ブログ一覧

ワクチン問答?

仙台市長選 票の開き、5倍以上の集票で、自民党候補が敗れている?こういう前例はあるのかどうか?投票率も低い30%を切っている。この場合、創価ムサシ、公明党は自主選挙だし、降りたのかも?もろ本当のことが表れたっぽい?


でもオリンピック有観客強行、問答無用っぽい村井県知事に対して、有観客を反対し、反論も言ってくれる市長さんだった?自粛・三密・自宅でテレビ五輪を見ていなさい、みたいな小池知事達、そうするしか無い極暑のなかの国民生活に、彩(いろどり)があったし?


① 五輪の多様性って、何なの?

気が付けばコロナは、これまでにない拡大中、日本へのワクチンは後回しのようだ。いろいろと「美しい言葉」「レガシー」だが、今度は「多様性の五輪」だそうだ?


だけども、多様性(ダイバーシティ)、多種多様な人々が参加して多様な人々の人権を考える、そのレガシーでも、日本国民はコロナの中で命を軽視されている?日本人の命と人権は、ダイバーシティの中で、顧みられる事がなくて良いの?それが五輪なんだ?


日本国民の上にはコロナでも、五輪を進めてアメリカNBCの放映権、2兆円の利益を出す?国民は自粛で、家でテレビを見ればいい?そしてコロナにはワクチンだった筈。でも白人達が先なんだ?日本は後回しにされったっぽい?


人間はだれでも病に倒れれば死ぬ中で、全世界から、東京へと一極集中のスポーツの祭典、五輪。国民の命と生活はどうでも構わずに?スポーツの祭典が酷暑の東京で続いている。子供たちの観戦まで言い出している。


② ワクチン効果とワクチンの副作用

「国を代表する総理と、主催者を代表する知事が言っている。これ以上の立場の方はおられない。その考え方に同調するということです。独自の立場で、我々が議論を展開する態勢を持っているわけではない。判断を放棄しているわけではない。これ以上ない立場の方々の判断を尊重するということです」これが、東京オリンピック(五輪)大会組織委員会の武藤敏郎事務総長の発言。


これだと、上を絶対忖度だ。これ以上ない立場の人だって?ガタルカナルも、インパールも進軍せざるを得ない理屈と同じみたいな、逆らうな?これが2021年の日本の政治、ぜんぜん太平洋戦争時と同じだと思う?


大切なのは、国民の命の安全ではないだろうか?この酷暑と湿気の中のスポーツ、それを観戦する人達とコロナ。双方の命が問題な感じがする?


③ [ワシントン 31日 ロイター]
    
 新型コロナウイルス禍で家賃が払えなくなった人向けに米政府が設けていた立ち退き猶予措置が、7月末で期限切れとなった。数百万人の借り手が住む場所を失う恐れが出ている。立ち退き猶予措置を巡っては、バイデン大統領が29日、新型コロナのデルタ型変異株の感染拡大を踏まえ、延長するよう議会に要請していた。


米下院は30日、同措置を10月18日まで延長する法案の全会一致での可決を目指したが、共和党議員1人がこれを阻止。民主党指導部は、同案を正式な採決にかけるのに十分な支持が得られなかったとしていると。


私達は子供の頃、自家用車を乗って郊外に買い物に行く、豊かなアメリカは憧れだった。そしてやがて洗濯機、電気釜、テレビを各家庭に迎えた日本の子供達だった。でも今の米国社会は、日本の先を行く貧困化が酷い?それが自由と民主主義の国・・


④ コロナの中和抗体・医療の事

抗体の働きを大きく分けると4つがありますと。(中外製薬)コロナへの抗体、スパイクタンパクを包み込む中和抗体が、模式的に図解されている。抗体の働きとは?|バイオのはなし|中外製薬 (chugai-pharm.co.jp)
https://www.chugai-pharm.co.jp/ptn/bio/antibody/antibodyp08.html
でも人体の免疫機構は、人類600万年?ホモサピエンス(新人類)20万年の歴史を背負った免疫系で、なかなか複雑だ。高校講座もある。
https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/seibutsukiso/archive/resume026.html
コロナウイルスを認知できる人間の免疫機構については、欧州とアジアでは違うようで、私はびっくりだった。コロナの変異株、そのヴァ―ションアップについても、まだ不明な所が多いような気がする?


なので、全世界市民にワクチン投与、2,3度、そして1年後には消える免疫力(抗体)だとなると、生命原理の根本から考え直してしまいそうだ?地球や生物生態系の中の人間の命だから、人間が「使える文明の力」は医療だと思う。症状が出たら治療が必要、社会の中のコロナの蔓延状態を阻止できないところ、その周辺なのかどうか?でも現時点では、感染の実態を把握しながら、命を守る医療が大切?


⑤ 国民を自宅療養させて、オリンピック?

この種のRNAウイルスは、コロナで終わる事はなく、間もなく次のウイルスがやって来ると思われる。そのウイルスがこのコロナ程度なのかどうか、エイズ以降のノウハウがあるようなので、対応できる医療施設、入院なのか、療養所的なのか、かつて国民病だった結核療養程の長期入院ではないので、医療システムの中に、症状ある人々の医療的コントロールのためのシステムを、国費を投入して作り上げていく時代なのかもしれない。


人類が永年、地球上の生態系を、簒奪して生産活動を、農漁業を進めてきた「付け」なのかどうか?産業活動、国民生活、社会を守るために、国民医療を作り上げないと危ないのかも?


英国のジョンソン大統領は、予防注射を打っても安全ではないコロナという認識の上で、なのかどうか?それで行動制限の解除、経済への動きへ向けたようだ。でもそれは有名な「ゆりかごから墓場まで」のNHS(National Health Service)、ほとんど無料の国営の医療があるからでもあろう。重症者、中症者は、安心して医療にかかれるから、国民の恐怖心がマイルドなのかも。


⑥ 産業活動とコロナ対策

コロナの自粛、三密防止の生活とは、人との交流こそが生きる目的と言っているユダヤ系のフランス人、レヴィストロースの言う社会文化的な生活への入り口で、政府がストップを掛けたみたいな?気もする。反人類性?人間性みたいな政策にも思える?


なにか他者の言葉を聞き合い、重ね合い、いろいろ考えながら仲間と共に生き伸びてきた人類の、基本構造に反するのが、現下コロナ対策とか?言い過ぎだろうが?そしてコロナとは、人間の免疫機構が認知困難な程、医療的侵襲性が低すぎなウイルスなのか?抗原になるタンパク等をカクテルにして人体に注入しないと、抗体反応が出ない? 


重層的、システマチックに機能する免疫機構な筈、そしてそのコントロールを失調、暴走もありえる?重症例に陥る人々が出て来ているが、それが自己免疫症候群的?な感じ、ある種の難病的だが、治療法はある?


それはワクチン効果の裏側かもしれない?こうしたリスクを回避しつつ、中症者、軽症者をまもりつつ?ワクチンより自然感染者の抗体の方が強いと言う英国の発表を読むと、ワクチンではない選択もあり?注意深い市民生活を今まで通り持続しつつ、不要不急の動きをおさえつつ、産業活動はしっかり守りながら、国民の命を守る、そういう政治を選択する事、それがコロナ後の生きやすい、安堵の道かも?


⑦ 注意深くデータを読みながら

mRNAウイルスは何処まで医療的侵襲性が高いのか、否か?中症状者、重傷者の症状は、その経過はどの程度なのか、心配はその流れ?


重症者の症状は、非常にサイトカインストームに近いようだ?サイトカインとは細胞からでるタンパク質で、他の細胞に命令を伝達するための物質。大量のサイトカインが発生するサイトカインストームにより血液の凝固異常が起き、血栓形成が起こります。それによって心筋梗塞、肺塞栓、脳梗塞、下肢動脈塞栓が起こる可能性(自己免疫症候群)がありますと。


なので、重傷者を治す手立ては、この自己免疫症状への対応のようだからノウハウがある。命を守り、自己免疫(サイトカインストーム)の程度をコントロールしながら、医療対応でコントロールできないのだろうか?


⑧ 経済とコロナ対策(自粛・三密等)
ワクチンの効果と副作用を見極める事かも?経済活動を止めず、商売を止めず。コロナの自然の感染拡大の中で、症状ある国民への確実な医療措置を敷きながら、来るたるべき新たなウイルスへの対応の為の、医療制度を税金を出動して整えていく事。それを今のコロナ対策と並行的にかも?自宅待機者への往診体制、隔離と診療、入院のシステム化を通して、医療整備では?


「Go To・・」で二階さんが会長の全国旅行業協会 への税金流しより、国民の命と生活の向上、その緊急性の為に、国費を入れて在宅待機者に対応かも。


⑨ 五輪後の世界とアフガン

バイデン大統領誕生から半年が過ぎた。世界は米中戦争、ロシアのヨーロッパへの出口の不穏、その心配が拡大している。独裁者は、習近平、この人を潰したい?それは2001年の9.11の時の、アフガンのタリバン、ビンラディンと同じ、悪の権現みたいだ?


でもあの後アラブ世界は、カダフィもフセインも独裁者として葬られたけれど、アラブに平和は来なかった。戦乱の巷に国民の苦しみの声が増している?あの悪の見本だったタリバンは、20年後の今日、米軍撤退の全土を統一して国家をつくるという、その動きは国民の意志、願いのようでもある?


⑩ 五輪後の日本

この五輪を超えて、発展するアジアにあって、米中対立の真ん中という地理的位置にあって、日本の国は独立独歩を歩み始める事かも。太平洋戦争のアジアでの犠牲者たち、国内の東京大空襲広島長崎沖縄の惨禍、それらを二度とひき起こさないためには、戦争による国家間紛争の解決はやめないと?


勝っても沢山の命が失われる戦争、そして負けてからの妥協ではなく、外交交渉での妥協を勝ち取り合い、互恵互酬のアジアの時代へ向けて、日本は大きなプレゼンスを発揮することかも?今、五輪で税金を使って儲けているのは、米国NBC、テレビの放映権だとか。税金を使わない、いろいろな国際大会を税金無しでやってほしい。「金目」の為に嘘で囲わない、国際政治が、次世代の幸せの種になるように?


自分達の為のシステム、政府、税金なのに、日米密約下の日本では、税金が何処に廻るのだろうか?「円を貢君」だったので、政治的な地位を守られてきた日本の政権、自公政権なのかも?大英帝国の夢達(英米カナダ・オーストリア・インド)の「金目」の為、下僕のような自公政権にも見えてくる?


戦後76年目の盛夏のみぎり、この軛(くびき)を超えて、インパール・ガタルカナル・満蒙開拓団・沢山の日本の植民地の人々の苦難を振り返り、互恵互酬のアジア的なルールを、コロナ後の世界の平和を、作り出す時代かも?


朝鮮戦争直後、アメリカアイゼンハワ―大統領の国連演説、原子力の平和利用は多分「駄法螺(だぼら)」だった?「駄法螺(だぼら)」も通ってしまう?大国の力?21世紀の世界中の国民は、「駄法螺」を見抜き、国民生活基盤を、じわじわと作る上げるため、創価電通、竹中パソナら既得権者から、税金を国民の手に、東京五輪の為の「金目」、コロナワクチンの「金目」それらを超える事かも?新しい政治、社会保障財源確保、それは国民の命が一番だから。


荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP