ブログ一覧

コロナ・オミクロン株と株価暴落

雲ひとつない、晩秋の空?不思議が続く日本の空の下。コロナ不況が一服するのかと思いきや、アフリカで確認された、オミクロン株の感染力・ワクチン等の効果がどうなのか?


先週の株価の暴落、長かった安倍晋三・黒田総裁の経済運営の裏側、日本の富を根こそぎ何処へ運ばれてしまったのだろうか?それらの答えを出したい、そんな2022年になるように?76年前の敗戦国日本と戦勝国米国、その構図をどう塗り替える事が、私達日本人、アジアは極東の民の安心・安堵へなんだろうか?


① コロナ新種がアフリカで

オミクロン株に髪振り乱しているのが、英国のジョンソン首相、バイデンさんは「ワクチン接種を進めないかぎり、感染拡大を終息させることはできないことが明確になった」と。でも、感染拡大の実態、ワクチン効果、副作用、他の感染症(インフル・エイズ・ポリオ?)との比較も必要。


世界中のマスコミの一斉拡散の勢い、新種発見時からのデータ、各変種毎の比較、エイズ・ポリオとの比較データも必要なコロナ新種として、命を守るために、冷静な判断かも。


日本の衆議院選挙、その後の政治動向はアメリカ従属が固まって一服?これから米中戦争への動き、辺野古の工事、その海自体の海底の地盤の問題がやっとこさ表に出てきた?マスコミを牛耳る創価電通?自公が目くらまし報道で沈めてきた、沢山の事が表れいづる年、2022年になればいい?


② 維新の動き

日本維新の会は、政界引退の予定もあったような気がする松井会長が代表再就任している。そして片山虎之助共同代表(86)が意識混濁状態で、共同代表も降りるとの発表。維新吉村さんは2回にわたる大阪の住民投票(100+60億円)をして、でその結果を吉村知事は無視、大阪のカジノも都構想も、進めて平気?松井さんも平気で前言翻し(ひるがえし)て代表みたいだ?


議員の交通費問題、でも血税の無駄遣い、その本筋は、政策を掲げて良さげな理念と目的の下で、創価電通や政治家の関連団体が、中抜き委託で自分達ばかりが潤い、国民には雀の涙、それも一時金にしてしまう事ではないだろうか?


一時金ではなく、社会保障制度として、継続的に国民生活を保障する、脱貧困の制度を築き、そのための財源を手当てする税制度、これがフランスのやり方である。だって国民の年収減少、不安定雇用では、社会保険料(厚生年金・健康保険料等々)が一億総中流時代の様には、集められない各社会保険財政だから?


③ 美しい日本の現実

表には出ないかった日本の現実、美しい日本の中の「5080問題」。80代の親が50代の引きこもり、二―トと言われる子ども世代を養っていて、やがて「6090」問題に移動だとか。更に70代以降では低年金となり、子世代を養えない?


団塊の世代が後期高齢期(75才以上)を迎える2025年。日本の高齢者介護は介護保険の改悪?が始まっている。(要介護Ⅲ―起き上がり・寝返りが自分でできない。掃除着替え排泄入浴等の日常生活全体に解除が必要)にならないと、地域のボランティアのサービスに介護保険から移したいという改悪、それが始まっている。


(要介護Ⅱ―起き上がりも自力では困難。食事排泄入浴等の日常生活の一部または全体介助が必要)では介護保険料は毎月納めていても、地域のボランティア主導のサービス(地域支援事業)へと移していく流れが始まっている。


④ コロナ禍・不況だから?

介護保険の改悪・改正にしても、いつも理念と目標が先に立ち、現実が見えないのが日本の政治。国民への目くらまし報道みたいに感じる?株価暴落、来週以降の予測は?どうなのか。


隠しきれなくなっている日本の国情・現実。日本の富は、黒田安倍晋三7年8カ月間に後進国援助?円借款?の名目でどこへと流されたのか?安倍晋三の退陣後1年半になる。世界政治はアフガン後、米国一極支配が揺らぎつつあるの?


「戦争は(米国軍事産業共同体)の儲け!」だった。アラブの戦乱を太平洋上、日本近海へ移動したい米国CIA? 主戦場は極東にならないために、何が大切なんだろうか?


⑤ 隠せない?現実

低賃金で集まらない社会保険料?それを無視して介護保険は社会保険改革にしている?いきおい節約になり、重介護の状態でも在宅で節約生活を頑張らせる?それが今の日本の介護保険改正のような?でも国民の貧困化を表に出しての議論かも?


高齢者の気持ちは、次世代に迷惑はかけたく無し、出来れば残してやりたく、75歳以上は認知症の心配、判断力低下ありえるので、過剰な節約もあり得る?8050問題とは80代の親が年金で50代の子どもを養い続けている事、もう隠しきれない現実になっている?


国民の低賃金不安定雇用の現実・若い世代の引きこもり・ニートと言われる層も表には出さないで、介護保険改正問題を進めている?フランスのように税金をどうルール付して、財源確保の上で医療・介護を進めるかが、目だろうに?


⑥ 本当に困っている時に、受けられる社会保障

国民生活の実態を正直に把握して、それを認めて、できる限りの財源調達の工夫、社会保険財政に税金を公明正大に入れる議論、それが今必要であろう。


それがフランスの手法である。電通創価への中抜き、委託、与党政治家の関連団体への税金を落とすルートは水面下に隠して、美しい言葉で国民の目くらまし政治ってどうなの?


いま70代・60代では低年金時代がやって来そうな?もう5080問題も不可能だと?美しい言葉で隠してきた日本の現実を紐ほどき、表に出して、「誰一人取り残さない」政治が今求められていそうだ?


⑦ 国民の(衣食住医療)の政治

玉木維新は、戦争へと突っ走りたい、そうすれば米国が後ろ盾となって、マスコミに持ち上げられる政権になれるの?維新と同じ発想かも?そして憲法改悪?だけど戦争とは、「軍事産業の儲け」かも?戦争へ向けての国家財政、軍事費、軍産共同体は最も費用対効果を無視できる業界?


でも税金で失業中の国民を直接税金で雇い入れる事業へと動いたのが、アメリカのニューディール、それは失業対策。北欧ではエッセンシャルワーカーを公務員として雇い入れて、福祉国家へと動いたそうだ?国民の生活(衣食住医療)が大切。


 創価「ムサシ」の集票活動の怪しさ?囲っているから何でもできる?それってどうなの?日本の政治?温暖化に対する脱炭素で原発にもって行きたいの?地球温暖化は、大規模な産業活動が痛める、地球環境破壊とリンクしていそうな? (アマゾンの森林伐採・シェールガス採掘時の土中の小動物細菌絶滅?)嘘が満載のようなマスコミの一斉拡散かも?


⑧ 「互恵互酬」「お互い様」かも

維新は何を維新してどこへ運ぶの? 先へ行って曲げられる政治公約は、無意味だから。嘘で囲える?維新のメンタル?これが危ない、良く眺めよう?


日本社会を打ち出の小槌にするな  ーバラマキ外交の原資はどこから?ー | 長周新聞 (chosyu-journal.jp)  https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788


国連の脱炭素も、科学的根拠は非常に怪しい?誰が何処で言い出したのやら?金目の政治を変える、新しい生物生命の経済学を開こう。新自由主義はどうなの?そして選挙の集計を監視するシステムを考え出す事かも。
①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

PAGE TOP