ブログ一覧

「自由と民主主義」を核で守る?

「韓国軍合同参謀本部は4日、北朝鮮の多数の軍用機が北朝鮮空域で飛行するのを探知したと発表した。空対地射撃などをするのを確認した?」「米韓は3日、北朝鮮の相次ぐミサイルの発射を踏まえて米韓の空軍訓練の延長を決めた。」

この米韓の訓練へのネーミング、「ビジラント・ストーム」は、1990年代の湾岸戦争の時、米国の対イラク作戦「デザート・ストーム(砂漠の嵐)」をまねている?そういうのが北朝鮮の1日深夜から2日未明にかけての談話のコメントらしい?

① 北朝鮮のこの間のミサイル発射

北朝鮮は3日夜、弾道ミサイルの発射に続き、日本海に80発余りの砲撃、韓国軍が発表。今韓国とアメリカの空軍による合同訓練をこれにぶつけている(5日まで延長)。韓国メディアは「死の白鳥」とも呼ばれるアメリカ軍のB1B戦略爆撃機が新たに投入されるとしており、韓国軍は7日から10日まで指揮所訓練も続行する。

で北朝鮮が核実験を含めたさらなる挑発に出ることが予想されている?そしてどういう訳か?林芳正外務大臣を押しのけて、麻生太郎の訪韓、韓国尹錫悦大統領との会談?麻生太郎が出向く用件は、この朝鮮半島の緊張への国家的対応の協議という事かもと思ったが?でも大きな発表もなく帰国、ホッとしたのだが?

思い出すのが5年前、2017年の冬、韓国のろうそくデモが始まり、そのタイミングで始まった北朝鮮の12回程のミサイル発射(日本海へ?)最後はグァムに向け日本の上を飛来したミサイルだった。あの始まりは、安倍晋三が米国の帰国の途、金正男のシンガポール空港での暗殺?と同時なのが不思議?米国が東アジアの政治を、戦争へと動かしたいタイミングで起きているような気もする?

② 5年前の北朝鮮の弾道ミサイル12回

今は台湾有事、米中戦争、その代理戦争の当事者は、日本・台湾・韓国が米側で、対する中国、そして北朝鮮は何とも言えない?だって5年前のミサイルは米側の意向に沿っている?北朝鮮は米国の為に、その戦争誘導作戦の為の駒とみると、矛盾は無かったような気がする?当ブログを参照してみてください。http://b.mirai21canal.com/?eid=1020301

今ウクライナが煮詰まっている?世界中のマスメディアの発表は「嘘か真か?」かも。東アジアの我々は、マスコミに煽られず?ウクライナの戦争のどん詰まりの次の戦争が欲しい、米国政府・CIA・米英アングロサクソン・旧大英帝国植民地群達は、ウクライナの次の戦場を東アジア、朝鮮半島・台湾・日本近海・中国沿海域へと拡大したいような?

その戦争拡大のための、私達東アジアの国民への、戦争誘導のための事件捏造・それがこれからも次々と続く?そうではない事を祈る?韓国は戦争どころかソウルの繁華街・ 梨泰院イテウォン の雑踏事故である。安倍晋三への銃撃もそうだったが、なぜ警察が、その事態をみすみす見逃すのだろうか?

今、日本の防衛予算、そして60年を経た原発まで使ってのエネルギー政策、それがウクライナの次の戦場として、東アジアを使いたい米国政府の意向?かも。そこに沿って核戦争への準備が進行中でない事を祈る?この政権は福島を体験している国民の命より、自分達自公・既得権益の為に、美しい日本と言う呪文をつかっている?何か21世紀の今では、国民の明日の命と生活が一番の政党でないと本当に危ない?

➂ 山際コロナ対策本部長、

あの曖昧返答続きの、統一教会の人?辞任後4日目就任と言うのが凄かったし?それもコロナ対策本部長・・コロナが本当に大変な殺傷性の高いウイルスなのか、その変異の幅とその影響は不思議も多いけれど。マスコミが曰く、ワクチンワクチンだけれど?一応人類を滅ぼすほどのウイルス、世界市民全員に法律を使って売りつける事ができるワクチンは製薬会社の凄い『金目』に違いないが?

その対策のトップと言う重責を、山際さんにする、岸田さんの判断基準は、やはり米国・日米合同委員会・国内の『金目』に見えてくる?マスクと三密生活はこのまま続くのかどうか?この日本経済も国民生活もどうでも動かされてしまいそうなコロナ対策なのに?

そして統一教会の教主夫妻のラスベガスの豪遊(約64億円をギャンブルに注ぎ込み、約9億円の損失)?この宗教は信仰の深さを『金目』で、寄付金額で測る、このすり替えが、詐欺集団という事なのかも?「美しい日本」も「韓国への贖罪の献金」というのは、国境を超えた不平等、それを教義にしている?長幼の序・ご先祖様・儒教文化に乗っている風の違法性、それを事実が語る?その解明するトップが山際さんって?国民は何の出汁(だし)なのか、本当に馬鹿にされてる?

➃ 米国の大統領中間選挙

7日の中間選挙を控えて、バイデンは現職なのに弱い?2021年1月大統領就任以来、次々にその政治の中軸に戦争を置いているこの大統領?ウクライナはバイデンの次男のウクライナガス会社からの賄賂的な重役職、その収賄等犯罪を隠蔽したい政治動向?この人は黒人の米国大統領として世界に注目されたオバマさんの副大統領だった。そしてあのアラブの戦争の泥沼化・シリアの凄烈なテロ組織?ISやらを動かしたのはオバマ政権だった?

その顔を写させず、ビンラディンの水葬を進めたオバマさん?有色人種を看板にして、アングロサクソンの利害を通す?勘違いを誘い、目くらましの政治家だったの?国民は印象操作されず?自分達の明日の命と生活が一番かも?今トランプさんの立候補が取りざたされ始めている?

米英アングロサクソン主導の戦争、ウクライナではロシア文化の抹殺が凄いような?何か政治の「自由と民主民主」は、『金目』を仕込んで動いている?軍事産業共同体に支払われる国税からの出費は莫大過ぎだろうか。そのキックバック=「賄賂とお返し」でぐるぐる巻きっぽく、こういうのを既得権と言うのだろうが?そのはんぱでない国税流し、刷るだけじゃぶじゃぶの国債・ドル札が世界をインフレ経済に落としているのかも?

⑤ 自由主義経済・市場原理は戦争政治へむかうの?

欧州社会はこの冬の暖をどうするのか?10%近いインフレの中で英国政治は45日の在任で新首相へ、大富豪のインド系の首相だけれど?米国国民はこのインフレの元凶、戦争経済、それは「自由と民主主義」を守るためとして、進められているけれど?

英国の「ゆりかごから墓場まで」で有名な、国営の無料の医療システムだけれど、でも高齢者介護は100%の自己負担・家を売って最後の介護費用に充て、その後は介護扶助(生活保護)の国柄だとか?その医療介護の合流の議論を頓挫させてウクライナのゼレンスキーに戦争継続・自国内の傭兵訓練、兵器供出が、あのジョンソン首相だった。

ウクライナ戦争に肩入れする国々のインフレって、戦争経済の末路を語っているような?戦費の為の刷るだけじゃぶじゃぶの通貨過剰、過剰流動、その結果?今、英国インフレは対前年比10%。そして戦争経済とは、西側を牛耳る大企業の儲けが湧いてくる政策だったのかも?爆砕と言う名の大量消費・人間の命より大企業の儲け、それが西側の政治を今動かしているのかもしれないし?

⑥ しっかりした社会保障で国民生活を守る政治

いまこそ『金目』より『いのち』・そのための異文化共生・協働かも。ゼレンスキーは破壊の大統領かも?原発への攻撃は危なすぎ?食糧増産・生態系保全・動植物も命・人間の子ども達も新しい命だから。ウクライナの即時停戦交渉は?人類は滅亡しないの?

個々人の起業活動を支援、でも公共財的な所(水道事業・医療介護・公衆衛生・国防等)は私企業を入れず?公的・政府機関が握る?賃金決定方式は、ノルディックスタイル(経営側と労働者の合議)。マスメディアは市民参加の監視を必ず受ける事?最低生活保障を整える社会。いわば「新しい社会主義」。戦争経済まで行きたい「自由と民主主義」では、最後は破壊と戦争を求めるシステムだったりする?

⑦ 「独裁討伐!」・「自由と民主主義」って呪文のようだ?
技術革新は人手を奪うのではなく、その人手で高齢者・障碍者のケア・子どもの育成(保育・教職)の政治へ。ウクライナの危機は、ウクライナを対ロシアの前線として使い廻したい?ロシアの天然ガスの流れを支配したい米国CIA/NATO?そのプーチン排除の動き?セレンスキーの裏側はこれ?

戦争は国民生活を破壊?で政治家達、中抜き委託族は安泰かも?99%のために、国内操業をする企業を支援しながら、生物生命の経済社会へと動く事かも?日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp) https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788 

金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。『金目』でなく「生物生命の再生産度」「物流/通貨指数」。そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。

①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

PAGE TOP