しい理論を建てている?それらの嘘を見抜き、「金目」の経済活動を「いのち」の経済・産業活動・環境保全かも?


創価「ムサシ」の集票活動までが怪しい?日本の政治?それってどうなの?温暖化に対応する道は、それこそ最大の政治問題だ?社会的、国家的対応、最大の政治問題、地球温暖化問題?大規模な産業活動が痛める、地球環境破壊とリンクしていそうな? 


⑧ 「互恵互酬」「お互い様」かも

環境保全+食糧増産の国?「自分達の、自分達による、自分達の為の政治」?自分達の「自由と民主主義」に合わないと、その文化、政治も、軍事力で潰してゆくのが、アメリカの手法だった。でも東洋社会の「互恵互酬」、「お互い様」も、良いのではないだろうか?


バラマキで胡麻化されず、根っこから変えないと?社会保障制度(所得保障・住宅保障・利用制度)を練り上げる時代?日本版ニューディール・失業中の人材を国が直接雇い入れる?


大阪維新は大阪都構想の2回の投票にどれだけの税金を使っているのか?それに負けても、平気で都構想を止めないで進めている?嘘で囲えるメンタルなような?


先へ行って曲げられる政治公約は、無意味だから。来年の参議院選挙まで、しこしこじわじわ、若い世代のしあわせの日本の為に、嘘を暴きながら、終わりの始まりを作り上げる事かも?


日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp)  https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788


国連の脱炭素も、科学的根拠は非常に怪しい?誰が何処で言い出したのやら?金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。新自由主義はどうなの?そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。
①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP