ブログ一覧

人を殺す正義って、あるのかな?

やっぱり、と私は思う。橋下さんと玉木さん(国民民主党代表)が、改憲で一致なそうだ。、今後は維新と玉木さん達が合流で、今度の選挙の連れ行く先が、ますます不安が見えてくる?戦争に正義はあるのかな?


この選挙の結果から引き起こされることは何なの?それを想定しながら、21世紀の日本人のしあわせ、戦争ではなく、互恵互酬の「お互い様」、そうして少子高齢化社会を越える道、その灯りをともす為に、いろいろな役割を分かち合うみらい社会はどうなの?


①アフガン後の世界のゆくへ

平和憲法を外し、コロナ等感染症対策を理由にして、国民には行動制限を増やし、上を忖度社会、疑っては失礼の社会を越えよう。創価電通と橋下・玉木コンビは何処に日本を連れ行くの? 


21世紀の戦争は、辺野古基地を必要とするの?核兵器の応酬にはならないの?当事国国民は、生き残こっても?広汎で深い健康被害にならないの?


8月末のアフガンの撤退、当事国アフガンの首相が「いの一番」にドル札を積んで、積み残した分が空港に残されたとか?アラブ首長国連邦へと逃げ出している?真偽のほどはどうなのか?こうした「金目」戦争の社会、平和って本当に大切?


② アフガンの不思議

なぜか?世界中がコロナの中でも、アフガンにはコロナが全く来なかった?それがコロナの正体を語っている?米国の都合で出没する?そしてアフガン後、米国の動きは、太平洋上で米中対立のエスカレートしている?


アフガンの戦争って「戦争を事業とする民間企業」への米国の委託事業だったらしい?それではいつも事業継続のため、世界中のどこかで戦争が欲しいだろう?こじつけ理由でも戦場が必要な、「米国とその戦争の委託事業者達」?


③ 対中国との戦争が欲しいの?

で、2021/08/31にアフガンを撤退し、2021/09/16には、米英豪による新たな安全保障協力の枠組み「AUKUS(オーカス)「日米豪印4カ国戦略対話(Quadrilateral Security Dialogue)」がs創設されているのが怖い。


その1年程前(既にトランプ大統領のアフガン撤退を受けて?)に、2019年のクワット(日本、米国、オーストラリア、インド)による外交・安全保障の協力体制「日米豪印4カ国戦略対話」を発足していた。


アフガン後、半月で動いた「AUKUS(オーカス)「日米豪印4カ国戦略対話」はちょっと急ぎ過ぎ?どうでもこの海域で、アフガン後、間髪を入れずに、戦争という委託事業を進めるべく、民間会社・軍事産業共同体を抱いて、米国政府は動いている、かも?


④ 辺野古米軍基地・日本政府負担?

2001/09/11のニューヨークのトレードセンタービルの事件の後、次ぎ次ぎにアラブでの戦争だった20年、その最後尾アフガンから、次はアジア太平洋へ向かうの?原子力潜水艦が事故ったらどうなるの?なぜ米軍基地辺野古移設、日本側の予算で建設を急ぐの、予算の規模を言わないの?


「自民党新総裁に前党政調会長の岸田文雄氏が選出されたことについて、沖縄県の玉城デニー知事は29日、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古新基地建設問題について『いったん工事を中止して、沖縄側と、ぜひ対話をしていただきたい』と述べ、建設に県側との協議の場を持つよう求めた。」のに?


今アフガン後の世界、アフガンでの戦闘に敗れた「民間の軍事産業達」が、次の戦場を米中対立、その代理戦争、台湾と中国の戦争として開始したい?


⑤ アフガン戦争後の旧大英帝国の夢達

その流れを受けた、米国の意志を背にした今回の衆議院選挙、ムサシの開票結果ではない事を祈る?日本を戦争ができる国に変えたい、急いで?その橋下玉木維新でない事を祈る?


米国のアフガン戦争は、「死者は米兵が7052人▽敵対した兵士が30万人前後▽市民が36万~38万人▽ジャーナリストらは680人」、報告書は「米政府は9・11後の戦争コストの推計を出していない。この報告は部分的なコストに過ぎない」としている。


この戦争の、戦争を事業にする民間会社「軍事産業」への委託事業が怖い・その米国国防費・国家財政、財務報告はどうなっているのか、米国民は知らないでどうするの?


