ブログ一覧

感染者数は、いじられている?

菅義偉官房長官って、偶然だろうか、「観光や働き方の新たな形として休暇を楽しみながらテレワークで働く『ワーケーション』の普及に取り組む」?何か変、と思ってしまった。


懐かしい弘田三枝子が、むかし歌ったのが「ヴァケイション」だったか1960年らしい。彼女はこの21日に亡くなった、そのニュースが昨日(27日)だった。「キラキラと輝く、太陽背に受けて・・」だったけど?なんかこじつけというのか?


① 小沢一郎のコメント

「次から次に意味不明なくだらない新語を乱発しては国民を煙に巻く。本当に悪質。実体なし。自分達の政策責任を言葉でごまかす安倍政権の常套手段。」「日本語ではすぐばれてしまうから、ひとまず横文字で」というコメントだが?名言で笑ってしまった。小沢一郎は「いい加減にすべき」と。


笑っている場合ではないような、コロナがはっきりしない中、国民が休暇を楽しむためには、せめて最低賃金を上げてほしい?。その上、この1兆を超える税金の「Go To ・・」、そしてあのアベノマスクをもう8000枚とか?国民サイドは、休暇なんて無理な人もたくさんいそうなのに?


こういう悪政をすすめ、こういう風に言いまわしができる、それほど、国民生活を知らない政治家達が、税金を好きに回している?自民党、創価公明党を有り難く、選挙で投票していると、こういう税金の使い方が続く。


安倍友創価の潤いのためだけ、そのための税金かも。安倍創価選挙運動に税金が流れて国民はぎりぎりの生活?国民は目を覚さないと、日本は世界からも外れた国、極東の変な国になっていく?この税金の廻し方を監視、選挙で安倍友創価族、自民党創価公明は書かない事、それでないと、ダメかも?


② コロナの感染者の数字 本当?

菅義偉官房長官の「ワ―ケイション」の発表当日の小池都知事、東京都のコロナ感染者数が6日ぶりに200人を切って、131人なのが不思議?コロナ感染者数を少なめに出して、菅義偉官房長官の「ワ―ケイション」の発表を迎えているの?そのために、専門家会議の尾身さん、感染研がコロナ感染者数を独占したいの?そうで無いことを祈るけども?


なにか、「このデータは貴重。衛生研からあがったデータを全部感染研が掌握し、このデータを感染研だけが持っていたいとする感染研OBがいる。論文や業績より人命を尊重すべき」と内部告発した人がいるそうだ。で「ワ―ケイション」の翌日には感染者は激増、東京は260人(「ワ―ケイション」の日の131人の倍だ?)全国では過去最多の981人だと?


テレビでは、独占したいとかの、あまりの仰天発言に、羽鳥を始め、玉川徹らは唖然として言葉が繋げなかった(参照:Jcastテレビウオッチなど)。とか?今日の小池都知事の数字が倍になって、意味が分かるような?感染者数をいじって政治に利用する為?


③ 小池都知事の131人と「ワーケーション」

小池知事の感染者数は、6日間続いて200人以上だったが、昨日は131名なのは、不思議?そして今日は260人だし。感染者数はいじれる?ようだ?自分達だけが管理しているから、どんな捏造もできる筈?と気づいた?


そういえば戦時中、国民が固唾を飲んで待っていた大本営発表、それは大きな嘘だった。戦地では餓死する兵隊たち、屍累々(しかばねるいるい)でも、転進!玉砕!と終戦まで続けた。あの大本営と同じみたいな?情報を1人占め、どう作ってもバレない?そのための、尾身さんの「感染研のコロナ情報独占」願望でない事を祈る?


④ 大本営方式は危なすぎ

戦時中の大本営発表の再現になり得る?そういう舞台装置が出来つつある?国民への最重要情報を独占してしまう。そうではなく、事実に基づくオープンな情報の中で、政策布陣ではないか?


情報の透明性がこういう時に大切なんだ?嘘で騙して進めるコロナ対策、太平洋戦争と似ている?さまざまな医療施設など、できる所で、国民は本当の事を知りたいので、感染情報などを独占させず、情報を公表して欲しい。事実を眺めながら政策を練り、それを国民も評価し、口も出して政策を進化させるため?それが必要、だって国民の命の為の政策だから。


無謀な政策でも、現実無視の美しい言葉で、忖度、忖度、忖度しない人は町内会、役所の目があって縛られる?自粛警察が乗り出すような時代になりつつある?勘違いをさせて巻き込む、関東軍、大本営の伝統は、敗戦の悲惨へと走っていたのだから。まともな社会なら、犯罪になる程の騙しも、スルー社会が日本?それは日本の、「亡びへの道」になったはず?


⑤ 情報公開が嘘を防ぐ道かも

80年ほど前の日本人。徴兵された若者たち、その命は、6割までもが餓死で死亡していると言うのが悲惨。嘘で勘違いさせ、美しい言葉で反対をさせない、そういう伝統が、太平洋戦争の進め方?この安倍友創価の政治の進め方が同じっぽい。方向転換しないと、危なすぎではないのか?


まずコロナの実態、事実を把握して、いろいろな目線で検討かも?情報の収集と公開が根本?感染研独占の情報を透明化し、正確を期して、臨機応変の対策だろう。コロナ対策の今後の機動性、国民の命の為に、とても大切なコロナ情報の正直さ、そのための情報公開かも?


兵站無き軍の出動が進められる国、自国の軍隊の6割を餓死させる軍隊って他にあるのだろうか?そしてなお75年後の2020年8月、安倍友創価族は同じ手法で政治のトップにいるの?


⑦ 大切な税金をコロナ、医療の充実に

今大切な私達の血税は、安倍友創価のポケットマネーみたいだ?本当は税金の廻し方、流れ方を国民の目の前に引っ張り出して、コロナ、水害、荒れた山林原野の治山治水、そして医療の充実と言う、国民の命と生活の底上げに廻して欲しい?


命が相手の医療制度なので、市場原理で進められるものなのか?命を的にする儲けって、どうなのか?イギリスはNHSは国営で本当に無料、北欧は病院医療と、身近な医療と介護を分けていて、双方が公営で無料だから、コロナでも国民は軽税負担は無い。アメリカも検査と治療が無料にする議会がでている。


 何か色々な視点で感染、重症化対策は試行錯誤。衆人環視の中で、超えねばならない人類の課題?それがコロナかも。病院の倒産騒ぎが出てくるようなことがないように、日本も医療制度は、イギリス型の公営かも、競争を入れつつで、効率化(節約)と治せる医療(医療の質)の両面が達成されたとか?


⑧ スウェーデンのコロナ政策、緩い自粛

そして今、北欧スウェーデンのコロナ対策、世界各国の中で唯一、ロックダウン無し、各国からいろいろな批判も受けながら、注目されていたところ、ここにきて他のロックダウンの諸国と同等、あるいは少なめの経過に入っている?と言う結果だとか?


もともとスウェーデンの死亡者数はEUの中で多くもなく、オーストリア、デンマーク、ドイツよりは高いけれど、ベルギー、イタリア、スペイン、イギリスよりも低かった。で今1日当たりの死亡者数も大きく下がったようだ。このロックダウン無し、緩い自粛により、スウェーデン経済が受けたダメージは、当然だが。凄く少なく最小で経過している、と。


世界のコロナの感染等の動向や政策について、経済かコロナかと、一方を選べる問題でもない中で、コロナ対策の様々、諸傾向が大きな参考資料になるだろう?スウェーデンモデルが出来上がりつつある?


⑨ 検察と司法の改革が無いと、嘘が止まない!

感染者数がおかしい今、コロナの騒ぎで遠い昔みたいに思うけれど、この正月の、元日産のゴーンさんの逃亡事件。その前西川さんも同様の犯罪疑惑でも、でも検察は西川さんは不起訴、社長職を退いただけ。


西川さんの方が事実関係は酷いと言う声も?そしてコーンさんの方は、もし結審まで日本の「裁判」に付き合えば、20年間も事実上の幽閉状態になったのが、日本の司法裁判。ゴーンさんは、80歳までも縛れっぱなしの人生に落ちた人だった。


日本には沢山の冤罪事件、そして黒川さんの賭けマージャンを始めとして、前の経済産業大臣・菅原一秀、桜を見る会、森友、加計などなど、安倍友創価族ならスルーする検察の、犯罪でも不起訴の処分が続いている。


日本の刑事訴訟法は国家機関のうち検察官にのみに起訴する権限を認める国家訴追主義、起訴独占主義を認めており、同時に犯罪の嫌疑があっても起訴しない事も出来る裁量権、起訴便宜主義を定めている。さらに日本の検察官は全ての種類の犯罪について捜査を自ら捜査するが、欧米では専ら公判活動が中心であり自ら捜査はしない。日本の検察制度は国際的には例外的、特殊な形式であるという。


この制度がつくる人質司法が世界に拡散されている、ゴーンさんの逃亡事件?政権に都合の悪い人間は、罪を捏造して犯罪者に落す司法制度が世界に拡散されている?


⑩ 食糧増産、安心な公的賃貸住宅システムの事業は?

コロナ後の日本、嘘を言えない社会の為には、政治と司法の両面改革が不可欠だろう。そして税金を直接国民の財布に落しながらの、食糧増産、山紫水明のこの国土の豊饒化かも?


それに安心な公的賃貸住宅システムの構築事業、コロナみたいな疫病の流行を超える為の医療制度(病院と保健所と介護施設)へのテコ入れかも。この三つの事業を、日本版ニュー・ディールとして、税金で直接若い人たちを雇い入れる、「Go To・・」の税金を廻して。


感染情報、嘘を作って進めるようなコロナ対策は怖すぎ?貧困でも食べて、眠り、病に安心な社会の中で、賢い国民性、子供たちを作りながら、正直なイノヴェーションの国民性を養う、政府、小池都政の嘘を罰する司法改革、そういう正直な政権、政治家を選んで、この国のみらいに、正直と希望がないと?みんなで嘘が回す政治、税金のピンハネを超えなくちゃね。


今こそ、脱「自民党安倍忖度」。「正直文化」で、若い人財を励まそう。生産工場の」国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、アメリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

PAGE TOP