ブログ一覧

ダブルスタンダードの世界中のマスコミ

クリミア半島とロシア本土を道路と鉄道で結ぶ12マイル(約19キロメートル)のクリミア大橋で、10月8日早朝に起きた爆発、自爆作戦か、遠隔操作でトラックを爆破させたのかはわからないそうだが、ウクライナ軍の特殊作戦でしょうと言う感じのツィートを読んだけど?

間もなくダイバーが現地時間9日午前6時(日本時間同日午後0時)に作業を開始すると、水上でのより詳しい調査は同日中に完了する見込みだと。この橋はロシアにとってウクライナに展開する部隊への重要な供給ルートだったと。

① 8月8日早朝のクリミア大橋の爆発はテロ

で、クリミアのアクショーノフ首長は「状況は管理可能」とし、半島には1カ月分の燃料と2カ月分以上の食料があると説明し、ロシア国防省はウクライナ南部のロシア軍部隊について、既存の陸路と海路を通じて完全に供給できる可能性があるとしたそうだ。この対応、何か周到な計画で進められた、爆破?それはウクライナ側の利益にしかならない爆破だそうだ?

8日までのマスメディアの報道は、ウクライナのテロとしての報道が重なり、この爆破を歓迎する市民の映像が流され、ウクライナのゼレンスキー大統領は8日夜、ビデオ声明で「クリミアは曇っていた」が「未来は快晴。占領者なき未来だ」と述べている。大成功万歳!っぽい。何かゼレンスキー側の計画的な爆破攻撃だったような?

テロの効果を世界に向けて拡散、それを流すマスメディアも、それを歓迎する世界観も、かなり危ない?でその後、ロシア外務省は、「民間インフラの破壊に対するキエフ(ウクライナ語ではキーウ)政権による反応は、そのテロリストとしての本質を証明するものだ」と反発。

クリミア議会のウラジーミル・コンスタンティノフ議長、この爆発を「ウクライナの野蛮人ども」「その血まみれの手で、ついにクリミアの橋にまで手を伸ばした」「橋の破壊は深刻なものではないので、ただちに修復する」などと述べたとか?

② その後の動き

ニューヨーク・タイムズは、8日、この爆発について、ウクライナの政府高官の話として「ウクライナの情報機関が、橋の上を走っていたトラックに積まれた爆弾を使って計画したものだ」と伝え、ウクライナの有力メディアの情報筋の話として「ウクライナの情報機関が行った特別作戦だ」と伝えていると。

こういうテロ行為を、隠そうともせずに堂々の発表のゼレンスキー曰く、ロシアは「絶対的な悪、テロリストである彼ら」と呼び、いつもの枕詞は「ロシアが一方的に併合したウクライナ南部のクリミア」、これで始まるマスメディアの報道だけれど?

で、ロシア側、この爆破を受けてプーチンの声明が出て、まず大橋の復旧を完成させて、ロシア側の軍事行動が開始したのが、ウクライナ大橋爆破の翌々日の10日の朝に、ロシア軍の軍事行動が始まったようだ?プーチンは悪魔?そういう勢いでの世界中のマスメディアだが?今日は11日、日本は時差的には進んでいるので、今ウクライナ辺りは真昼かも?

➂ 世界のマスメディアの枕詞って、印象操作?

で思い出すのが、この2月24日のロシアのウクライナ侵攻の時、先に動いたのはロシア、ロシアの侵攻!がこの7か月間のウクライナ報道の枕詞になっていたが?でも今回の動きについては、先に動いたゼレンスキーの事は何も指摘しない?これって不平等かも?

なぜ2/24のロシアの行動、その前2014年の市民と警官30名?への狙撃、市民デモの暴力化が起こり、政権の転覆をした、マイダン革命、それ以降のロシア語を話す人々への暴虐が無視されている。この偏り方をしかと胸に刻むことかも?世界のマスメディアは偏向中?

西側のリーダーなのか?独裁者なのか?米英アングロサクソン+NATOは、自分達の都合の良い側を持ち上げ報道をしている?多くの人々が暮らしている地域の物流を遮断する橋、輸送路の爆砕を奨励はできないのに?今年の2/24のロシアのウクライナへの進軍を7か月もしつこく、ロシアのせいだ、悪いのはお前と言い続けてきたけれど?

今回、世界大戦の口火になりそうなゼレンスキーのウクライナの橋の爆砕はどうなの?それに受けて立っているロシアはどうなの?平等に事実関係を眺めて、戦争を回避の道では?これではロシア側は意固地になるの?ロシアの全否定は、ユダヤ人全否定のナチスと同じ轍にならないの?スラブ文化・ロシア語・1000年王国からも学びつつ、互いに切磋琢磨でないと?これではゼレンスキーは、テロ礼賛の指導者?

➃ いろいろな嘘に囲まれて

今日本のマスコミは、統一教会の嘘と言うのか、妄想と言うのか、霊界のご先祖様の苦しみを、子孫の『金目』が救うという妄想の人たちが、与党政治を動かしてきたような、そういう選挙だった事が明らかになっている。で国民は驚いている所。何しろ自民党の大物議員の選挙の強さとは、統一教会の票割り、女性ボラの効果だった?衆院議長の細田博之・安倍晋三はその中心人物で、信者の票を危ない選挙区には配分する人だったの?

なので、政策も統一教会の意向を汲まないわけには行かない。この宗教??は、信者の財産・給料を金額を指定して献金させる?宗教を越えて、宗教風な詐欺集団というのか?今度は、批判されて、年収の3割献金を堂々と発表している宗教?人のお金を金額を指定して献金させるって、宗教の自由で包む残酷かも?宗教二世の自由って、教祖礼賛しかない、それではどうなってしまうのだろうか?

自発的に(外形を整えて)、その人の人生を妄想で縛り、事実上教祖の奴隷にしてしまう?教祖の教え以外はサタンにして、教団への『金目』のための人生に落とすような?日本の社会の、生活不安・孤独感が広がる中での、宗教を衣に来た詐欺活動のような?何というのか言葉の彩、マスメディアに頻繁に登場する人たちの連れ行く先は?統一教会の嘘、マスコミの嘘、嘘の洪水の中の世界中みたいな21世紀?これに気づいて、99%の生活防衛の政治かも?

⑤ 国連の嘘は?そしてノーベル平和賞って?

蒸し暑いほどの今日の夕暮れ・10月に入り雀達がマンションの生け垣に戻ってきて、顔を出している?第三次世界大戦を呼び込むような?ウクライナの大橋の爆砕、でも国連もマスメディアも、ロシアだけが悪者なの?ウクライナの内乱の始まり2/24のロシア批判ばかりだった?どっちが先なの?ロシアだからロシアが悪いと言っていた。この枕詞は、このウクライナ大橋の爆破、ゼレンスキーは堂々自分ですといっていても、どうなの?

国連総長のグレーテスさんは、いつも米英+NATOの方ばかり向いてはいないの?ノーベル平和賞って西側のスポークスマンを選ぶというのか?貰うような?そして11月の米国大統領の中間選挙、バイデンを選んでは危なそうな?世界大戦が欲しい大統領みたいだし?仏国も英国も次の選挙では、今の指導者ではどうなのか?政治を変えないと欧州社会のインフレ、そして第三次世界大戦へ武器の供出でいいの?

99%の生活防衛のため、物流を確保する政権でないとこのインフレはどうなる?欧州社会はロシアの天然ガスを排除して、この冬の寒さに向かう。それでも構わない現政権達、欧州社会は雇用と社会保障の政策をどこに置いての戦争政治なの?庶民の暮らしより戦争、軍事産業共同体の為の政治になりそうな?世界中から兵器をウクライナに供出し続けてどうなるの?

⑥ インフレの時代だからこそ、生物生命の経済かも

戦争より社会保障・貨幣より物流で、99%の命を守る政治では?橋の爆破ではなく、異文化でも共生・違いがあるから学び合えるのかも?ロシア文化・スラブの文化・日本の文化・朝鮮の文化・中国の文化・イスラムの教え・アフリカの民族文化・その子供達・生きとし生ける者たちの上に、食べ物と、きれいな水と、寝床かも?

世代を超えて、国民生活を支える社会保障のルール・最低所得保障・リーズナブルな住宅政策は、生態系保全型の街並みを作っているそうだ?そしてイギリス型の医療制度の様に、「(効率性=費用削減)と(質=治せる医療)」の二兎をどうするのか、その工夫のような?新しい政治で、しっかりした社会保障制度に税金を投入、安倍晋三一族やカルト政治、それの追随政治を脱していかないと危なすぎ?

いまこそ『金目』より『いのち』・そのための異文化共生・協働かも。ゼレンスキーは破壊の大統領かも?原発への攻撃は危なすぎ?食糧増産・生態系保全・動植物も命・人間の子ども達も新しい命だから。

個々人の起業活動を支援、でも公共財的な所(水道事業・医療介護・公衆衛生・国防等)は私企業を入れず?公的・政府機関が握る?賃金決定方式は、ノルディックスタイル(経営側と労働者の合議)。マスメディアは市民参加の監視を必ず受ける事?最低生活保障を整える社会。いわば「新しい社会主義」。戦争経済まで行きたい「自由と民主主義」では、最後は破壊と戦争を求めるシステムだったりする?

⑦「独裁」も「自由と民主主義」も『金目』の為の呪文かも?
技術革新は人手を奪うのではなく、その人手で高齢者・障碍者のケア・子どもの育成(保育・教職)。ウクライナの危機は、ウクライナを対ロシアの前線として使い廻したい?ロシアの天然ガスの流れを支配したい米国CIA/NATO?そのプーチン排除の動き?セレンスキーの裏側はこれ?

戦争は国民生活を破壊?で政治家達、中抜き委託族は安泰かも?99%のために、国内操業をする企業を支援しながら、生物生命の経済社会へと動く事かも?日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp) https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788 

金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。『金目』でなく「生物生命の再生産度」「物流/通貨指数」。そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。

①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

PAGE TOP