ブログ一覧

菅義偉、「朕は国家なり」?

アメリカの現大統領はトランプさん、コロナ感染で入院治療中、その病状について、世界中のマスコミの様々な報道って、これがマスメディアなんだ?それぞれの都合でいろいろと書き込んでいる、それを世界に大規模拡散するシステムにも見える?

重症で危ないのか?でもこのワクチンで、回復後は人格コントロールされる?おとなしくなるの?それとも、全然平気で政権復帰なの?どうなのか、それは今後、歴史が語るんだろうが?退院しても、大統領選挙はどう運ぶ?健康状態は?
 
① 日本学術会議の任命拒否事件

「日本学術会議」の任命拒否の件、菅総理は内閣記者会のインタビューで、「国の予算およ10億円が毎年支出されていて会員は特別国家公務員であること、現在の会員は自分の後任を指名することも可能な仕組み」なので「6人を任命しなかったことについて学問の自由の侵害でないと発言。


これを自公の議員達って、そのまま「よいしょ」している?憲法規定も慣習慣例も無視、「前例踏襲は良いのか?」って言った。これが「総理の個人的な感想、考え」?憲法規定は何のためにあるのかが不明みたいだ?


コモンロー諸国では判例法という、慣例慣習が慣習法として、君主の横暴を押さえる為に蓄積されてきた歴史。その方向で近代社会は歴史を重ねてきたと思っていた?何しろフランスの絶対王政、ルイ14世(太陽王)は戦争に次ぐ戦争で戦費拡大、財政破綻、とうとう孫の代でフランス革命が起きたのだった。


② 為政者の独裁をどう抑えるか?

時の政権、為政者が自分の解釈を自由と言うのか勝手というのか恣意に進め、国策を誤り、国民に重税を課したりが相次ぐ中、近代国家以前の西欧社会(日本の江戸時代)は、国民と国王貴族たちが揉めた訳だ。


その歴史の中から、三権分立、普通選挙、憲法が産まれて、独裁者を縛る途が工夫されていると、学校でも習った?その市民、国民の声?憲法にまで規定されているフランス国歌、ラ・マルセイユズだとか。C’est nous qu’on ose méditer De rendre à l’antique esclavage !(奴らは我らに対して企んでいる 昔のような奴隷に戻そうと!)と歌う?


この6番は「我らの旗の下に 勝利の女神よ汝の勇士の声の下に 駆けつけたまえ!」だと。でも21世紀の日本では、菅総理の方は「憲法も慣例慣習も無視」して良し、かねての疑問「前例踏襲は良いのか?」これは「我こそ国家なり?」との宣言みたいな?


② 江戸時代風、「お犬様」も有り?

この人のブレーンは、みんなこういう人達が集っている?憲法より慣習法より総理の意向?江戸の将軍家と同じかも?「お犬様」も有りになる?進次郎のガバナンス!が運ぶのだし?

誰も反対できないガバナンス?のような。でも政治とは、何よりも国民の幸せ、国家の安定、いろいろな考えを認め合い、生かし合って国力安定へと向かうための努力かも?現政権、菅義偉総理の考え方って、変えないといけない程の独裁型?みたいな。


学術と言うのか、学問は、いろいろな学問の目を通して、国難に向かいそうな政治の偏り、司法判断の偏りなどに、多様な見地を入れこむという大切な役割があるのかも?その役割をどう担保するの?今この政権は、言った後で、言い訳をいろいろ探し中なのかも?任命拒否の判断基準としては、菅総理の気持ち以外、総理は言えていない?


「憲法より、慣習法より、総理の一存!」そう言う国家は、21世紀の核兵器の規模からいえば、大本営の太平洋戦争以上の危険がある?「総合的、俯瞰的活動を確保」も、自分の望遠鏡しか使わないの?偏りは誰が正すの?


④ 官邸の一存?自分の一存?

何が正しかったのかは、歴史的評価を待つしかない?でも総理の気持ちが一番だという政権ならば、その未来は、どうだろうか?総合的俯瞰的活動も自分の意に添わないとダメ、辺野古も桜も森友加計も賛成でないと?ダメみたいだが?


これでは全然総合的でなく、俯瞰と言っても、自分の意向だけ、一方位で偏っている?かも。日米密約下の日本の防衛、中国、朝鮮、ロシアに国境を接したこの地理的位置にあって、アメリカ一辺倒、米軍基地と自衛隊の基地を国内にちりばめて、自衛隊の指揮権をアメリカが握っている21世紀の日本で、これでは怖いかも?


国民は家族の命が、太平洋戦争のような悲惨を舐めない為に、命と生活を守る視点で、この総理の「憲法も、慣習慣例も無視する、自分の一存」、それをマスコミ買収の支配で運ぼうとする政権って、危なくないか?


⑤ 国政のリスク管理、そのための活動かも?

多分、近代法の大原則は、絶対王政時代のわがままな税金、拷問などの、沢山の犠牲、血と断頭台を超えて、西欧近代社会がたどり着いた?それを無視して、何か江戸時代風、将軍家風、「お犬様」政治も有り難く忖度せよ!みたいになりそうな?誰が歯止めをかけられる?


歴史を総合的、俯瞰的に眺めてみれば、総理の一存、官邸の一存に乗っても良いのか?太平洋戦争敗戦時の悲惨、広島長崎東京大空襲、そしてアジアの国々での屍累々の若き日本兵、そして現地の人々の犠牲は、悲惨すぎではなかったか?


それらを俯瞰的、総合的に眺めまわす21世紀、令和の日本なのではないだろうか?色々な目線で検討した上で、政治経済各分野の重鎮の目線を生かす事が肝かも?国民の幸せに直結するのが政治なのだから、危ない動きへの警鐘が大切、それを担保しておくこと、日本学術会議の社会的役割かも?この政権では特に大切だろう。


最大の政治のリスク管理、これは学問の自由そのもの根幹だろうに?時の政権と同じでないとダメなんて、学問の自由の侵害そのものなのに?


⑥ アメリカ追随、従属のゆくえ

学術、学問について、他分野他領域の内容まで見通す事は一人の人間の知的活動としては無理、不可能である以上、各学問分野の自立性、自己決定性を守る事が、国家の政治世界の「総合的・俯瞰的活動を担保」の必要不可欠で、大切なのかも?


この総理の実力では、アメリカ主流派、CIAの後ろ盾が無ければ、政権を維持できない程度ではないだろうか?本人もそれは承知の国連の演説であろう。絶対にアメリカ服従でないと政権は維持できない?なので政権維持のために総理の一存が連発されそうな?


アメリカは今世紀の全ての戦争に噛んでいる?なので、アメリカ軍の基地だらけ、アメリカが指揮権を握る自衛隊基地、これらが様々な戦争勃発時は、攻撃目標にならないという保証はない?アメリカの緊急時に、アメリカの意に添えない時には、再稼働中の原発事故もあり得る?日本は、いかんせん、中ロ米と国境を接している。この地理的条件は本当に怖い?


⑦ 国民の命と生活が一番

なので、75年前の敗戦の軛(くびき)、日米密約の下、国民の命と生活を守るためには?国内の食糧生産と物流確保、安心な公的賃貸住宅システムの整備ではないだろうか?望めば一生でも住める安心な家があれば、国民はいろいろと工夫して、自分の力を生かす途もあるかも?事業開拓、商売開拓、社会貢献、再挑戦とか?


食糧輸入などに関税をかけられても、社会保障で下支えの有る社会、食糧と住まいと医療を国内で確保できるなら、賢い子供達を産み育てる、国力の涵養ができる。今の安倍友=すが友=創価族(電通・博報堂・税金の中抜き組織)の税金の廻し方を精査しよう。そして中抜き税金を、直接国民に廻す政策政権へと、乗り換えなんではないのか?


会計の分かる専門家、法律の分かる専門家、経済の分かる専門家、医療介護の現場が分かる専門家、その人達の総和、総合的・俯瞰的に、いろいろな考え方の経済学者、政治学者の目線が、「総合的、俯瞰的活動を確保」する政権を育てる?


⑧ 大企業より、中小企業支援
菅義偉総理の個人的希望、この人の意向は米中貿易戦争が、もしも極東での米中代理戦争に突っ込むような時には、アメリカが望めば、自分の権力維持のために、いろいろな理屈をつけて突っ込んでも平気な人かも?


次世代の幸せを想うと、この菅政権、自公政権から降りて、みんなで確実に乗り換えないと怖い?そのためには、国内の一次産業を興して食糧、物流の確保と安心な公的賃貸住宅システムの整備の中で、大企業より中小企業の応援かも?


従業員の賃金抑制でグローバル競争を進める大企業にばかり、税金が投入されている?税金を直接国民に廻して内需拡大の政権だろう?現菅義偉総理の真逆、脱「賄賂政治」でないとできない?


今、日の光の下で庭の金木犀が咲いている。植木屋さんに刈り込まれた木全体が円柱状だ。その頭が丸くて、この木が「雀のお宿」のよう。金色の花が香るこの国、しあわせのしろい花も咲き並ぶ日を、きっと迎えたい。この政権は乗り換え時?乗り換えないと危ない2020年、今日の薄曇りの空が警告中?


今こそ、脱「自民党安倍忖度」。「正直文化」で、若い人財を励まそう。生産工場の国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、アメリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

PAGE TOP