⑥ 辺野古への米軍基地移転は無理筋

アフガン後のアメリカの意志が動いている?太平洋上、台湾近海での対中国との緊張?そうなれば遠く辺野古は戦争の為の地理的位置、工事は日本人の血税を使って、米軍基地を急いでいる日本政府?


で対中国戦、台湾近海?で辺野古から出撃がしたい?これが空想である事を願うけれど?軟弱地盤で工事の先行きは見えず?だから、好きなだけ、国防費から引っ張れる工事費、与党系の土木屋さんが潤うため?予算規模と工事の見通しを是非、デニーさんに聞き出してもらいたい?国民の血税は水の泡かもよ? 


その上、米軍基地があるからこそ攻撃されそうな時代だろうか?日米同盟は、アメリカが世界中に進軍する国であれば、その相手国から攻撃の理由に?76年前の敗戦国であっても、もう米国とも、是々非々が必要な時代ではないだろうか?アメリカの腰巾着である事が、攻撃される理由になりそうな?


⑦ 橋下玉木の憲法改正のタイミングが怖い?

アメリカは安全な遠い場所から、日本に代理戦争を期待している?自公の内閣は辺野古に血税を注ぎ込み中。憲法改悪をしてアメリカの戦争に自衛隊を使いたいの?それでも米国は、日本を守らず?日本は第二のアフガンにならないの?


衆院選の結果は出来過ぎ?アメリカの腰巾着政治をする憲法改悪?バトンタッチさせたい先(維新、創価、国民民主)がもっと腰巾着?国民の財産も、税制改革・相続税改革で国庫に没収して、アメリカ貢君のエスカレート?次世代の日本人達は、金持ちでも貧困化だろうか?


⑧ 落ち葉、舞いちる街々

また冬が来る?落ち葉が地面を覆うようになった。まだ夕顔の花が3つも咲いているのが今年の不思議?この冬はもうコロナではなく、インフルだと言うのも不思議?コロナの実像、選挙結果の実像を結びたい?


こういう不安の時代だから、感染症対策をしっかり敷く、そのための医療制度、国民の命の為の政治運営は、10万円で目くらまししたい自公政権?バラマキで胡麻化されず、根っこから変えないと?社会保障制度(所得保障・住宅保障・利用制度)を練り上げる時代、政治が待たれる?


そして環境保全と食糧増産の国家?「自分達の、自分達による、自分達の為の政治」、委託・中抜きで潤う(創価学会公明党・自民党)だが、それを改革風にして、玉木・橋下・細野豪志さん達が加わって、凄く米国追随の戦争国家へと運ばれるとか、妄想が走るんだけど?


⑧ 「互恵互酬」「お互い様」かも

自分達の「自由と民主主義」に合わないと、その文化、政治も、軍事力で潰してゆくのが、アメリカの手法だった。でも東洋社会の「互恵互酬」、「お互い様」の方が良い?独裁者ってどんな基準なの?酷いフェイク、複雑な嘘ストーリー、合言葉は「凄腕の詐欺師」として虐められた私、その目からみると、どうでも空想的に、レッテルは貼れるのだった。


「自由と民主主義」って、「他国も米国のルールで生きろ」、我こそは理想の国家みたいだ?その実、嘘で包まれた格差社会にも見える?病気になれば家を売って自助努力社会アメリカ。かつての黒人奴隷、そしてホームレスの人々にとって、「自由と民主主義」の恩恵はどうなの?どんどん貧困化、ホームレスやフードスタンプの米国社会?


⑨ 民族自決かも

もう、大本営式の嘘に従うのが礼儀という、上を忖度の国民性から、脱出ではないだろうか?「嘘と金目」政治からの脱却?一、二回で終わる、一時金の10万で目くらましはされない方が良い?維新や小池知事の動きに注目かも? 


若い世代・子供達のみらいのために、「金目」政治・税金の動かし方に注目。大阪維新は大阪都構想の2回の投票にどれだけの税金を使っているのか?それに負けても、平気で都構想を止めないで進めている?嘘で囲えるメンタルなような?


先へ行って曲げられる政治公約は、無意味だから。来年の参議院選挙まで、しこしこじわじわ、若い世代のしあわせの日本の為に、嘘を暴きながら、終わりの始まりを作り上げる事かも?


日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp)  https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788


国連の脱炭素も、科学的根拠は非常に怪しい?誰が何処で言い出したのやら?金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。新自由主義はどうなの?そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。
①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP