ブログ一覧

北朝鮮の後ろ側

前法相が、広範囲に現金を渡して、買収と言うのか、選挙違反。それが自民党からの1億5千万、同じ自民党の候補を落とすため、相手の人は1/10の千五百万円。日本はどうなっていくのだろうか?

① 安倍官邸の「敵基地攻撃能力」
そして安倍晋三は通常国会の閉幕を受け、首相官邸で記者会見、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入計画停止を受け、「ミサイル攻撃を未然に防ぐため、発射前に相手の基地を攻撃する『敵基地攻撃能力』の保有も、検討対象とするとの考え」だと。」昨夜の発表。

敵基地攻撃能力って、「政府は憲法上許容されるとしつつも、保有を否定してきた」のだが?「イージス・アショア」の導入に変えたいと言っている。河野太郎の「イージス・アショア」中止って、この露払いだったの?

21世紀の核兵器の時代に、やったら?やられる?やられたら広島・長崎以上もあり得る?安倍晋三の祖父、岸信介の時代、シナ事変のころとは違う。歩兵が、銃撃戦が、と言う間もなく惨状になる核兵器の21世紀。東洋の黄色人種(日本人)の運命を、アメリカは大切に考えてくれるのか?否か?

② 北朝鮮の金正恩の妹さん
南北の連絡事務所を北側が爆破したらしい?5月31日、韓国の脱北者団体が、ソウル近郊から正恩氏を批判するビラ50万枚を風船につけて散布し、一部は北朝鮮南部に届き、多くの住民が目にしたとか。金正恩の妹氏、金与正氏の韓国攻撃は言葉を選ばず?兄と妹は任務分担、この人はタカ派の極めつけみたいだが?

今世界は、米中貿易戦争から、コロナへ、中国、韓国、台湾は抑え込んだが、欧州へ、インドへ、アフリカへ、アメリカへと拡大した。現時点では、インド、イギリス、南米以外は、夏を迎えて沈静?ロックダウンを抜け出したいところ、でも二次感染の恐怖をマスコミと政府が繰り返し警告中。ここで朝鮮半島は急激に緊張へと向かっているのだが?

③アメリカの人種差別反対デモ(BLM)は不思議
そのさ中の5月25日にアメリカ・ミネソタ州で白人警察官が拘束した黒人男性が警官の抑える膝で息が出来ずに死亡する事件をきっかけに、アメリカでは人種差別への大規模なデモが各州を巻き込んでいった。

トランプのデモ隊への軍隊導入の動きに反発、デモが全土へと波及する中、9月の大統領選挙の流れが民主党バイデンへと変わって行ったとか?このハイデンへの変化を確認すると?マスコミのデモ報道も沈静だった?で15日間に渡る凄い三密のデモ、その後もコロナが拡大しないんだ?謎かも?

トランプから、バイデンに流れが変わると、デモの報道は抑えられる?なぜか?潜伏期間は12日のコロナが、三密でも平気?コロナをコントロールできる集団?がアメリカ国内がにいる?でないとこの動きは無理?二次感染先って、どうなってくるんだろうか?

④ 2017年の北のミサイル発射を思い出す
世界中騒然のコロナ、さらに朝鮮半島の緊張?日本の隣国だから。3年前の北のミサイル発射を思い出す。あの年は正月から北の12回のミサイル発射、最後8月9日のグアム攻撃の予告だった。文在寅政権の誕生はあの6月。

島根、広島、愛媛、高知の4県の上空を通過するミサイルなので、自衛隊は8月12日未明からPAC3の部隊を配置、身構えていた。参)http://b.mirai21canal.com/?day=20170816
でもそれはどうやら、朴槿恵前大統領の公判への援護射撃?などとも読めた?今回はどうなんだろうか?何の為?

④ 北朝鮮は誰のために動く国家か?
当ブログ・2017/08/16を読み返して思う。改めて北朝鮮の後ろ側は?とか。北朝鮮は唯一残った共産主義国家、ソ連はペレストロイカ、中国は開放政策?修正社会主義へ?でも北朝鮮は、正真正銘の共産主義路線、一党独裁の極みかも?

で何故、北の金正恩が、朴槿恵前大統領の為に、ミサイルを発射して極東地域を緊張させるのか?タイミングを読むと不思議。勘違いを誘う2017年、最後にグアムへのミサイル攻撃と言うのが、カモフラージュだったとも読めてしまう?

今回も同じような動きをしてはいないだろうか?この裏側はアメリカとか?何かあの時と今は似ている?文在寅政権を窮地に、安倍晋三、安倍友創価族の税金じゃぶじゃぶから国民の目を反らすかも?極東地域の北朝鮮、共産国が暴れ出すみたいな?筋書き?金正恩は妹さんと役割分担をしている?報酬もアメリカからある?とか?

⑥ つい斜めに見る傾向になる?
安倍晋三総理、小池百合子都知事の嘘をおいかけて、後ろ側ばかり見て、こういう発想に陥るのかも。

今朝の隣のマンションの屋根に、スズメが一羽、随分小さく見えた。散歩道にはスズメのお宿になっている街路樹が、3か所ある。山手通りの歩道のところにも、うるさいほどちゅんちゅんちゅんと言って、さほど大きくもない木を揺らして騒いでいる。空気も汚れていそうな場所、なぜあの木が良いのか、尋ねてしまうほど。

スズメのお宿って本当にあるんだ。葉が落ちてからもちゅんちゅんちゅんと。みんなで集まっている。その方が暖かいのか、お宿で寄り添って暮らして、にぎやかにおしゃべりとかをして、それで日が暮れていくような?

⑦ 人間の社会は政治が大切
人間は自然生物的な類人猿から、社会文化的な文明人へと、移行した存在、「自然から文化へ」と、ユダヤ系のフランス人、レヴィストロースは言う。21世紀の不安定な時代を迎えて、互いに互いの命を守り合う、生物性を大切に。そのための社会文化でないと、文明も人類も滅びへ向かいは、しないだろうか?

こういう時代だから、互いの命が何よりも大切。人種を超えて、政治体制の違いを超えて、せめて抹殺し合わない、戦争とは殺し合いだから。日本は米中に挟まれていて、いざと言うときは最前線の地理的位置だからこそ、どちらにも組みせず。

戦勝国アメリカの捨て石、敗戦国日本では危なすぎ。米中等距離外交かも。「敵基地攻撃能力」はかえって周辺国を緊張させるだろう。戦争を国家間紛争の解決手段にせず、互酬互恵の外交政策を掲げる方が、身を守れるかも?
軍事予算を次第に縮小しながら、その税金で日本的なニューディール、税金でコロナ失業中の国民を雇い入れ、山紫水明の国土、緑と水を守り、耕作放棄地を再生し、食糧増産、安心な公的賃貸住宅システムの整備事業、医療・介護のマンパワーかも。

電通安倍友創価族に税金を廻して、選挙で必ず勝って来た日本の政治を変えよう。若い人たちの労働条件を、底上げし、子供が産める社会へと進みだす時かも?次世代の幸せのため、嘘で騙して自分達に税金を廻す安倍友創価族の政治を止めよう。選挙へと出かけて、国民の生活の底上げに税金を廻す、政権交代の選挙、都知事選挙はどうなる?

今こそ、脱「自民党安倍忖度」。「正直文化」で、若い人財を励まそう。生産工場の」国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、アメリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. 2020.07.5

    幸せの条件
PAGE TOP