ブログ一覧

世界インフレの元凶?戦争政治

アメリカはインフレ前年対比10%以上のインフレの中での、大統領選挙(中間選挙)。バイデンはトランプを打ち負かした?2年前の選挙、でも今の国民生活、経済の激動?11月8日の中間選挙は危うい?とも言う。

世界中のインフレ、独仏伊、そして際立っている英国だが?英国はウクライナへの傭兵訓練も自国内で行って送り込み、そしてゼレンスキーへ戦争継続への圧力を掛けに出向いた前々首相ジョンソン、NATOを率いる米英アングロサクソンの頭目?的なうごき、その戦争同道政治をどうするの?インド系の新首相は大富豪のスナクさん。

① 世界のマスコミの一斉拡散?

テレビ、ネット、ずいぶん一斉に流された中国習近平関連のニュース?独裁者プーチンと習近平と言う流れで、中国共産党大会の様子は、「出席した胡錦濤前国家主席が党規約改正案の採決前に退席した」その映像から「習近平国家出席が自分にたてつく者は誰であっても排除することを示すための『見せしめ』」と連呼している?

で、2,3日間ほど?いろいろなメディアがず――とこの警備員みたいな人に腕をつかまれて?退場する前国家主席胡錦涛だが?よほど世界のマスメディアを仕切っている側多分米英バイデン・CIA?)にとって、不快なニュースだから?かも。習近平の悪さを強調しているような?

多分?世界のマスメディアも、『金目』に縛られているような気がする?刷るだけじゃぶじゃぶでも、ドルはドル。ドルに動かされているのでは?国レベル、国連レベル、地方自治体レベル、いろいろと動かされ中なのかもしれない?

② 悪口度/都合の悪さ・そして「ほめ度」はどうなの?

安倍元総理の弔辞が、いろいろとマスコミ紙上をにぎわして、関心?を集め中。でも言葉の彩とは別に?政治家として安倍総理の政治は統一教会に沿って動いていたようだから?その顛末が、今の国民生活・インフレと低賃金不安定雇用・台湾有事の怖さに繋がっているのだし?

それを伏せたく、いろいろと弔辞の言葉の彩を拡散中のマスコミ?この中でほめられる中身は、今のインフレ、国民の不安定雇用の拡大との繋がり度は高い?

色々な弔辞にもかかわらず、今の日本の経済的・政治的な苦境は、安倍政治の置き土産っぽい?このインフレ、日本はまだ3%台のようだが土地の値上がり。住宅の値上がりが何処へと向かうのか?我々の世代は郊外に一戸建ての家を買える時代で、皆せっせと貯金をしていた?

➂ 安倍晋三元総理の実像

今の若い人は、不安定雇用、低賃金社会・小泉純一郎の規制緩和は働く人達の為にあった「規制」までを大きく外して来ている。派遣が堂々と合法化している21世紀。江戸時代でさえも「手配師」の世界だった筈?この30年、20年の日本社会の変化は大きい?

安倍晋三元総理が、統一教会の女性ボラと、『金目』に采配を振るって、政権を維持して進めた政策の悪評価は、これからどんどんと出てくるだろうか?77年前の戦勝国アメリカと、敗戦国日本、そのままの日米密約の中身はどうなの?それ通りの安倍政治だった?

そしてIMF(国際通貨基金)の世界経済への見通しは(かなり甘い?)「世界のインフレ率は、2021年の4.7%から2022年には8.8%に上昇する見込みだ。2023年には6.5%、2024年には4.1%に減速する」とかだけれど?どう動くのか?

➃ インフレと世界の戦争経済

今のウクライナ、米英アングロサクソン+NATO+EUが、戦場へじゃぶじゃぶと戦費と兵器を供出中。今のインフレ、物価の高騰・欧州社会と米国側がインフレ10%に達する勢いなのは、ロシアの天然ガスのパイプラインを閉じた欧州のエネルギー不足・爆破まで起こし、いよいよ、世界の冬場のエネルギー不足、生産工場稼働状態・食糧不足、物流や生産工場の動向は?

そして戦費の為の通貨過剰とロシアへの経済制裁の直接の影響だろうか、刷るだけじゃぶじゃぶのドルが、ウクライナに無尽蔵に流されている?それがインフレを、引き戻せなくしている?その肝心な点はスルーする?IMFの発表のようだ。

冬の前に、何とかウクライナの戦争終結へと繋がないと、欧州の市民生活はどうなのか?寒さと飢えに最も苦しむのは、貧困層だろうが、政治家の眼中にあるのは誰なのか?選挙の時だけ国民(99%)の方を向き、いつもは1%の側、賄賂とキックバックの選挙のための資金みたいな?それは日本も欧州もアメリカも同じになっている?軍事産業と同道中は英米政権。ウクライナ戦争を主導する勢力がここ?同道すると『金目』は大きいの?でもそれで99%の命はどうなのかをしかと、考えよう。

⑤ 汚い爆弾

ロシアとウクライナの双方が、互いの「汚い爆弾」の動きを指摘している?「ダイナマイトをはじめとする従来の爆薬とウランなどの放射性物質を組み合わせた武器」で、軍事目標を排除するというよりは恐怖や混乱を広めるのが目的。国ではなくテロリストが使う武器として言及されることが多かったそうだが?

そこいら中が、原発事故発生後の様になっていくのかもしれない?ゼレンスキーのクリミア橋爆破後の「喝采(かっさい)」を思い出すと、この人ならあり得るの?人間の命より、「自由と民主主義?」みたいだったが?人間の幸せのための、「自由と民主主義」のはずが、戦争をする目的、戦争のための呪文に変わったのが、9.11以降かも。アメリカの正義の戦争、その呪文みたいな?

ロシア側が「汚い爆弾」を使用するメリットはどうなのか?所はロシア領土内、今回なったロシア系住民の居住地だし?万国からの傭兵で構成されているとかの?ウクライナ軍ならば、終われば帰還できるだろうが?こういう爆弾はロシア側は国民のいのちが掛かるだろうし、ウクライナ側も同じだろう?外人部隊、傭兵的発想では?

⑥ ホームレスを作らない社会は?

ひろゆきさんは、渋谷の公園のホームレスに、無納税者が、納税で維持している公園を使う事はダメなそうだが?税金を今払えない人は、国民でない社会も怖い?人生いろいろ、浮き沈みの世の中、これからは沢山の沈む場面が増えそうな?いろいろな境遇にあっても「連帯」と言うのがフランスの社会保障の流儀だけれど?

フランスでは、大企業が値上げを待って管理している、立派なビルみたいなところに、誰かに入り込まれても、2か月だったか見つからなければ、その冬は追い出せないという法律があった筈?ちょっと驚いたけれど、誰かに番なら、冬の新宿で凍死するホームレスの人も毎年出てくるのだし?そういう考え方も有り?社会保障・公営住宅建設を失業対策で整備したのが、北欧だったし?

住宅は生活の根本だから。社会保障は(食料+住居+医療介護)を国民(99%)が、手に入れるための、すべての国民(今仕事の無い人も、障害ある人も、高齢者も)への手当でないと?

⑦ 国民生活の安定の条件は住宅政策

何かドルとか、日本の国債、その刷るだけじゃぶじゃぶの支配?過剰流動は、不動産業界・土地取引へと向かいやすい?そして、戦争って、軍産への『金目』は躍る?

でも北欧の住宅政策、スウェーデンでも賃貸人の共同建設と共同管理システムを作り上げて、今の豊かさの下支えになっている?住まいの安定より、先祖の霊会での苦しみ?そのための一億円を寄付させる詐欺行為がはびこる世相、その呪文と嘘八百?それよりみんなで作る公営住宅、その管理システムでは?

いまこそ『金目』より『いのち』・そのための異文化共生・協働かも。ゼレンスキーは破壊の大統領かも?原発への攻撃は危なすぎ?食糧増産・生態系保全・動植物も命・人間の子ども達も新しい命だから。ウクライナの即時停戦交渉は?人類は滅亡しないの?

個々人の起業活動を支援、でも公共財的な所(水道事業・医療介護・公衆衛生・国防等)は私企業を入れず?公的・政府機関が握る?賃金決定方式は、ノルディックスタイル(経営側と労働者の合議)。マスメディアは市民参加の監視を必ず受ける事?最低生活保障を整える社会。いわば「新しい社会主義」。戦争経済まで行きたい「自由と民主主義」では、最後は破壊と戦争を求めるシステムだったりする?

⑧ 「独裁討伐!」・「自由と民主主義」って呪文のようだ?
ウクライナの危機は、ウクライナを対ロシアの前線として使い廻したい?ロシアの天然ガスの流れを支配したい米国CIA/NATO?そのプーチン排除の動き?セレンスキーの裏側はこれ?

戦争は国民生活を破壊?で政治家達、中抜き委託族は安泰かも?99%のために、国内操業をする企業を支援しながら、生物生命の経済社会へと動く事かも?日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp) https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788 

金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。『金目』でなく「生物生命の再生産度」「物流/通貨指数」。そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。


①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

PAGE TOP