ブログ一覧

明日は安倍元総理の国葬

ウクライナの戦争から第三次世界大戦?核戦争?と言う心配が世界を覆っている?ウクライナの原発へのミサイル、攻撃は福島・チェルブノイリを思い出させる?互いに相手のせいにしているけれど、自分が管理している原発を攻撃するってあり得ない?ゼレンスキー側なような気がする?

そしてウクライナの国民投票・認めないという米英NATOの宣言、当事国はウクライナとロシアだが?ウクライナの戦争、米英+NATO+EU対ロシアと言う感じだが?世界中で戦争の種が育っている?台湾有事が心配な今?明日は国葬が待っている。

① 明日は国葬

世論が分かれている中で、「官邸の一存!」国民の血税、国家財政なのに、「与党の自民党」の思うが儘に、そのために地価の操作もありだった森友、加計学園の経営側は岸信介の血縁?だった。顔を見ればよく遺伝していた。

桜を見る会は安倍晋三総理の後援会行事?そういう政治だった?今度も総理の一存的に、だんだん増えてくるこの国葬経費、16億6000万まで?この後警備関係などなど?どこまで大きくなる?それが実際らしい?

でなぜ?G7クラスの首脳は来ないのか。トルード―カナダの首相迄が昨日、内政重視で来れないと発表があった?安倍外交・安倍内政の無残を、世界は知っている?のかどうか?この国内の食料品の値上げ、品薄の中で、秋を迎えた日本列島に大規模台風が次々だけれど?秋の実りが大切な時期だし。経験したことのないインフレがくるの?

② 第三次大戦?台湾有事?

ウクライナは戦場・そして世界中から供出された兵器が投入されている?戦争は最大の消費活動?爆砕に次ぐ爆砕だから?軍事産業共同体の製造物・商品が、絶え間なく消費、爆砕されていく。その他全ても、街並みまでが爆砕、最大規模の消費活動にも見える?ウクライナは消耗品?その国民生活も未来も?

そして台湾有事に備えて?日本最西端で台湾に近い沖縄県与那国島の自衛隊駐屯地、「南西地域の防衛態勢の強化は、我が国にとって喫緊の課題だ。目に見える形で強化していきたい」とか、一昨日の記事。そうなれば沖縄の米軍基地群、本土の米軍基地・自衛隊基地だから、この辺り日本近海は、爆撃機とミサイルにならないの?

米国の属国・78年前の戦勝国米国と敗戦国日本。その構図のままに安倍晋三の祖父岸信介、麻生太郎の祖父達が結んだ日米密約を思う?基地権密約・基地権についての極秘報告書(1957年)が怖い?その3年後60年安保時の密約が基地権密約*これは今も生きている?国民に知らされていなかった二国間条約って、どこまで拘束されるの?米軍には治外法権を与えている。これでは日本国土は米国の自由だし?

➂ 戦争は最大の消費活動?金目が動く?

遠く太平洋を隔てた米国は安全地帯。中ロ対米国、その戦争状態ならば、米国の盾となる地理的位置が日本。この重要な地理的位置にあるからこそ、我が国は多方位平和外交で行くしか無いような?

世界中から供出、投入された兵器が、次々に破壊され、街並みが爆砕され、原発までが爆砕されようとしているウクライナ?軍事産業共同体への国家財政からの支出、それが防衛費、そして政治家への賄賂とキックバックの世界政治なのか?

日本の戦後の焼け野が原、何でも売れた物資不足だったという。「自由と民主主義」「市場の自由な競争」というけれど、「自由と民主主義」は『金目』には勝てない?賄賂が物をいう、大企業のトップと政治家、政策でお返し?のような。統一教会は、そうして、日本人信者だけ、寄付金額を指定して取り立てては韓国へ、またその『金目』で政策を動かしてきているのだし?

➃ 自公選挙と宗教と『金目』

日本の自公政治って、創価と統一教会?沖縄の知事選の時は、沖縄まで創価信者達?大挙選挙運動に出かけていた?小池百合子都知事選挙の頃、北海道から応援に来た来た創価の女性だと言っていたが、家の前の路上で選挙運動の前なのに、キャッチセールスされた私。あの人達の宿泊費・交通費は、何処から出たのだろうか?

民主主義の根幹?スタートラインみたいな選挙が、買収?タレントの笑顔、美男美女?統一教会の若い女性の選挙ボラ?そして創価の熱気?マスコミも『金目』で書かされる記事はどれなの?国家予算は国民の生活安定のための筈?なのに、自分達の政治家の椅子の為に使い廻している?

安倍晋三元総理の桜を見る会って後援会行事、でも総理だったから国家予算でやっても良かったことになっている?『金目』が通す政治、自分の政治家の椅子のための政治?国民のいのちと生活より、自分の政治家の椅子の為に血税を使う政治家だった?

⑤ 国境を超えた『不平等』の教え 

統一教会の活動は、日本人信者からの献金で世界中で進められている。ジャパンマネーという事で、日本は献金集める国になっていた。この役割分担、それが日本の朝鮮半島の併合・植民地化・慰安婦問題で、贖罪の献金と言う構成になっている。

この贖罪の献金と言うのが、すべては『金目』と言う、西側世界の究極の『ゆがみ』なんでは?カルトと言うのか、統一教会と言うのか、最後は「金額」が物を言う世界?お金で何でも許される世界なんだ?すべては『金目』次第?寄付金額が教団内の序列なのか?日本人信者は金づると言う役割だなんて。https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_228118/

世界宗教、仏教にせよ、イスラム教にせよ、国境を越えて平等を説くという。「富者が天国に行くのは難しい」「富者の天国は貧民の地獄である」と聖書は言っているが、その真逆になりそうな教えかも?日本人信者から莫大な献金を毎年毎年集めてしまう宗教?その金に乗っていた与党自民党、そのカルトと与党を結ぶキーマン、安倍晋三元総理が国葬に付される国が、日本なんだ?出席する政治家達を眺めよう。

⑥ しっかりした社会保障制度を作ろう

こういう税金の浪費政治は、この貧困化する日本社会をさらに困窮させるのでは?明日の生活費に縛られれば、「自由と民主主義」はカルトの呪文みたいなものかも?先祖様の苦しみを救うために、現世の子供達、宗教二世は困窮し、そういう自由ってあるのだろうか?

そうではなく、今の日本社会では、最低生活保障・安価で設備が整っている「住まい」が大切。北欧諸国は戦後、賃借人側が作った組合が、自分達の住まいを建てて、管理して、国がそれを援助する住宅建築で、集合住宅・団地へと動いたとか。その建物は今も健在、北欧の豊かさを支えているそうだ。土木工事はそういう風に使う事かも?

世代を超えて、国民生活を支える社会保障のルール・最低所得保障・リーズナブルな住宅政策は、生態系保全型の街並みを作っているそうだ?そしてイギリス型の医療制度の様に、「(効率性-費用削減)と(質-治せる医療)」の二兎をどうするのか、その工夫のような?新しい政治で、しっかりした社会保障制度に税金を投入、安倍晋三一族やカルト政治を脱していく事かも?

⑦ 福祉国家社会へ

地球の上の命のつながり、生態系保全(動植物と食べて繋がる生態系の一員としての人類だから)・水(H2O)を、空と海と陸の循環回路に乗せて、大地には多くの地質細菌と水分を蓄える農業社会かも?異常気象の修正の道筋を考えながら、「市場原理」『金目』を越えて、生物生命の政治へ向けて、新しい政治は『金目』原理ではできないかも?

このまま台湾有事に突っ込み、戦争経済でいくとどうなるのか?米国の軍事産業の言いなり?そうではなく、国民みんな、99%の生活物資(食料と住まい)の流通確保、その物流を廻す力、強い円と農業漁業の礎を作り上げる政治かも?

大地と海・地球環境保全の為に、税金を動かし、水(H2O)の循環を軌道に乗せる事かも?異常気象を超えて、地球環境・動植物といのちで繋がる経済社会、直接国民を雇う形で内需拡大が、福祉国家への道かも?

 生物生命の経済?

いまこそ『金目』より『いのち』・そのための異文化共生・協働かも。ゼレンスキーは破壊の大統領かも?原発への攻撃は危なすぎ?食糧増産・生態系保全・動植物も命・人間の子ども達も新しい命だから。

個々人の起業活動を支援、でも公共財的な所(水道事業・医療介護・公衆衛生・国防等)は私企業を入れず?公的・政府機関が握る?賃金決定方式は、ノルディックスタイル(経営側と労働者の合議)。マスメディアは市民参加の監視を必ず受ける事?最低生活保障を整える社会。いわば「新しい社会主義」。戦争経済まで行きたい「自由と民主主義」では、最後は破壊と戦争を求めるシステムだったりする?

技術革新は人手を奪うのではなく、その人手で高齢者・障碍者のケア・子どもの育成(保育・教職)。ウクライナの危機は、ウクライナを対ロシアの前線として使い廻したい?ロシアの天然ガスの流れを支配したい米国CIA/NATO?そのプーチン排除の動き?セレンスキーの裏側はこれ?

戦争は国民生活を破壊?で政治家達、中抜き委託族は安泰かも?99%のために、国内操業をする企業を支援しながら、生物生命の経済社会へと動く事かも?日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp) https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788 

金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。「金目」でなく「生物生命の再生産度」「物流/通貨指数」。そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。

①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

PAGE TOP