ブログ一覧

今日の国会演説・ゼレンスキー

さくらのつぼみも膨み、臨家のさくらの古木が雨の中で揺れている。カトリック教会のクロッカスの花、黄色、青、そして白い花も咲き出し、春は弥生の雨日和。で、電力ひっ迫?突発停電の規模は200万~300世帯…電力供給の今後の見通し?


2011年の東日本大震災による停電の教訓を踏まえ、翌の2012年につくられていた警報だと、でも警報は今回が初めて?電力不足の原因は「地震」と「気温低下」だと?地震の後っていつも低温のような?3.11の後も肌寒かった?何か人為を思う?


① 世界の惨事と「金目」の国家

原子力村の面々、どうでも天下り先が欲しい?ずいぶん沢山安全の為として公益法人を揃えた?そのリストが30以上?いろいろな部署の部長クラスは天下り先が、こうして確保できるんだ?原子力村の構造解明が必要かも?国民の貧困化が心配なコロナ後?


この金目の団結が、世界中でチェルブノイリ・福島の惨事でも、子々孫々への影響が危惧されても、自分達だけが潤いたい?それが日本も、ウクライナも?同じく、いのちより「金目」での原発稼働、それが進められるの?米国は稼働原発停止に動いていたが、今度のバイデンは、小型原発へと向け始めた。それを受けたのがフランスの若いマクロン大統領のようだ?


米国CIA/NATOのこの動き、1月のバイデン大統領に変わってからの動きは怖い?2021/08からのアフガン米軍撤退に向け、バイデン達の米中貿易戦争深化・尖閣列島の緊張・朝鮮半島の緊張は薄めた?(北朝鮮は電磁パルス攻撃をもっているから?)
http://b.mirai21canal.com/?eid=1020310


そして2月、戦場は軍産の製造物大消費地?その戦場を移動したかった?アラブの原油利権からロシアの天然ガス利権へ?(アフガン撤退→カザフの暴動→ウクライナ派兵)みたいにも見える?


② ゼレンスキーの日本国会演説

そして戦乱のウクライナの大統領・元コメディ俳優のゼレンスキーの、日本の国会演説が18時から?これはイスラエル国会についで2番目?イスラエルはパレスチナの地で、第二次大戦後にイギリスの主導の国家形成だったかも?


イスラエルは第一次パレスチナ戦争から色々な戦争を経て?アラブの戦乱の目だったような?でアメリカへの腰巾着度はどうなのか?そのイスラエルの次、二番目が日本の国会?という感じ。ゼレンスキーは、何を見込まれたか?バカを見込まれた可能性もある?


ロシアの天然ガスの欧州への出口がウクライナ。ロコモイスキーのメディアを使ってゼレンスキーがウクライナ大統領役を演じたドラマ『国民の僕』が放送され、そして2019年の接戦選挙を制した。選挙公約では「ミンクス合意」の履行だったのが、その公約を反故にしている人?


③ いろいろな対立を超えて 

今世界中のマスメディアは「プーチンは独裁者」果ては精神異常と言ってはばからない?でもアラブの戦乱の20年はどうだった?米軍の戦費は8兆ドル(約880兆円)、その金を使って犠牲者数が90万人前後に達している?
 https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/8459/


アラブの戦乱、その本当の目的は、「原油利権」だった、「自由と民主主義」で飾っていたの?メジャー・国際石油資本(こくさいせきゆしほん)の「金目」?が裏の力?時代は原油から天然ガスに移り、ロシアの天然ガス利権に動いているの?


メジャーとは:資本力と政治力で石油の探鉱(採掘)・生産・輸送・精製・販売までの全段階を垂直統合で行い、シェアの大部分を寡占する石油系巨大企業複合体の総称。1975年にアンソニー・サンプソンが著した「セブン・シスターズ」で有名に。スーパーメジャーとは、エクソンモービル(2014年度・売上高3941億ドル)シェル(2014年度・売上高4211億ドル)BP(2014年度・売上高3587億ドル)シェブロン(2014年度・売上高2004億ドル)トタルエナジーズ(2014年度・売上高2361億ドル)コノコフィリップス(2014年度・売上高555億ドル)。


④ コロナのワクチン「金目」は

 世界中のマスメディアの「プーチン独裁!」一斉拡散に囲まれた世界市民?コロナもそうだった?でもアフガンにはコロナは行かない?コロナの実像がこれで不明におちいる?人間の免疫機能はコロナもインフルも見分けない?2年間インフルは消えた?コロナウイルスは自然現象?政治現象?不思議かも?


【2021年12月期】海外大手製薬 決算ハイライト:「米ファイザー(2月8日発表)一位に躍り出た。【売上高】812億8800万ドル(約9兆3481億円、前期比95%増)【純利益】219億7900万ドル(140%増)だそうだ。
で米国ファイザーは、「新型コロナウイルスワクチンは、367億8100万ドルを売り上げ、売上高全体の45%を占めた。22年12月期は売上高980億~1020億ドルを予想。新型コロナワクチンが320億ドル、抗ウイルス薬パクスロビドが220億ドルの売り上げを見込む。」と?


⑤ ワクチン・マスメディアの「金目」

コロナ対策のいかんで政治家は、その評価を大きく左右される。でも大製薬会社からのキックバックで動く政治もある?そしてワクチン以降の超過死亡率、これが上がっている理由を解明すべき?「いのちより金目」でない事を祈る?


そしてマスメディアの「金目」は?各社は大企業体、広告宣伝の大企業の意向?「金目」次第?ウクライナの戦争とアラブの戦争の報道、比べると違い過ぎ?「金目」の支配なの?


マスメディア:(抜粋)
社会的リアリティsocial realityを形成する強力な媒体である・・・ほんとうに生じた,重要だ,と信じている出来事の形成にマスメディアの選択が、関係する?・・・人びとが同じ情報をマスメディアから受け取るところから,マスメディアは人びとの間の公共的な媒体となり,情報の共有に大きな役割・・・」
「複数あるマスメディアの報道内容が大きく食い違うのであれば,人びとはそれらを比較考量し,自らの手で何が重要なニュースか,どのマスメディアの情報が正確かを相対的に独立して判断することが可能・・・しかしながらマスメディアの報道の相互独立性については,否定的なデータが多い。つまり類似性が高いことが知られている」と。


⑥ 1+1(コロモイスキー影響下のメディア)とゼレンスキー

コメディ俳優だったセレンスキーの支援者?ロコモスキー、彼は1+1(メディアグループ株集合)の70%を保有しており、同グループのテレビ局の一つを使って、ウォロディミル・ゼレンスキーがウクライナ大統領役を演じたドラマ『国民の僕』を放送していたと。


コロモイスキーはロシア側が支援する武装勢力の捕獲に懸賞金を掛け、武器の引き渡しに対しても報奨金を出した。またドニプロ大隊(Dnipro Battalion)の創設に1000万ドルを費やしたとみられており、この他にアイダール大隊、アゾフ大隊、ドニプロ1、ドニプロ2、ドンバス志願兵大隊の各部隊(ネオ・ナチス?)にも資金提供したとみられているとか?


⑦ 1%の資本家と99%の庶民

自由も民主主義も、金目で縛られている?コロナ後の世界?薬九層倍(くすりくそうばい)。ワクチンは世界中の市民に国家が法律を作って強制できる、国税相手の売上金?失業や貧困格差、低年金が心配な日本社会の中で、税金はここに流れているの?米国CIA/NATOの戦争資金はホームレスやフードスタンプが増えている米国民の血税? 


そして私達は、食べるための仕事?雇用され、仕事に就く時、その賃金額と人事権を雇用主に握られている、そういう雇用形態が「自由主義」の姿?これでは、雇用される側と経営側って、平等性はないかも?ブラックでもじっと我慢。それが「自由と民主主義」の姿?


⑧ 三面等価とは?

そう言えば、自由主義の経済のルールでは、経済は三面等価、①現場の生産活動が産んだ富は、②次の生産のために経営側と現場の労働力へ賃金に分けられ、企業活動と働いた人々の双方に分配されて、③次年度の生産の為の支出へとつながる筈。その三面は等価だと?


でもこの②の賃金の分と、会社側の次年度の為の予算額の間で、どう配分するのか?その決定権は、会社側が独占している。それが資本主義経済?いわば経営者の自由は最大尊重されている?なので人事権をもって、社員を会社の物差しで評価する?これではある意味、雇用される側と会社には平等は無いのかも?


⑨ ノルディック・バランス(北欧の国々のルール

なので働いて、その利益の中からの自分の給料について、どう分配できるかを双方が参加して考える?そういうシステムは北欧のスタイルである。そうして税金で社会保障を敷きながら国民の最低生活のための所得保障があれば、ブラック企業からも抜けられる?ブラックも変わらざるを得ない?


これを同盟のバカを見込まれた?会長(芳野友子さん)、経営者政治の元締め自民党と懇談だとか?そうではなく社会的対話が大切。その上でも低賃金・不安定雇用の場合は、その分配(賃金)では衣食住が賄えない場合があり得るコロナ禍?国の社会保障が、最低ラインは保障する社会保障?それがフランスのエレミ(最低参入所得保障)である。コロナ後の国民生活、その底を守る?低年金、低賃金、失業にそなえる社会保障が必要だ?


そうして、グローバル経済の中で自国操業をする企業を育てる、食糧の増産体制?国土涵養生態系水資源を大切にする国家、そういう税金の使い方、新しい政権交代では?


⑩ 対話をするコミュニュケーション理性

戦争の終結へ向けての対話には、まず噓を排除しての対話?互いに自由で平等な思考、重ね合いができるために、「金目」からの自由が大切?裏の指令に従う人はどうなの?何故セレンスキーは選挙公約を反故にしてきたのか?それを問いかけ?稼働原発の訳も?生物研究所の訳も?プーチンの派兵の訳も?それらすべてを対話に入れ込む、和平交渉かも。今こそハーバーマスがいう、コミュニュケーション理性かも?
http://b.mirai21canal.com/?eid=1020113


ウクライナの危機は、ウクライナを対ロシアの前線として使い廻したい?ロシアの天然ガスの流れを支配したい米国CIA/NATO?そのプーチン排除の動き?セレンスキーの裏側はこれ?日本なら松本人志・爆笑を大統領に据えて、後ろの参謀(米国CIAと美しい日本系?)が指図する政権運営図式でない事を願う?


そうではなく、日本はアメリカの腰巾着から抜ける方策込みの、台湾有事に対処だろう。国内操業をする企業を支援しながら、生物生命の経済社会へと動く事かも?日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp) https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788
金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。「金目」でなく「生物生命の再生産」。そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。
①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP