ブログ一覧

プーチンの戦争?その切り拓く地平は?

昨8月米軍のアフガン撤退の時、カブール空港から逃げ出したい人々を「(置いてけ堀)」の、素早い撤退。それはあのニューヨーク・ワールドトレードビルの9.11から、丸20年目だった、ぴったりなのが不思議に思える?


「米軍撤退の動きを受けて、8月中旬にはタリバンがアフガニスタンの首都カブールを制圧。米国が支援するアフガニスタン政府が崩壊したが、バイデン政権は同月末(2021/08)までの撤退方針を変えなかった。」と。バイデンは、次の予定が在り?で急いだの?


① 撤退完了の半月後

あのアフガン撤退(09/01)の、半月後には、こうだった。
Ⅰ・2021/09/16米英豪による新たな安全保障協力の枠組み「AUKUS(オーカス)「日米豪印4カ国戦略対話(Quadrilateral Security Dialogue)」の創設。平仄(ひょうそく)が合い過ぎで怖い?
Ⅱ・アフガン撤退の5カ月前、大統領就任2カ月足らずの時。2019年のクワット(日本、米国、オーストラリア、インド)による外交・安全保障の協力体制「日米豪印4カ国戦略対話」を駆動させていた。これは2007年に結成されたものの、翌年に当時のケヴィン・ラッド豪首相(当時50歳の知中国派)が離脱、有名無実化していたが、米中対立が先鋭化した2017年後半にトランプ前政権が復活させていたのを、バイデンの進行役で大統領就任2021/03/13が初めて、それはバイデンの世界戦争シナリオに従って変更なの?


そして2021/11/18、「米議会の超党派諮問機関「米中経済安全保障調査委員会」では、2021年の年次報告書を公表、台湾有事について「危険な不確実性の時代」に入ったと警告?だったが、台湾の蔡英文総統は元旦の談話では、年末とは打って変わった調子?


中国との関係について「軍事では決して解決しない」と強調に変わる?その翌日には、正月2日カザフに暴動が、8日には鎮静へ?それから1月足らず?ウクライナへ米兵派兵3000が02/02、追加3000人が翌3日。この流れの裏側?米国の次の戦争の方角が、台湾近海から、ウクライナ方面へと移動したような気がする?


② バイデンの二男とウクライナの天然ガス会社
バイデンの方針転換?かも?その転換の訳は、バイデンの次男のウクライナ疑惑? 米国政界って、日本も同じなのだろうが、親族を金目で包んでいる?「次男は月収500万円」バイデン父子がウクライナから破格報酬を引き出せたワケ 安倍政権の対ロシア外交を妨害も | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)


バイデンは次男のウクライナ疑惑を消しつつ、プーチン独裁を世界のマスメディアに叫ばせつつ、ウクライナのコメディアンのゼレンスキーを大統領を繰りつつ、今も動いている?


これは環境破壊的な米国のシェールガスをロシアの天然ガスの代わりに売り込み、軍事産業の望み通りの戦場をウクライナに拵え?何よりも次男関連の疑惑を国民に忘れさせ、ウクライナで、独裁者プーチン・ロシア退治と言う看板を立てて、次期大統領選挙に臨みたい?


③ バイデンの疑惑:

バイデンの二男・ハンター氏は2014「ブリスマ(ウクライナの天然ガス会社)」の役員に就任し一月5万ドル(約550万円)の給与を支払われていた。同氏の「ブリスマ」での役割は定かでないが、メールが送られた2015年、バイデン副大統領(当時)はウクライナの首都キエフを公式訪問、そこで10億ドル(約1100億円)の援助と引き換えに「ブリスマ」をめぐる疑惑を捜査していた検察官の罷免をウクライナのポロシェンコ大統領らに要求」、その関係を示すのが、2015年メールのような?


唯唯諾諾と飲んで?検察官を罷免したのが、ポロシェンコ大統領みたいだ。これらは世界のマスコミの拡散次第で、国際政治の紛争関係は作り出すことができるような?その実例は9.11の事件以降のアラブの戦乱なのかも?あれから国際社会はいろいろな国境警備、検閲体制システムを、国民の安全を名目にして強化したと?でアラブ(アフガンから)の戦乱・内乱も深まっていったのだった?


その顛末が、20年後の021/08のアフガンの撤退劇?残されたのはアラブの内乱・内戦の過酷。アラブの人々の命?フセインやカダフィの頃が安全安心だったアラブ世界かも?儲けたのがアメリカの軍事産業共同体・そして米国CIA/NATOのネットワーク?そして米国民の20年間は、貧困とホームレス社会への急ぎ足だったのではないの?


④ 「常に敵を必要としている 」のが軍産

戦争用機器?戦闘機・ミサイル・特殊部隊?これらは凄い金食い虫・フードスタンプ・ホームレス状態の国民に廻す税金の何千倍?世界のマスメディアに敵だ、独裁者だ、と拡散させれば、好きな所でその退治を名目に戦争ができるの?米軍派兵?NATO派兵もOK?


米国は遠く離れている?自国は安全圏?だから好きに煽れるの?旗色が悪くなれば、さっさと撤退して?次の戦場を勃発させる?そのために、自国外に生物研究所?原発なの?的はソ連邦のプーチン?その前は9.11のアラブの指導者達?あの派兵に対して、世界中のマスメディアは礼賛?今になると、嘘で包んだ進軍だったみたいな?「文明の衝突」だった?


アラブの子供達の悲惨?唯一イランが、結局自国内平和を維持できたのかも?悪の権現みたく世界中のマスメディアに叩かれつつも、ホメイニが守ったのは、自国イランなのかも?


青い目でも無く・キリスト教でも無く・金髪でも無く・極東の日本人達は今米国支配層(アングロサクソン)の腰巾着にされているけれど、米国政府の裏側(軍産とマスメディア)は何時でも、望む方角で戦争を引き起こせる、次は台湾?ならば次は沖縄・尖閣なんだけど?


⑤ 米国の属国には原発と生物研究所なの?

台湾有事があり得る2022の日本の領土、海岸線にならべて何個の原発が再稼働なの?「金目」で動く原発族・そして国内の米軍基地?地代はゼロで思いやり予算付き、台湾と尖閣列島、そのすぐそばの沖縄は、今米軍基地で覆われている?


国内の貧困化・高齢社会の介護サービスは節約をさせて、戦争の準備を進める「美しい日本系」の面々?まず政治家の御子息から、模範出兵して欲しいような?進次郎?維新の面々?は率先してほしい?


米ブラウン大の研究チームの報告は、アラブの戦乱20年の費用は8兆ドル(約880兆円)にのぼり、戦争の犠牲者亡くなった人は90万人前後に達すると言っている。アメリカ国民も、NATO加盟国国民も、アラブ・ウクライナ派兵の費用の出所と金額を調べる必要があり?


⑥ 戦争と平和・国民の命より「金目」?

米国CIA/NATOに使い廻される国土、その実態をウクライナ戦争、プーチンが世界に示し出す事は戦争の悲惨?そして世界のマスメディアアの裏側?停戦は何が条件なの?世界のマスメディアの嘘が、世界市民を連れ込みたい所は何処か?想像・観念では無く、事実を示すべき?ウクライナの生物研究所、原発の構造物の実際を知りたい?コロナ類似ウイルスはどうなの?


米国内にも、これまでは新しい原子炉の建設は何十年もなかったが、現在5基程度の原子炉を建設開始?これがバイデンのエネルギー政策の転換?もう自国民の命よりも「金目」に動いている?バイデン達米国指導者は、とうとう「自国民のいのちよりも原発」へ、「金目」の政治へと足早なの?属国扱いされる国・日本も?ウクライナも?原発や生物研究所?


⑦ ロシア天然ガスと米国のシェールガス?

2014年のミンクス、(ウクライナ・ロシア・仏・独)4カ国による首脳会談で停戦に合意だった。そして2019年の大統領選のゼレンスキーの公約に、ミンスク合意履行は入ってい手の選挙戦の勝利。しかし今なおゼレンスキーは、東部2州に対する自治権付与の行動を一切示さず、逆に、ウクライナのNATO加盟を強行に推し進める姿勢?プーチンの言い分の方があっている?


都合の悪い人への嘘拡散、それが世界中のマスメディアの口?世界中の国民の血税を繰っている?何よりも、格差に苦しむ圧倒的多数の国民のいのちと生活の為の、基幹エネルギーの選択。「ノルド・ストリーム2」を無駄骨にしたい米国CIA/NATOを超えるのかも?


20年間も、アラブの地を戦乱に落しても、米国は安泰だった。米国軍隊の海外派兵、アラブへ?この遠く太平洋大西洋を越えた地理的条件の米国?絶対安全な条件下で20年も戦闘継続して国内無傷。撤退すれば次の戦場を拵えている?軍事産業共同体(兵器産業達)の都合に従う米国政府?それが米国の残虐を増幅させている?国境線上の国々を、資金=「金目」で縛って進める戦争政治みたいだ?


⑧ 生物生命の経済社会かも?

そうではなく、生物生命の経済学?今の社会は対人援助の職業(医療福祉介護職)を求めている高齢化社会。そして子どもを教育育成する職業(教員・保育職)は人間のいのちと次世代育成の仕事を求めている。


農業は植物を育て、そのための大地の細菌など土地の豊饒化。漁業も養殖も魚場の保全・河川海洋保全がベースかも?森林原野の動植物の保全とは治山治水の仕事。これら動植物の命を守り、そのいのちと食物連鎖で繋がる人類のいのち、その連鎖、動植物を育成しつつの食糧生産の仕事、その食糧等生活物資の生産の経済?


技術革新は人手を奪うのではなく、その人手で高齢者・障碍者のケア・子どもの育成(保育・教職)。そして農業(植物の世話)・牧畜魚業(動物の世話)林業(山林と地中細菌の保全)かも。再生エネルギー資源の開発は、地球環境(動植物・生態系)と同調的な仕事社会と共にあり?


ウクライナの危機は、ウクライナを対ロシアの前線として使い廻したい?ロシアの天然ガスの流れを支配したい米国CIA/NATO?の動き?セレンスキーの裏側はこれだろう?日本なら松本人志・爆笑を大統領に据えて、後ろの参謀が(米国CIAと美しい日本系?)が指図する政権運営図式?プーチンの停戦への条件はどうなの?


日本は今台湾有事が怖い?国内操業をする企業を支援しながら、生物生命の経済社会へと動く事かも?日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp) https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788

この時代は、ホームレス状態でも使える社会保障ではないだろか? 
そしてコロナワクチンのメリット・デメリットを知りたい?死亡者・重症者・感染者・ワクチン接種後の動き。特殊死亡率という、平常年との死亡率の違いを知りたい?それが増えているそうだが、死因は何なの?
金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。新自由主義はどうなの?そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。
①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP