ブログ一覧

河野太郎(気に合わない意見はブロック?)

自民党総裁選、日本のマスコミはこのニュースで占領中。コロナより自民党総裁選、候補者の動向が一番?でも今の先行きが見えない日本の社会、それは戦後76年の日本自民党政治が運んだところに違いない?


そしてマスコミが持って行きたい自民党総裁、最有力候補は河野太郎。でも彼は、国民の声、意見によっては「ブロック」なんだと?堂々宣言している?この人が首相になると、国民の意見は河野太郎次第、「ブロック」する総理だなんて?どうなの?


そう言えば、安倍総理も国会で堂々やじった総理?で答えたくない事は答えない人だった?仲間内?美しい日本的、同じ政治的意見でないと、無視するの?国民として、納税者なのに認めないような?それで美しい日本なんだ?国民は総理によって意見を選ばれる?何が悪い?当然だ?と河野太郎も安倍晋三も言っている。


① 大本営政治、その21世紀の姿?

「ブロック」するって、聞く耳持たず?かも。自分が気に入らない意見は国民の声ではないみたいな?これって独裁者なんじゃ? 国民でない扱い、その声を聞く耳は無い、拒絶と言う姿勢を堂々と、何が悪い?と拡散する政治文化?これが民主義国家なのか?大本営政治みたいな、日本かも?


右でも、左でも、それぞれどんな意見でも、その訳を抱えている筈?それが人間かも?言論は自由という事はそういう事かも?でないと、自分達の視野というのか、思想を狭くする、唯我独尊体制?ここまで言えるのは、大きなバック、後ろ盾の力?そうして習慣になっている?そうして通せる政治家人生だったのだろうか?


いつも忖度させる側、忖度しない人は非国民?大本営発表はどんな嘘でも通せた政治。で国民の命の方は、太平洋戦争の約300万人の死者、船舶の80%を失い、1945/10~1949/04までの3年6か月間には、消費者物価指数は約100倍だった。国民の命と生活と大本営政治を思う。忖度させ政治は危ない時代を招く?アフガン戦争、コロナ禍の世界政治はどうなの?


河野太郎、小泉進次郎、高市早苗さん達はアメリカ仕込み、後ろにいるのは太平洋戦争の戦勝国アメリカ、そして日本は敗戦国だった。河野太郎の上から目線が怖い?


② 日本版ニューディールで、仕事・給料を 
  
断定調で発言をする河野太郎、で八方に気を配る岸田さん?高市さんは大本営発表を地で行っているような?野田さんも「金目」なんだろうか?


自民党の政治を終わらせる選挙になれば、この人達は野党党首になる。今貧困が心配な日本では、「金目」政治から脱却しないと、選挙の結果が悪政を後押しにならないように?今度の選挙は、どれだけ「金目」の自公政治家を落とせるか?それが目になる?


そしてその政権交代も、何処まで「金目」を会計的に引っ張り出し、それを国民に正直に隠さずに見せての政策運営になれるか?税金の廻し方が肝だろう?電通創価・竹中パソナ・自公政治家の関連企業に「中抜きさぜず」「委託させず」が肝になる?


それには、何か公務直接執行体制を、模索だろうか?北欧諸国やフランスはそうしている?なので政権交代後は、国が政治家の関連企業で委託事業の税金廻しを停止する。国・自治体・関連NPOなどが、公共事業として、失業中の求職者などを雇い入れる、北欧諸国の福祉介護職はそうみたいだし。


③ フランスの就労支援政策

フランスでは、1988年末に失業者を支える為の、新しい生活保護制度を発足させ、翌年には連帯雇用契約 (Contrats emploi-solidarite: CES) という雇用政策を法制化している。生活困難者に仕事を、非市場部門(地方自治体,公共機関,アソシエーション・日本で言うNPO法人的)での、新たなサービスの創出、その仕事を提供している?


今の日本では、8050問題、80歳の高齢の親がその年金で50歳の子供を養うと言う社会問題が指摘されている?それは80歳の親なきあと、中年以降の子の世代の生活問題が深刻かも?


でもフランスでは働き盛りでも、自助努力しても難しい雇用環境になっている時代の変化を全国民的に認めて、保革合同で、新しい就労支援の生活保護を、その後は就職支援、住宅保障の政策を作り上げているようだ?

④社会保障制度は、その財源の手当てが大切

フランスでは30年も前(1991)から消費税ではなく、所得課税の社会保障目的税を立ち上げ、1996年にはこれを補完する時限立法でその補充制度を立ち上げている。
※社会保障の財源として1991年にはCSG(一般社会保険税 7.5%)を新設、1996年にはCRDS(社会保険負債返還税 0.5%)(社会保険の赤字補填のための社会保険財源税)を作り上げている。


それでも30年後の今でも、まだ社会保障財源は赤字から脱しきれず、従って時限立法は今も続いている。でも国民はこの社会保障関連の財政関係をオープンに眺めて、政府を信頼して、この制度への支持は高いという。


河野太郎は財源論無しで、年金額に言及、軽率男児?無知蒙昧?どっちなの?


⑤ 8050問題と就職を支援する生活保護

フランスの新しい生活保護制度、参入最低所得保障制度は、就職できない若い世代に、就職活動を支える最低生活費を支給し、住宅を手当てしている。いわば国民みんなの、自立を促す、就職支援の生活保護だ。


休職中、無職中の若い世代でも、親元から独立して(住まいが借りられる)、職業教育・就職活動をさせられるそうだ。で3か月以上就職活動をしないと、打ち切りになるそうだ。このエレミという新しい生活保護は30年前に、保革合同で国会を通し、反対者は3名だけだったが、それから社会保障制度全体(所得保障・医療・住宅保障・という。


そして各地域の失業者の相談所にはソーシャルワーカーがいて、役所に申請する時は同行してもらえ、独立して部屋を借りたら、その家賃の払い方、家計管理、近所との付き合いなども相談をする?ちょっとびっくり?これは8050問題への処方箋になりそうな?


⑥ 自民党忖度・創価御本様忖度を考え直す?

介護保険の、2015改悪以後の方向は、介護保険サービスは重症者(要介護3・4・5)と施設サービスだけになりそうだ?介護保険の中には医療サービスが沢山入っているので、介護保険の医療サービスも、医療のメニューは現場の医師がどっちを使うか決めているとか?


医療が必要になった要介護者は、介護保険の費用に加えて、医療の費用も半端ないだろう?どこ迄払えるのか、節約節約の時代がやってきそうな感じがする?介護保険料自体が毎月毎月半端でなく「根っこから」と言われて、年金支給前に天引かれているんだし。


毎月の保険料支払い額、そしてサービス利用時の費用、そして利便性を秤にかけて、ソロバンを弾き、政府忖度、自公忖度になり過ぎの日本だと思うけど、このままで日本の未来はどうなる?しかと考える時代がやってきているかも。コロナ後、8050問題、感染症対策、それには医療制度、雇用制度、社会保障の再編成なのかも?


⑦ 日本社会の貧困脱出のために

一億総中流の風は、小泉規制緩和内閣で消えてしまった。株と不動産だけにお金が集まる経済政策が自公政権の、中抜き、委託、自分達だけの金回り経済活動、税金出動みたいな?


そうではなく、新たなサービスの創出・就労・生活困難者に仕事を提供ではないの?フランスでは(参入政策―仕事の世界への参入)を進めている。なので税金の流れ方を無視して、美しい政策を並べる政治家が危ない?


税金の流れ方を変える政権かも?低年金者への年金額の底上げの為に、30年間も税制改革を少しづつ進めたフランスでも道半ば。河野太郎の政策って口だけ番長ぽい?


今の日本、水資源の保全。食糧増産、そして次世代のイノヴェーション力が、これからの日本の国力、子供を産める社会が大切。少子化を超える、社会保障の設計はどうなの?
⑧デモのさなか交流する先住民の子どもたち、ブラジル (msn.com)



このブラジルの先住民の子共達、日本人に似ている。モンゴロイド、黄色人種系、なんかどこかで会った事があるような気がする。ブラジルは新大陸・フロンティアと言って、アメリカ大陸を征服し、勝手に国境線を引いたのは、ポルトガル・スペイン・英国の白人達の「金目」だった?


先住民・モンゴロイドの命が、無残に奪われた歴史の果てに、今人類は、グローバリゼーションの真ただ中。m-RNAウイルスの逆転写能力やいかに?人間の遺伝子をコントロールできるようになったの?


でも生きとし生けるもの、すべての人種、子供達は「生を全うしたい命」だから。アフガンからアジアに戦場を移されない事かも?2大国とは是々非々、それが日本人が生き延びるための知恵では無いのだろうか?


⑨ 不気味な河野太郎の変化

アフガンを踏まえれば、日本の国の存続のために、アメリカの腰巾着政権は怖すぎ?対中国戦争にのめり込んで良いの?河野洋平二世の河野太郎は、脱原発と言っていたのを、原発は安全なら再稼働へと、考えを変えた。


日本の原発は、朝鮮戦争直後の米ソ緊張の中で、日本での核兵器を即製造可能な条件として、原発が必要だった?それが当時の米国アイゼンハワー大統領の国連演説の裏側かも?それを「金目」で海岸線に57戸も並べたのは中曽根康弘達、「原子力の金目」であろうか?


今米国軍事産業への委託事業だったらしいアラブの戦争、ボロボロなので、次にアジアの対中国戦へと移動したいバイデンさん?そのための基地としての日本の地理的位置が怖い。で日本には最低一つの原発が必要不可欠な米国の軍事産業共同体?原子爆弾は数日で製造可なそうだ?米国は対中国戦の為に、日本に原発を要求し、核戦争を想定なの?


それをアメリカ仕込みの河野太郎が引き受けたんだ?その発言とも読める?原発の管理、使用済み燃料の保管の上、脱原発は外せない、米中戦争の時代だから、米国の腰巾着自公政権を退場させないと、日本はどうなるの?


⑩ 金目の政治を変える国政選挙がやって来る?

対コロナは、治療薬ならば症状のある人だけの投薬。でもワクチンは世界市民全員に2回も3回も購入させる、それも税金から。最高の商売?製薬会社の「金目」は半端ないだろう。だから私達は、ワクチン効果と副作用を考えて、マスコミに煽られてしまうけれど、自分の今後の健康の為には、良く考えて行った方が良い?


「駄法螺(だぼら)」も通ってしまう?大国の力?創価電通、竹中パソナら既得権者から、税金を国民の手に、東京五輪の為の「金目」、コロナワクチン・世界の製薬会社の「金目」、それらを超える時代を開くには、新しい政治、社会保障財源確保、それは国民の命が一番だから。


 国連の脱炭素も、科学的根拠は非常に怪しい?誰が何処で言い出したのやら?
荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP