ブログ一覧

不安定雇用社会から安心社会へ

不思議な選挙結果、細野豪志さんは、静岡地元の為に働くんだと?よっぽど、静岡県民の実情は、細野さんに冷たかったのだろう?それでも集票作業を経ると、大勝利になったんだ?本当の投票率?本当の結果はどうなんだろう?今も疑問が湧いて来る?


世界標準の選挙の実施スタイル・集票・結果広報まで、各自治体・役所の選挙管理委員会の実際を知りたい?枝野さんは退陣・この人はなぜトヨタ労組・安定雇用層、全労働者の6%?だとかの労組と同道だったの?まるで労働貴族の為の政治かも?それからの決別、脱貧困の立憲民主にはなれなかったのだろうか?


① 創価はまた現金支給だ

創価は、今度は、子どもを持つ世帯、子供一人一律10万円の支給金を提案して、受け入れられそうだ?例の10万円、あの子ども版だろう?玉木さんは200万以下で暮らす子供のいない世帯は、これではダメだとか言い出してニュースにしてもらっている?


どっちでも、一回や二回の単発ではどうなの?これってバラマキ?国民の当座の人気取りっぽい?目くらましの給付?それでも無いよりは、とても良いだろう。


今後は、コロナ禍で失業状態の国民も結構増えていく?なので最低生活費までの所得不足分を補填できる、新しい生活保護制度を問題にしないと危ない?フランスみたいに。30年も前に保革反対せず(国会での反対議員は3名だけ)に、1988/12の国会を通し、12月に即実施、3年間で200万の若者、稼得年齢層が使った、フランスには新しい生活保護制度がある。


なので、一時金よりも新生活保護制度、フランスのように新しい生活保護(エレミ)のような制度だ。でもその施行、実施のための、役所等執行側の練習にはなるかもね?


② 選挙をハロウィンとぶっつけた?

今度の選挙を巡る、創価電通が支配しているマスコミのニュースを切り抜いておこう?国民に自分達の悪政を忘れさせる為、仕込まれたびっくりニュースも多い?真子様ニュース、記者会見を選挙5日前に仕込んで、当日はハロウィンだった?国民は本当にバカにされている?


お祭り騒ぎにして、国民の政治への考えを封印できる、そういう舞台設定がマスコミの仕事?そうして放送すれば、税金から、ドンドン、バンバン、引っ張ってもらえる。日本の役所は税金を取り立てる時は熱心でいろいろ工夫する。今年の個人事業税は、細かい調査をして、昨日届いた請求書である。


だって血税の使い方、廻し方は森友・加計・さくらだし、五輪の赤字はどうなる?新型コロナの予算執行は杜撰。国民全員に2回も3回も売りつけるのがワクチンだし。自民党内で資金配分の大権を握る茂木幹事長の脱税が凄いのだし?これでいいのか、血税の廻し方。国民はここをしっかり眺めて、次の選挙かも?


改めて、創価関連への流れは凄すぎだこの政権を退陣させないと国民は危ない?
巨額投じた国の新型コロナ対策 浮かび上がるずさんな予算執行 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル (asahi.com)
https://www.asahi.com/articles/ASPC5530FPC2UTIL051.html


③ 世界のコロナ・感染症事情?

暖かすぎる11月6日、桜の葉っぱ、高い所が赤く染まり始めて、でも下方の枝には緑が沢山残る?欅も、白樺も、植物の命は、生き延びるために、いろいろと枝を広げる、こういう貪欲さが、いのちを繋いできたのだろか?


新型コロナ、今度はドイツ(メルケル中道から緑の党―左派?へと、政権が移った国)にコロナ新種騒ぎが起こっている?コロナのようなmRNAウイルスは、変異が激しいので、中世期のペストのように地球規模で広がる前に、変異を重ねて弱毒化するような気がする?


この性質が生物兵器として利用される所以かも?全人類への脅威ではなく、局地的だから?局地的に終わる変異種だから、政治的な条件を読まれて、それぞれの強さで拡散される?これに対して、庶民としては健康生活、免疫力アップが最良の対抗策みたいな?


④ アフガンとイランの政情比較

今日本の政治の注目点は、アフガンにいた民間の戦争会社(軍事産業共同体たち)が、太平洋上へ、台湾近海へと移って、戦争を事業として展開する予定を進めている事?これが最重要だろう。


20年前は、アフガンへ、アラブへと「独裁者の退治」を銘打っての米国海外派兵だった?それから原油埋蔵量が凄いアラブ地域は、戦乱の中に沈んでいったのだったのかも?


イランだけは長年内乱を回避しているのは、1979年のイラン革命でパーレビ国王(アメリカの傀儡?)を排して、国号をイラン=イスラーム共和国と改めたシーア派の指導する国家として出発した国だから?
この時に、メジャーズ(国際石油資本)が革命の混乱を避けて撤退したのを受けて、石油国有化に踏み切り、資源保護の立場から石油輸出を制限する措置を打ち出した国だったと。


⑤ アラブ、これからはアフリカも紛争地?

他のアラブ諸国?イランのフセインは独裁者として米軍の派兵下で処刑された。リビアのカダフィは虐殺、陰惨に死んでいった。この人の正式な呼称は「大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国の元首」だったんだ。シリアのアサド大統領も同じく独裁者として米軍派兵だったが、生き残っている。原油の埋蔵量の多い所へ、全て米軍系が進駐するんだ?


いま現在はエチオピア、コンゴ共和国は金や銅、スズ、ダイヤモンド、コバルト、ウラン(ウラニウム)、コルタンなどの鉱山資源、レアメタルを巡って国際紛争だ?今後の動きは?


北半球の豊かな国々とは、グレダさんの表現だが、南半球の豊かな国、オーストラリアは太平洋上での対中国戦・台湾を巡る重要な環として、原潜の輸入を進めている所。極東の日本の地理的位置は、こうした米国の腰巾着なので怖いかも?日本の地理的位置は今後の米国の戦争にとって最重要になるだろうし?


⑥ 地球環境とグレダさんの言い分

そしてもう19才?グレダさんが世界中のマスコミで、大きく報道されるのは、どういう訳なのか?スウェーデンの事情が良く分からないけれど?16才頃?からその政治的主張で、世界のマスコミに報道されるのは珍しい?


で、地球温暖化は石炭燃料の大気中へのCO2が主要原因と言う、国連の立場を強烈に支持しているような?石炭燃料の廃止に動かない大人の世界を、歯切れよく批判している?大人のせいには違いないが?


今の環境汚染だけれど、大人対子供という対立軸はどうなの?こういう対立軸の設定は、事の本質・環境よりも生物生命よりも「金目」経済活動優先という、これまでの世界政治の基本線の問題が隠れてしまう?


⑦ 論点外し?「大人と子ども対立」

「金目」経済活動への批判をズレさせるグレダさんかも?地球温暖化は大気中のCO2よりも大きな問題がありそうだ?


生態系破壊(アマゾンの森林伐採やアメリカのシェールガス採掘による、大地・地中細菌の大規模滅却等)が引き起こす、地球上の水資源の循環(氷→水・海→水蒸気)の破壊の方が、影響は大きいような気がする?


少女の頃から世界のマスコミの寵児、グレダさんの主張って、大切な観点をズレさせる効果がありそうな?

⑧ 76年を迎えて・戦勝国アメリカからの真の独立

なので、第二次大戦の敗戦国日本であっても、戦勝国米国の太平洋上、台湾辺りの戦闘になったとしても、対米独立・対中独立の日本の道を堅持ではないだろうか?「金目」の戦争・民間の軍事産業共同体への委託事業だった戦争、日本の自衛隊は、事実上の主戦力にされてはいられない?自衛隊の若い命、日本人達の命を抱いて、核戦争のリスクは負えない?


敗戦国日本は、今では戦勝国アメリカへの貢君となっている。安倍晋三が7年9カ月だったか、続けられたのは、米国への貢君だから。そして支持者への税金横流し、「金目」を続けて、忖度させる事も大きい?で支持者の側は、大本営式の嘘に従うのが礼儀という、上を忖度の国民性は反省、外して本音かも?


今の自公政治はずさんな税金使い方、森友・加計・さくらなど、電通創価への委託・中抜きに目を向けよう?


⑨「嘘と金目」政治からの脱却?

税金を、企業の内部留保を、米国に流されて、国民は貧困化へと堕とされている?日本の国情?一時金の10万で目くらましはされない事かも?小池都知事と・維新がどう動くのか?維新や小池知事、創価の動きに注目かも?


あれやこれや、国民は先入観をから自由になって、高齢者・若い世代・子供達の「みらい」のために、「金目」政治・その税金の動かし方に注目?大阪維新は大阪都構想の2回の投票にどれだけの税金を使っているのか?それに負けても、平気で都構想を止めないで進めている?嘘で囲えるメンタルなような?


この事実をよく眺めわたし、信頼できる、嘘のない政治でないと、どんな議論も、曲げられる?嘘を暴くのは、「金目」の筋、税金の流し方、それが嘘を暴く確かな事実関係かも?マスコミの嘘舞台の役者達が、維新達だし?


⑩ 小池・橋下(大本営政治)ゾンビのようによみがえる?
小池・橋下の大本営政治の復活・安倍晋三麻生太郎の祖父の手法がゾンビのようによみがえると言う妄想が走ってしまう?


嘘が無ければ、共産党も良し、嘘で進められた大本営政治の行く末、敗戦時の一般国民・引揚者達を思い返しながら、先へ行って曲げられる政治公約は、無意味だから。来年の参議院選挙まで、しこしこじわじわ、若い世代のしあわせの日本の為に、嘘を暴きながら、終わりの始まりを作り上げる事かも?


米国に従う自公政権、それが長期政権の所以だった?米国の腰巾着だから守られていた?アフガン後の米国は、敗戦国日本への要求はエスカレート?するだろう。76年を経て、安倍晋三のバラマキ外交は、日本国民の労働が産んだ大企業の内部留保を、ばら撒いたのだったし。
日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp)  https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788


コロナの実像は不明、この冬はインフルだと?治療薬ならば症状のある人だけの投薬だが、ワクチンは世界市民全員に2回も3回も購入させる、それも税金から。最高の商売だ、大手製薬会社の「金目」は半端ないだろう。ワクチン効果と副作用、マスコミに煽られてしまうけれど、自分の今後の健康の為には、良く考えて行った方が良い?


国連の脱炭素も、科学的根拠は非常に怪しい?誰が何処で言い出したのやら?金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。新自由主義はどうなの?そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。
①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP