ブログ一覧

やっぱり開会式、入場者数2万人?

7/23の東京・国立競技場での五輪開会式、大会組織委員会は、全体の入場者数を2万人程度とする方向で検討していることが20日分かった、と。


組織委、政府、東京都、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)は21日の5者協議の観客数の上限、別枠で、大会関係者の入場も認める方向、こうなるのだろうか?


① 五輪の「金目」とワクチン効果

NBCユニバーサルは2011年、東京大会までの夏季・冬季五輪4大会の放映権料44億ドルでIOCと合意。14年は、22年からの6大会分を同77億ドルで合意、計10大会で、日本円にして総額約1兆2400億円、オリンピックはNBCユニバーサルのためにあるの?みたいだ。


日本や東京都、IOCは一蓮托生(いちれんたくしょう)?「その森会長とIOCの失態で五輪中止の機運がさらに高まり、もし爆発すれば、天文学的な損失を被ることになる。」と言っている。それが東京五輪決行の裏側?IOCとNBCユニバーサルと、協賛企業達の「金目」は凄いよう?


で、今政府が奨励中のワクチン、これも五輪中止を回避するため、急ぎ足すぎだった?ワクチン効果と副作用を秤にかける時間不足、データ不足?検討不足?東京五輪のために、最速で開発にこぎつけたかった?


② ワクチンも「金目」

米製薬大手ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は、保有する自社株の売却で約560万ドル(約5億9000万円)を手にした。新型コロナウイルスのワクチン期待で一部の製薬会社の株価が上昇・・


独ビオンテック、塩野義の株価も上昇中?英製薬大手アストラゼネカのパスカル・ソリオ最高経営責任者(CEO)は、どの競合相手よりも安い価格で多くの新型コロナウイルス予防ワクチンを提供すると表明・・・・とか。


だが、ベルギーの工場が抱える製造問題により、欧州向け数千万回分のワクチン供給に遅延が発生。すでに遅れが目立っている欧州のワクチン接種計画を揺るがすとともに、ソリオ氏が昨年表明した「利益なしで世界にワクチンを提供する」とした異例の確約も大きく脅かされている?
 
② 世界の製薬会社、その「金目」

コロナワクチンを巡る世界の製薬会社の動き、世界中の全国民一人一人に、2000円を、2,3回も必要になるようだ?で効果の程は?こういう商売ってどうなんだろうか?相手は国家、税金が相手。


治療薬は発病した人にだけ使うが、ワクチンは全世界の国民に2,3回も売りつけできる?ワクチン開発競争。どんどん急いで打たせることが出来ている?でもワクチン効果と副作用、メリットデメリット、その実態把握はどう進んでいるのだろう?


「ファイザーは今年の調整後利益予想ベースの株価収益率(PER)が約11倍の水準で取引されている。ギリアドは9倍前後だ。」と言っているのだが。


③ ウガンダ選手団のコロナ陽性者

で東京五輪決行、海外チームの来日は2例目で陽性判明が出てしまった。陽性者1人を除く選手団8人は、事前合宿地の大阪府泉佐野市に向け、バスで出発した。これからが心配になる?


すると橋下徹さん、ちょっと意味不明?「こういう状況を見てもらえれば、今までずっとPCR検査をいつでも誰でもどこでもみんなでやることによって、陽性者を隔離するなんてことを言っていた人、たくさんいますけど、できないんです」だって。


「1回ぐらいのPCR検査では。何回も何回も繰り返すことによってしか対応できない。」と?でも検査をしないと、陽性者、保菌者は野放しになるに違いない。


何度も何度も検査しないと陽性者把握が不正確だろう。検査は減らせ?という意見だが、それだと、もし今の日本の医療体制(検査技術、隔離設備)以上のコロナの勢いになったら?国民は検査無しのまま、どうなるんだろうか?自宅で三密?


④ 橋下さん、医療体制を整えたくない?

この人は、医療体制をこのまま以上にしたくない人?このままで国民のコロナの勢いの方を、おさえてスルーしたい人?コロナの実勢に合わせて、医療(検査・隔離・治療)の拡大も視野に入れて、国民の命を守るのが政治の役割なのに?


今の医療に合わせてしか、国民のコロナを把握したくない人が橋下論法?国民のコロナ感染実態に合わせて、政治を、医療体制を、経済を調整するのが、政治の役割と思うけど?今の体制が一番、国民生活を今の政治に合わせろ!みたいな橋下さんの大声、そういう人を、マスコミは露出ダントツだが?それが今の創価電通支配の日本のマスコミだと知るべし?


この人は、自公よりも、更に今の政治システム依存の人。マスコミの寵児?政界引退して露出ダントツ人?これで良いのか、コロナ対策?日本国民は76年前の太平洋戦争の悲惨を思い出さないと危ないかも?自国民の6割を餓死させた軍隊が、日本軍だそうだ。兵站無き精神論、事実より希望?コロナも事実より希望?そうではなく、実態把握して政治対応が目かも?


⑤ ワクチン効果と副作用・実態は?

現在の医療体制、その範囲で収まらないコロナの感染になれば怖いかも?コロナはインフル程度なのかどうか?それが不明だけど、国民の命の保障はどうなの?医療制度の範囲内で終わらない場合は、医療制度を拡充しながらの対応を準備する政治を選ばないと?


アルツハイマーの新薬も、似たような話になっている?病気の原因物質に働き掛ける世界初の薬として期待を集める一方、承認を決めた当局の判断や価格設定が物議を醸しているそうだ。これも急ぎ足で、効果、副作用の検証不足?


米国での同薬の価格、年間56000ドル(約617万円)、金持ちしか使えない?医療保険などで患者負担は減ったとしても、使用が増えれば財政負担も膨らむだろう。ロン・ワイデン米上院議員(民主党)はツイッターに「有効性が証明されていない薬のために高齢者や納税者にこの額を課すのは、良心に反する」と投稿した、と。


⑥ ワクチンも、新薬も、命の為だから

そして悪の権現みたいに、世界のマスコミに拡散されている「習近平国家主席」、その5月18日の世界保健機関(WHO)の年次総会、世界保健総会でのスピーチは良いかも?「ワクチンは世界の公共財」、それが世界に通用する日は来るのだろうか?


金持ちだけ、既得権益に近くなれば、嘘も騙しも賄賂もスルー社会に向かっている日本かも?国会議員は、税金を使っての買収が酷い?安倍総理が先頭に立って進めていて、それをもみ消すための、最高検総長候補だったか?黒川さん?


コロナ後は、子ども達の未来の為に、嘘で政治を曲げる社会を超えて、カジノでも売春でも儲ければ何でもスルーにする政治、「金目」政治を超えないと子供の未来があぶなそう?命と暮らしに安心のある政治かも?日本の国は本当に五輪後が怖い?


⑦ 静岡知事選、川勝平太氏の続投

静岡知事選は、二世議員の岩井茂樹氏と川勝平太氏の一騎打ちで、リニア中央新幹線工事反対、新型コロナウイルス対策やリニア中央新幹線の工事に伴う南アルプスの水資源問題を筆頭の政策だった現職の川勝平太さん。


対する岩井氏は自民党の二世政治家、新型コロナウイルス禍に伴う諸課題を包含して提示、11年務めた参院議員、政府の要職である国土交通副大臣の職を辞し、背水の陣だったのだそうだ?


地方選挙も、地域の実力者が束ねる町会、各業種の団体などと、黙っていても集票できた選挙は、一億総中流時代の置き土産?いろいろと箍(たが)が緩んできた?その箍(たが)とは、税金からの補助金と、もう一つ創価学会、公明党の集票、縛りだったのかも?


創価公明が事実上支配して、税金を廻していた、その力が自公菅友の既得権政治だったの?この既得権政治を一区切りしないと日本の未来は暗い?上のいう事を忖度してなんぼ?危ないコロナ、危ないカジノ、危ないリニア、自然破壊が押し寄せる時代の、危ない暮らし、では困るから?ほぼ倍の集票で川勝平太氏が勝っているそうだ?


⑧ 「金目」より命を守る政治?

今日の窓の外、高層ビルの建設中。昔の工事場は、作業員が大勢で登っていく、あの人だかり、賑やかさを思う?今は大規模クレーンが部材を積み木のように運び上げ、下ろしている。それを受け取る?のは1人?2人?作業員の動きと槌の音?が聞こえている?


15年以上前だが、ホームレスの前職は建設作業員も多かった。今は工事の進め方もすっかり様変わり、人力より機械へと変わっている。こういう時代の暮らし、安定雇用が失われた20年、失われた日本の20,30年?様変わりした日本社会なのかも?一億総中流時代は夢のような?


コロナが教えてくれた事、上のいう事を忖度していれば何ぼ?の時代の終わりのような?税金は誰が何処へと運んでいるのだろうか?コロナ後の仕事、暮らしは、カジノや「金目」で大丈夫だろうか?この冬はコロナではなく、インフルエンザって言うのは何故なんだろうか?


⑨ ワクチンも、東京五輪も、その後が心配

世界のマスコミが一斉拡散する事って、1週間もすれば揺らぎ始める?なのでワクチンも、五輪も、終わった後を考えないと危ない?


ワクチン効果と副作用、コロナとインフルエンザ、東京五輪中止の議論が消えてきた今、観客の制限へと議論移った?これは尾身さん効果かも?でも本当は中止が一番安心だと思う?いろいろ数字を弄り、解釈を付けて、五輪開催へ向かって居る政府、そのためのガス抜き議論を、維新と電通創価が、進めている。


だけども、政治は国民の「命が一番」。命の医療、国民の生活基盤(食料と住まい)そして子供の教育に、税金を廻す政治を選び出す方が良い?コロナ後の暮らしに安心を増やす、中抜き、委託の費用、税金食い虫、原発ムラと原発を超えないと危ない?


創価電通支配のマスコミに距離を置き、社会保障へと税金を廻す政権、政治家を選ぶ選挙にしよう。多分朝鮮戦争直後のアメリカアイゼンハワ―大統領の国連演説、原子力の平和利用は「駄法螺(だぼら)」だった?「駄法螺(だぼら)」も通ってしまう?大国の力?チェルブノイリ、福島の事故は何を語っているのだろうか?戦争で勝つ事が、人命よりも大切になってしまう、戦争による政治決着だから?


駄法螺を見抜き、国民生活基盤を、じわじわと作る上げるため、創価電通、竹中パソナら既得権者から、税金を国民の手に、東京五輪の為の「金目」、コロナワクチンの「金目」それらを超えて、新しい政治、社会保障財源確保と国民の命のためかも。


荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP