ブログ一覧

「金目」より命の政治を祈う

7月23日(金) –8月8日までの17日間が、東京オリンピックの予定、そしてその後何がどうなるのか?菅友自公創価は、コロナ対策(ワクチン・三密)を敷いて、絶対に進める?みたいな。


日本のマスコミは電通・つまり創価が仕切っているので、オリンピック開催にマイナス要因はあったとしても、数字も動かし、報道も抑えて、美しい言葉で勘違いさせる、その技術は結構と、百戦錬磨かも知れない。テレビ・新聞などのニュースって、どうなの・・


ワクチンは、単価が2000円くらい?この経費の詳細、何処にどの税金?どう廻る?それは明らかになるのだろうか?このワクチンはとても不安定なので、冷凍状態で運ばないと壊れるそうだ。


① コロナとワクチン作用

https://news.yahoo.co.jp/articles/70534250f729b6c2d60d4d0b8c223785065b6537
ファイザーの新型ワクチンは、マイナス76Cの超低温で保存し、解凍したら2時間以内に希釈して接種しないとダメ、「超低温冷凍保存」「過剰な振動も厳禁」の不安定さだと。


いまだかつて現場の看護師も医師も扱ったことがないし、「1日100万発」と急かされている中で、事故が続発しているらしい。この「mRNAワクチン」とはウイルスの一部だと。


これまでは弱毒化した病原体をあらかじめ体の中に入れ、免疫をつけさせて、本物のウイルスが入ってきても退治できる体質にする方法だったけれど、これは新手法の免疫力呼び出し方で、新技術だった。


② 2020年2月20日 京都大学iPS研究所ニュース

https://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/news/200226-110000.html
・人工mRNAは、細胞の遺伝子発現を操作するツールとして注目されている。
・N1-メチルシュードウリジン(m1Ψ)が、人工mRNAツールの性能を大幅に向上させることを見出した。
・m1Ψ修飾型人工mRNAスイッチを用いることで、効率的に未分化iPS細胞を除去できた。
・m1Ψ修飾型人工mRNAスイッチを組み合わせて、目的の細胞においてタンパク質を発現させることのできる遺伝子回路を構築した。
このニュースは2020/02/20、人工mRNAのシトシン(C)・ウリジン(U)をそれぞれ5-メチルシトシン(m5C)・シュードウリジン(Ψ)に置換すると、細胞内では特定のたんぱく質を発現させることが出来る技術?このニュースの日付が微妙かも?昨年の安倍晋三の小中校一斉休校要請(3月2日から)が2月27日だった事を思い出す。


③ コロナウイルスのワクチンの動き方

つまりコロナウイルスとは「ツノツノのカプセルの中に『RNA』という形で遺伝子が格納されている」のだが、そのRNAとは遺伝暗号、体全体が自己複製の設計図そのもので、それを「つのつののカプセル」で包んでいるだけの体。


コロナは、人間の細胞に入り込み、人間の小胞体を材料にして、自分のカプセルにツノツノを生やしていく、mRNAを囲っている物質と生物の中間みたいなもの?


でこんどのファイザー社の新しいワクチンのような、いわば「人」の細胞から「オニ(SARS-CoV-2)のツノ」を生やさせるという戦略は、人類史上かつて存在しなかった。なのでそれを今、現在進行形で大規模に治験している状態にある、とも言えそう?大規模人体実験中という感じもする?その副作用の度合いが、まあまあの結果なので、ニュースにしている?


③ シンプル、反応性は高いコロナ

コロナはRNAウイルスなので、いわば自分?子供を?造る設計図、遺伝情報は、1本の鎖、リボンに記されているが、コロナの場合は「プラス鎖」なので、直ちに施工図面=mRNA(伝令RNA)として利用可能である。そういうことを意味しているそうだ?


タチの悪いことに、この設計図は「施工図面」的に、体の中に入るとすぐにウイルスを複製できる、シンプルな形で、で壊れやすい、反応性が大きい?


ファイザーのワクチンは、この弱くて壊れやすいコロナRNAの一部分を「油のカプセル」の中に封じ込め、人間の細胞内に届けようとするものだ?だから時々2000円もするのに、無駄になる場合がある、仕方ない性質のワクチンだったようだ?


④ コロナへの態度

「コロナの病原体は、人間由来の天然素材(人間の細胞の中身の一つ)、小胞体が材料になっているカプセルにツノツノを生やし、ナチュラル梱包材でmRNAを守っていますが、このカプセルがなくなったら、常温ではひとたまりもない、あっという間に壊れてしまいます。」


ということは、このカプセルをやっつけてしまえばよい。 RNAを保護している梱包材を破壊すれば、コロナは人間に感染することができなくなる。どうすればよいか。アルコールで手や皮膚を消毒というのは、この「梱包材」を溶かしているのにほかなりませんと。


一番の早道は、ウイルスのひ弱なRNA、病原体を裸にすること。お湯と石鹸で手も顔も全身もよく洗い、アルコールでよく払拭して、付着しているかもしれないコロナの表層、ツノツノのカプセルを溶かして、壊してしまえばよい。三密?清潔?


⑤ 最終兵器は?

より本質的な伝染病の克服策は、エリアの中から病原体を一掃、駆逐すること以外にはありません。ワクチンは対策の一つではありますが、決定打でもなければ、最終兵器でもないと。


コロナが突然変異を繰り返せば、いつか、毎年更新されるインフルエンザウイルスのように、現状の2020年型が効かない奴らが必ず出てきます。そうなると、ウイルスの進化とワクチンのミュータントのイタチごっこ、もっとハッキリ言えば悪循環にしかなりません。


 地味で常識的な結論、隔離と消毒の徹底、手洗い、うがいその他ごく普通の予防措置を徹底するのが、実はこの病魔克服の一番の早道にほかなりません、と言っているニュース。


⑥ ワクチンも「金目」で急ぎすぎ?

何か、パンデミックをマスコミが煽りながらの、ワクチン商法は「金の成る木」だろうか?なのでコロナウイルスの実像も、そのワクチン製造の機序も、なかなかマスコミに載せなかったのだ?「世界の公共財」の真逆だった、製薬会社の儲けのため?


子どもの頃、防火標語をみんなで考えた教室を思いだす。「火事は大工の儲け」ではなく、「火の用心」?これから選挙がやって来るけれど、補助金を○○円廻すとか、ベーシック・インカムは○○円、減税は○○円と、お金の話になるだろう?


でもお金が一番大切だった世界政治が、ドン詰まっている今、アメリカ社会はパンデミックは製薬会社の儲け?で国内には沢山の国民がホームレス状態を生きている?


発展途上国の資源をタダ同然で運べた時代の夢が終るのかも?アマゾンの密林がどんどん伐採され、原材料費は昔のようにただ同然で先進国側には運べず?こうした「金目」にはいつも政治が噛む時代、国家資本主義?国よりも製薬会社の儲けが上の社会かも?ワクチンは最高の税金相手の商売に違いない?


⑦ 貨幣よりも、物流確保

東京五輪はどうなるの?その後何が待っているの?数学頭の高橋洋一氏は、コロナの実像、ワクチン効果の今後の影響は眼中に無し?で予測を出して、もうすぐコロナはさざ波さえ消えると?でも相手は生き物である。突然変異種、「賽子一擲(とうしいってき)」みたいな、何が出て来るの?


なにか、コロナ後の政治は「貨幣より物流」というのか、生物性というのか、ワクチンも「世界の公共財」であるように望むのだが?製薬会社の儲け最優先社会では、予測が外れる事もあり、それもマスコミには載らないかも?


リスク回避、命が一番の技術革新、情報はオープンでないと、怖い?多分朝鮮戦争直後のアメリカアイゼンハワ―大統領の国連演説、「原子力の平和利用」は「駄法螺」だった?チェルブノイリ、福島の事故は何を語っているのだろうか?


⑧ 小国でも連合して、「命と平和」を発信

でも、一方の中国は東京オリンピック賛成、冬季の北京オリンピックを目指しているようだし?大国の狭間の地理的位置にある日本、南北朝鮮、台湾などは、その衝突があれば代理戦争の舞台であろう?大国どちらにも是々非々、独立独歩の国家連合、その政治はできないのだろうか?


それには、迂遠でも、食べ物と住まいと医療を、自助ではなく、公助である程度下支え。その上での、イノベーション、産業社会、ITで競争ではないだろうか?


経済破綻社会になれば、お金はただの紙切れに変わる?どの国も歴史の一齣そういう時代を超えている?そうならないように、国民の命と暮らしが一番、「金目」、既得権、税金の中抜き、委託、賄賂政治、アメリカの腰巾着を変えていかないと、明日の不安は大きいコロナ後の日本かも?


⑨ 昨日の雨

昨日の雨の中で、五反田あたりに建設中の、超高層ビルの支柱が積みあがっている。一日でかなり高くなり、後方の学研・DNP本社ビルに届きそうな?積み木を積むようにして、高層ビルが林立する都会の空である。


こういうビルは何処まで安全なのか、気候不順、梅雨空の東京都心に、超高層ビル建設の大きなクレーンが動き、この空が明けるとオリンピック?その予定?


無事を祈うしかない、今の日本の政治状況?この政権、菅友公明、創価電通が支配するマスコミのニュースの裏側?金目の原発維持、再稼働、東京オリンピックも、政治家の椅子もすべては「金目」、国民の命、生活より「金目」、それを美しい言葉、理念で国民を目くらまし中みたいだ?


でも国民には、選挙行動があるんだけど・・。きっと「金目」を超えようとする政治家を選挙で選ぶ事、こうして政治を変える事はできる?日本を変えよう?政治を変えるのは、国民の選挙行動。命や生活を中心に置く政治、その候補者を選ぶ事、自公創価を外す事で、日本の政治は変われる?コロナ?五輪後の?国民生活の安心の為に?


荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP