ブログ一覧

アラブからウクライナへ移動?

バイデン大統領って、昨年の1月20日の就任式を待ちかねて、バイデン色へ、トランプの発した大統領令は19も撤回している?ウクライナへの派兵は巷間には膾炙せずに、でも9月のアフガン撤退時に予定済みみたいな気がする?


20年前のニューヨーク・トレードセンタービルの映像、飛行機が高層ビルに突き刺さっていた?早くも?翌日にアフガンへの派兵した米英軍?何か準備万端?過ぎかも?


① アラブの戦乱20年の後5カ月でウクライナ?
それから20年、米軍はカブール空港に逃げ出したい市民を「おいてけぼり」自分達だけきれいに撤退って何だったの?20年間のアラブの米軍の戦費は8兆ドル(約880兆円)、(米ブラウン大の研究チームの報告)全部が軍事産業体の売上金になっている?


戦争の犠牲者・亡くなった人は90万人前後に達する。米国民達は自分達の貧困化・雇用悪化・フードスタンプとホームレス危惧の中、その血税の使い方?戦争が儲けの軍事産業共同体へと廻り?キックバックの政治家ではないのだろうか?


バイデンさんは好戦的傾向?髪振り乱している英国ジョンソン首相よりは穏やかだろうか?アラブの戦争を拡大した政権中枢―オバマ大統領の副大統領だった。でその息子はウクライナ疑惑の人・ここに注目かも?ウクライナのガス会社からの息子の賄賂を揉み消しながらの大統領選挙だったの?


② ウクライナの歴史とナチス
ウクライナはロシアの天然ガスのパイプラインの欧州への出口?何かあのドタバタ米軍撤退時には、バイデンさんは既にウクライナの戦争を織り込み済みだった?とか?


米国CIA/NATOの動き、1月のバイデン大統領就任させて、2021/08からのアフガン米軍撤退に向けて、バイデン達の米中貿易戦争・尖閣列島緊張・でも朝鮮半島の緊張は薄めている?(北朝鮮は電磁パルス攻撃をもっている?)
http://b.mirai21canal.com/?eid=1020310


戦場とは軍産の商品の大消費地に違いない?その戦場をアラブからウクライナに移動したのが、バイデン大統領かも?アラブの原油利権からロシアの天然ガス利権へ?(アフガン撤退→カザフの暴動→ウクライナ派兵)みたいにも見える?そしてウクライナは第二次大戦中には、ナチスの嵐が吹き荒れた地域、あのオデッサファイルの国だった?


③ 東欧圏とナチスドイツと児童福祉
https://www.unicef.or.jp/kodomo/teacher/pdf/sp/sp_26.pdf
1989年の第44回国連総会において採択され、1990年に発効し、日本は1994年に批准しているユニセフの「子どもの権利条約」の成立には,1959年の権利宣言をポーランド(ウクライナの隣国)が条約へ変更するよう強く求めた背景があるという?


ポーランドの国土は第二次世界大戦中はナチスによる民族の絶滅計画が行われ.国家はおろか民族の存在が危ぶまれる中で、ヤヌシュ・コルチャック(ポーランドのユダヤ系小児科医、児童文学作家?教育者)による「子どもの権利」という考え方、この先駆者の事があるとか?


自身は18歳で父親を失っており、彼は1911年からユダヤ人孤児のための孤児院「ドム・シェロト」の院長となり、児童教育(福祉)に力を注いでいた。時はナチスの最盛期、そして1942/08/07、トレブリンカ強制収容所で孤児たちと共に殺された人のようだ。
                                                                                                                                       
この歴史をもって、ポーランド政府は、「子どもの権利条約」の原案作成に「ポーランドの遺産としてのコルチャック」、その言葉を込めている?


④ 嘘と目くらまし、世界中のマスメディアの罪?
いまウクライナの戦乱の中で、軍産の?マスメディアの?メジャーの?天然ガス利権の?「金目」を通す為の勢い?その報道でない事を祈る?9.11以降のアラブの殺戮は、「独裁者討伐!」「自由と民主主義!」で進めていた?でもなぜに、20年もの戦乱殺戮の後で、自分達だけきれいに帰れるの?帰る所が無いアラブの人々だろうに?


「プーチンは独裁者?」というけれど?リビアの時(2011/10/20)のカダフィも独裁者?彼は原油決済通貨にドルでは無くアフリカの通貨を提唱していた人?イラクのフセイン(2003/03/19)は?イラクは人口3260万のうち50万の死亡者を出したと。シリアの独裁者アサド?その内戦から2014年のIS国家の残忍は?何故報道をしなかったの?


⑤ ゼレンスキーの日本国会演説
そして戦乱のウクライナの大統領・元コメディ俳優のゼレンスキー、その日本の国会演説から、事前に言われていた「真珠湾攻撃」は消えた?ゼレンスキーの裏側、米国CIA/NATO達は、アジアの歴史経過なんて知らない?指摘されて削除だったの?


自分達(アングロサクソンとゲルマン人達?)の歴史が中心なの?フランス国会向けには三色旗の自由博愛友愛(フランス革命の象徴)は知っていたけれど?


⑥ 対立を超えて 
ロシアの天然ガスの欧州への出口がウクライナ。ロコモイスキーのメディアを使ってセレンスキーがウクライナ大統領役を演じたドラマ『国民の僕』が放送され、そして2019年の接戦選挙を制したゼレンスキー、選挙公約では「ミンクス合意」の履行だったのが、その公約を反故にしている人?


今世界中のマスメディアは「プーチンは独裁者」果ては精神異常?この勢いに抗して、次世代の幸せの為には、米国的な「金目」・「自然破壊農業?」「自然破壊シェールガス」ってどうなのか?世界は転換点なのかも?


だってアラブの戦乱の20年はどうだった?米軍の戦費は8兆ドル(約880兆円)、その金を使って犠牲者数が90万人前後に達している?その本当の目的は、「自由と民主主義」で飾った「原油利権」だったような?沢山のアラブ人達の苦しみは?


⑦ コロナのワクチン「金目」は?
世界中のマスメディアの一斉拡散に囲まれる世界市民?コロナはアフガンには行かない?人間の免疫機能はコロナもインフルも見分けないらしい?2年間インフルは消えていた?でもコロナウイルスはアフガンに行かないって何だろうか?自然現象?政治現象?


2021年12月期】海外大手製薬 決算ハイライト:「米ファイザー(2月8日発表)一位に躍り出た。【売上高】812億8800万ドル(約9兆3481億円、前期比95%増)【純利益】219億7900万ドル(140%増)だそうだ。


この米ファイザーは「新型コロナウイルスワクチンは、367億8100万ドルを売り上げ、売上高全体の45%を占めた。22年12月期は売上高980億~1020億ドルを予想。新型コロナワクチンが320億ドル、抗ウイルス薬パクスロビドが220億ドルの売り上げを見込む。」と?


⑧ ワクチンもマスメディアも「金目」?
大製薬会社からのキックバックで動く政治もある?そしてワクチン以降の超過死亡率、上がっている理由を解明すべき?「いのちより金目」でない事を祈る?


さらにマスメディアの「金目」のほど?各社の広告宣伝の報酬?大企業の意向?「金目」次第?ウクライナの戦争とアラブの戦争の報道は、比べると違い過ぎかも?「金目」支配みたいかも?
マスメディア(コトバンク):(抜粋)社会的リアリティsocial realityを形成する強力な媒体である・・・ほんとうに生じた,重要だ,と信じている出来事の形成にマスメディアの選択が、関係する?・・・人びとが同じ情報をマスメディアから受け取るところから,マスメディアは人びとの間の公共的な媒体となり,情報の共有に大きな役割・・・」


⑨ 三面等価とは
そう言えば、自由主義の経済のルールでは、経済は三面等価、①現場の生産活動が産んだ富は、②次の生産のために経営側と現場の労働力へ賃金に分けられ、企業活動と働いた人々の双方に分配されて、③次年度の生産の為の支出へとつながる筈。その三面は等価だと?


でもこの②の賃金の分と、会社側の次年度の為の予算額の間で、どう配分するのか?その決定権は、会社側が独占している。それが資本主義経済?いわば経営者の自由は最大尊重されている?なので人事権をもって、社員を会社の物差しで評価する?これではある意味、雇用される側と会社には平等は無いのかも?


⑩ ノルディック・バランス(北欧の国々のルール)
なので働いて、その利益の中からの自分の給料について、どう分配できるかを双方が参加して考える?そういうシステムは北欧のスタイルである。そうして税金で社会保障を敷きながら国民の最低生活のための所得保障があれば、ブラック企業からも抜けられる?ブラックも変わらざるを得ない?


社会的対話、双方参加のして賃金決定のルールが大切。その上でも低賃金・不安定雇用の場合は、その分配(賃金)では衣食住が賄えない場合があり得るコロナ禍?国の社会保障が、最低ラインは保障する社会保障?それがフランスのエレミ(最低参入所得保障)である。コロナ後の国民生活、その底を守る?低年金、低賃金、失業にそなえる社会保障が必要?


そうして、グローバル経済の中で自国操業をする企業を育てる、食糧の増産体制?国土涵養生態系水資源を大切にする国家、そういう税金の使い方、新しい政権では?


⑪ 対話をするコミュニュケーション理性
戦争の終結へ向けての対話には、まず噓を排除しての対話?互い自由で平等な思考、重ね合いができるために、「金目」からの自由が大切?裏の指令に従う人はどうなの?何故セレンスキーは選挙公約を反故にしてきたのか?それを問いかけ?稼働原発の訳も?生物研究所の訳も?プーチンの派兵の訳も?それらすべてを対話に入れ込む、和平交渉かも。今こそハーバーマスがいう、コミュニュケーション理性かも?
http://b.mirai21canal.com/?eid=1020113


ウクライナの危機は、ウクライナを対ロシアの前線として使い廻したい?米国CIA/NATO?そのプーチン排除の動き?セレンスキーの裏側も?日本なら松本人志・爆笑を大統領に据えて、後ろの参謀(米国CIAと美しい日本系?)が指図する政権運営図式でない事を願う?


そうではなく、日本はアメリカの腰巾着から抜ける方策込みの、台湾有事に対処だろう。国内操業をする企業を支援しながら、生物生命の経済社会へと動く事かも?日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp) https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788


金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。「金目」でなく「生物生命の再生産度」。そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。
①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP