ブログ一覧

福島の石棺化への道(2)

「事故から10年、福島では漁業復興への努力が続いている。対象魚種や海域を限定した『試験操業』を今年3月に終え、本格操業に向けた取り組みを始めたところだった。それなのに、処理水を海洋放出するのでは今までの苦労が水の泡になりかねない。『再び風評被害にさらされる』と地元の漁業者らが反発するのも当然だろう。」これが、福島の漁師さん達の実情らしい。


① 福島の海に汚染水投棄を政府決定
菅友、公明党創価は、放射能汚染水の海洋投棄を昨朝ほど決定した。何かひどい感じが、当の与党公明党山口代表の発言。この海洋投棄について「当時政権を担った方は責任持って発言を」だらしい?福島の原発事故時、2011/03/11当時の政権は民主党だったから?


でも何故原発事故当時の政権担当者が、海洋投棄の責任なの?10年前の事故、それはむしろ、原発はクリーンで安全と大宣伝、原発の危険性を顧みず、旗を振った中曽根康弘さん達、自民党達とか?


当時は朝鮮戦争勃発の1950年6月、1953年7月末の終結、その後4か月の年末に、アメリカ大統領アイクは国連での演説、「原子力の平和利用」だった。それを受けて?中曽根さんの動きで日本の原子力発電は、海岸線に並べて54機へと動いたのだから?言えば自民党サイド、アメリカの核戦略かも?


② 汚染水海洋投棄しか術はない?
こういうニュースを読むと、責任って何なのか、誰の為だろうか?国民の命の為ではないんだ?そして「福島の復興を前に進めるためには(放出は)不可欠」と言う梶山弘志経産省、復興って何だろうか?汚染水海洋投棄が不可欠な復興って何?


確かに3.11の時の政権は民主党だった。でも今回の自民党公明党の汚染水海洋投棄、その決定責任はどうなの?その責任、国民に説明すべきは、山口代表本人、あなた方自公の決定責任でしょう?何かフェイントっぽく、目くらましで逃げるみたい?御本尊様ってこういう風なのかどうか?


山口代表は、責任をもって発言すべき人、海洋投棄の方針を立てている帳本人じゃん?世界の海に汚染水を廃棄?汚染成分の正確なデータを示して説明すべき?どういう将来への見通しがあるのか?投棄する汚染水の放射能、その詳細説明をして欲しい?


③ 放射能汚染水の影響の程
海洋投棄される放射能と基準値、それは地球環境、そして人体への影響については、データは不十分?2018年以降、ALPSの放射能汚染排除効果は、どう改善されたの?


放射能の影響については、広島、長崎、スリーマイル、チェルブノイル、福島?まだ日は浅い技術?なので、政治的な力を持つ側の希望的な観測も、好きに通せる?曲げることが出来る可能性がありそうな?マスコミが一斉に拡散を続けたり?創価、電通、博報堂など、金目でどうでも動くの?今、ニュースの透明性が大切な国が、日本かも?


放射能の生物に対する影響、そのデータは広島、長崎から始まった?放射能は次世代への影響が心配。でコロナのワクチンと同じく、遺伝子を不安定にしそうなところが、データを読み込みたいところかも?


コロナは、いつもの冬のインフルエンザが消えている中のコロナでも、マスコミは連日コロナ感染者の数字を報道している。一方の汚染水の海洋投棄の影響は風評だと言うのが、不思議?アンバランスというのか、マスコミ報道。上のいう事の中の、本当の事が知りたい?
http://b.mirai21canal.com/?eid=1020497(非核三原則)


④ 維新の橋下さんと吉村さん
維新の橋下さん、この人はマスコミの寵児?彼曰く、福島の汚染水を瀬戸内海で引き受ける、大阪湾?に。で維新の府知事の吉村さんは、言う事を聞くんだと?引き受けるみたいな?


これは住民投票も必要みたいな案件になる?瀬戸内海の漁業、沿岸住民?なにしろ吉村府知事は「うがい薬でコロナ」の知事さんだったし、橋下さんの言う安全の根拠を問いかけたい?放射能の生態系への影響について、科学的根拠を問いかける事が大切かも。政治的な目的で曲げられる可能性が大きい?


金目というのか、政治の都合でマスコミは動く事もあり?取り返しのつかない、いのちの問題を、リスクを取って考え、進める政治かも?福島の事故を、あの10年前に想像できた人はいない?起こって見て初めて分かるような事故だった?この維新系の二人、改めて、危な過ぎの政治家に見えてくる?
  
⑤ 日本政府の海洋投棄を支持するIAEAとは?
当ブログ2019/03/31 http://b.mirai21canal.com/?month=201903
    2019/04/04 http://b.mirai21canal.com/?eid=1020497
IAEAという国際機関、汚染水の海洋投棄を支持している。でもこの機関はアメリカが、原子力の平和利用の衣を着せて、日本に原発を抱かせるため?だったかもの国際機関?あるいはアメリカの核戦略を通すにあたり、とても役に立った機関のような?今回も福島の汚染水は問題なしの「お墨み付き」を出している風だが?


これではやはり、福島の汚染水海洋投棄は、アメリカの命令と言う話は、どうなのか?このコロナの中で「Go To・・」などの税金を、コロナ対策へ、そして福島の原発流入地下水を、海へときれいなまま迂回できる灌漑設備?う回路の工事用費用に廻す?出来無い話ではなく、政治の決断かも?自分達にだけ税金じゃぶじゃぶしないで?


汚染水の容量削減、新保管地域調達、そして放射能の生態系、国民の命への影響は、いのちの問題なので、コロナ同様にその可能性に対応し、国民に安心、漁場に安全を保障するのが政治ではないだろうか?政府は、アメリカ、日米合同委員会からの自立、そういう政治、政権でないと、日本の未来の為には?


⑥ 政治が守るべきことは?
放射能、今のコロナウイルス同様に、人間の命の問題の放射能物質かも?なのでリスクを考慮しつつ、対応するしかない政治問題かも?次世代への影響はどうなのか?政治の役割?それが政治かも?


なので、汚染水のタンク置き場を増やして、ALPSの性能も良い機種への切り替え、除去技術の研究開発、トリチウムもアメリカでは除去技術ありとか、検討して汚染水の放射能組成の改善を進める、それが政治の責任かも。


トリリチウム(H3)は、重水素で重さは普通の水素の3倍だが科学的な性質、行動は軽水素(普通の水素)と同じなのが怖い。なので海洋投棄は最後の手段として、何よりも地下水の原発への流入を止める事、容量縮小を追求しながら、地下水脈の灌漑工事を見通しは?


⑦ 原発にながれこむ地下水
私の故郷には、水力発電所があるけれど、そこからの水路が山際をながれていて、その各所の水門を開けて、田んぼに水が廻っていた?地下水は水資源だから、有効活用することが出来ないのだろうか?工夫が必要かもしれない。


そして汚染水の貯蔵場所を増やし、放射能除去技術の開発、福島の石棺化を視野に入れつつ、そのために税金を使う事、それが最大の復興になり、国民の胸に、希望の灯がともるかも?


⑧ 真子様ニュースの頃
それから、今真子様ニュースが飛び交っているけれど、なんとなく、心配になる。それはこの方々の婚訳発表は4年前、2017年の5月、婚約は9月だが、その頃の日本も、今と同じく、大変な年だった。


2017の正月20日にトランプが大統領就任、02/13に北朝鮮の金正男暗殺、韓国では文在寅大統領就任05/10、この間ずーっと08/15のグアムミサイル攻撃予告まで、北朝鮮のミサイル発射が続いていた時だった?


今突然と?婚約者の文書が発表されている。この方々の婚約ニュースは、大きな政治の動きから、国民の目を反らす効果があるかも?そういうタイミングで動きが起こる?今年は今4月、これから何が起こるのか?コロナの心配の中、新しいコロナみたいな、心配になる?


⑨ 国民、世界市民の命の選択かも
今なすべき政治判断は、公益法人につぎ込んでいる税金を、トリチウム除染の処理技術開発に廻し、それまでの間の汚染水の保管場所を確保、地下水をきれいなままで海みに流す灌漑設備の建設はどうなの?どんどん増える汚染水では海洋投棄が何度も続いていく?


トリチウム(H3)は、他の放射能物質に比べると放射線量が小さいので、規制が緩く良いと言う事だが、H3なので、普通の水(H2O)の中に海中で入り込んでいるので、生物体も人間も、その体内はほとんど水なので、細胞活動中に取り込まれる確率は高いだろう?他の物質は代謝の外側からだが、トリチウム(H3)は細胞の中で、内側からの被爆なので結構怖いのだろう?生物の代謝過程で、生物をじかに痛める?


トリチウムには、ストロンチウムなどとは、違う生命体への、危険さがある?国境を超えて流れる黒潮に乗せない、その手前で頑張る政権を、次の選挙で選び出す事、菅総理もそういう決断を、だったのではないだろうか?


⑩ 世界政治も不安定な時代
①アメリカの意向次第の政治では、国民生活はどうなのか?日米合同委員会の下、日米密約?米国の核基地を願い下げるため、脱原発と広大な米軍基地の地代請求(フィリピン・韓国並み)から始めて、対等な主権国家間関係を取り戻す政権かも?脱原発ができれば、日本民族滅亡みたいな危機は回避できるかも?


② 国民主権の原則から、裁判官、高級官僚の人事権の、透明性確保→裁判官人事権を最高裁事務総局から、高級管廊の人事権を官邸から人事院へと移し、人事ルールの公開によって、安倍友菅友による高級官僚支配を脱し、裁判官の米国からの支配を脱し、最後には日米合同委員会の公開を進めよう。そのために息長く、本気で動く政治家、政権を育てよう。


③ 財政規律の確保の為に、政権交代時の旧仕分けに学び、今度は会計の専門家の協力を得ての財政精査、そして国会への報告のための委員会設置かも?その中で明らかになった、電通への無駄委託、創価の中抜き、自公集票の為の無駄補助金を見つけだし、その額で日本版ニューディールを始めようとする政権かも?


これらを妨害するのが、世界中のマスコミと日本中のマスコミに違いないので、独自のニュース発信網の構築、すべての議論を公開する、脱忖度、脱教育勅語文化の、マスコミ新設かも?


①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

PAGE TOP