ブログ一覧

菅総理の退陣へ

涼しくなったマンションの庭に、雀たちが戻ってきて、ぬれた垣根の葉っぱをついばんでいる。そんな時、菅総理は総裁選に立候補せず?そう言えばオリンピック以降のマスコミ、総理を退陣させたいニュースが、続いて、続いて、何重にも重ねられたこの半月ばかり?


これは民主党政権の菅直人の退陣の時と似ている?今か、今か、早く退陣を!私達国民はそう思ってマスコミの論調を読んでいた?でも今になって思うと、あの後任の野田総理と比べたらどうだったの?既にして野田さんは「隠れ自民党」だったと、後から思ったし?


① 菅義偉総理の渡米時
菅内閣は昨年9月16日に発足、トランプさんとは電話会談が9月20日、午後9時35分から約25分間、その後対面での会談は無く、アメリカの政権はバイデン大統領へと移った。


バイデンさんは2021/01/21日が就任式、それから3カ月後の4月15日から18日まで、やっとこさ日本の菅義偉内閣総理大臣は米国を訪問して16日(現地時間)、バイデン大統領との間で初の日米首脳会談を行った。


この訪問により、菅義偉総理大臣は、バイデン大統領と対面で会談する初の外国首脳となったのだと。でもかなりの冷遇で、「日本側が強く求めた夕食会は結局開かれず、菅総理とバイデン大統領が同席したランチもハンバーガー1個だけという簡素なもの」だったとの報道だ。


「ランチの間もN95マスクの着用を求められた。息苦しいN95マスクは、高齢の両首脳にとって負担の大きなものであり、あれで本当に胸襟を開いた親密な会話ができたとは、正直言って信じがたい。」?案外菅義偉総理は、アメリカからはかなり疎まれていた?


② 自民党の次の総裁は超米国寄りが予定?
 菅総理のコロナ対策、「Go To・・」と緊急事態が同居だった?東京五輪も緊急事態の中、で今パラリンピックもそう。それが5日の閉会式を待たずに政権交代を言ってしまった?というのが不思議?


河野太郎・石破茂・岸田文雄・女性候補は高市早苗などと手を上げ始め、乱戦になっている。これから総裁選まで国会を閉めてコロナはどこ吹く風?ニュースは総裁選で白熱、人心はすっかり自民党の政局に沈む?


③ コロナ禍日本の国内事情
今国民はコロナで三密、出来るだけ節約している?高級国民は90才を超えて車を運転し池袋で暴走、ブレーキとアクセルを間違えたの?二人を死なせても、その息子たち、そして司法制度、警察?に守られて、普通の生活?高級国民には、治外法権がありそうだ?


それで、日本の治安は?風俗は満開、パパ活というのがある?若い世代は結婚に踏み切れない?安定雇用は少数社会、コロナで仕事が切れたら大変。期間雇用、臨時、パートの世界になっている。最低賃金が家庭生活に直接響いてくる社会。凶悪犯罪、家庭内犯罪はマスコミの紙面に満開のようだ?


ひき籠り、ニートを養っている年金世代?この国は30年前には一億総中流と言われた国。あの時代の夢から醒めて、国民の生活を守る政治、選挙行動ではないか?その習慣を変えた方が良い時代になっている?


④ 委託と中抜きを止める政権を選ぼう?
政治って、「国民の血税をどう廻すのか?」だった?自公政権は「小さい政府」にしておいて、政策は民間事業、自分達の関連会社、電通創価、竹中パソナらに委託して進める?それは米国政府と同じ。アフガンの戦争、あの惨状、戦争までが委託事業、民間軍事産業への委託事業だった。その結果がアフガンの惨状とも?


今の政府は、税金を廻すにあたり、中抜き、委託して仲間内で税金を流してしまう?「小さな政府」ってそうなの?創価電通が仕切るマスコミのニュース?木村拓哉の家族は準皇族みたいに、誉めそやされる?国民創価洗脳の道具?


国民を目くらまし、国民を勘違いさせておいてから、運んで行くの?荒れた犯罪が後を絶たない国情、若い人達は結婚も、子供をつくるにも、生活の先行き不安?そうではなく、税金を国民生活の安定に、今の自公維新達の税金の廻し方を変える政治。
そして国家財政の収支関係と日銀の金融政策、それが見える政治、でないと「今押し寄せつつある、世界のインフレの懸念?」みたいな株価?


⑤ コロナの中の経済活動
生産工場はコロナで閉じている?大手製薬会社は別?で国内の生産は落ちている筈?でも株価は世界中で上げ続け、これはかなり怖い?かも。これは通貨総量と物流のアンバランスが進行中なのかも、心配だ?


世界中が株価だけは好景気?これがインフレの始まりでない事を祈る?だってドル本位体制の戦後経済は、アメリカの一存で通貨は刷り続けられる体制?秋から冬に向けてコロナ医療と物流(食料・衣料等)と通貨のバランスがどうなのか?株価の今が怖い?


官邸の一存は、高級官僚と裁判官達を人事で縛って進む?ガバナンス!ガバナンスは、小泉進次郎の掛け声だったけど?これって誰からもチェックされない官邸の一存・誰もチェックできない官邸の一存。ガバナンス? 独裁体制じゃん?


⑥ インドのデルタ株
コロナは今度はミュー株?年末はインド由来のデルタ株だった、デルタプラスも。5月にブラジル由来のガンマ株、オリンピックが終って、次の変異株が現れるまでどんどん早くなる?今度はコロンビア由来のミュー株?これってどうなの?


インドのデルタ株の時、インドはカースト制度、ヒンズーの国、非可蝕民の人口を国勢調査で調べる事が出来ない程?この「産まれで決まっている」身分制度で、汚物処理等の仕事を世襲しているダリット(非可蝕民)達、女性は集団暴行されて虐殺されるニュースが結構ある?で美しいヒンズーの国、安倍晋三はたびたび訪印していた?


コロナでも街中に出て仕事をしないと食べられないダリット達は、コロナをどう防疫だろうかと思った?インドはどうなるの?とか思った。でも今インドでは感染は落ち着いている。ワクチン効果?触ると汚れが移るとされ続ける人達が億単位で生活する国がインドだけど?


⑦ ワクチンの為の税金支出と効果
ヒンズーの過酷な身分制度をのがれたく、仏教に改宗する非可蝕民(ダリット)は一億を超えている。日本人僧侶が指導者の一人。その国インドで、どうやら感染は大事に至らない?コロナって不思議過ぎ?コロナの実像は8,9月の超過死亡率を待つしかないような気もする?


岸田総裁候補は「国や地方の権限をフル活用して医師・看護師や病床を確保する「医療難民ゼロ」や数十兆円規模の新たな経済対策を「岸田4本柱」として体系化。公衆衛生上の危機発生時に強い指揮権限を有する「健康危機管理庁」」なそうだ。


でも数十兆円って、どれだけの中抜き、創価電通、りそなが噛んで行くのだろうか?そしてコロナ的な感染症は、インフルエンザみたいに年中行事になる?危機対応で済むの?そうではなく医療制度全体の中に感染症対策を入れ込んで危機対応ができるような、医療の全体的改革でないと、中抜き、委託だけが肥え太るかも?


⑧ 医療制度は社会保障の根幹
生物多様性が失われた地球における年中行事?常態?定期的に起こる感染症問題かも?その対処であり、医療システムの重要課題となる?


医療保障体制(薬剤・検査の適正使用と地域医療システム整備・野戦病院へと転用可能施設指定など)が必要な時代なのかも?日常の医療の中で、必要に応じた医療サービスの拡張システム、税金投入をして進めるのではないだろうか?


誰でもが安心して、安価に掛かれる医療が必要な時代?少子高齢化、気候変動、感染症の時代だから。国情の安定、引き籠り、ニート、若い人の自殺、夢の無い国のコロナ禍かも?その地球の上で、アフガンではコロナ感染無し、マスクが無い?これが、とても不思議?


⑨ アフガンが教えている事
今、アフガンの周辺国では「難民を装った戦闘員」、その可能性が周辺国に警戒されている?アメリカの対テロ戦争費用は20年間で880兆円 死者90万人、米の大学の報告だ。ひとたび外国軍隊の庇護下で進めた政治には、いろいろな「金目」がついていて、人心は「正義」を外れていく?国情は乱れるのかも?


 先週、プーチンと習近平は電話会談で、アフガンの地域の安定を維持するために協力で合意なそうだが、双方は “領土から発せられるテロや麻薬密売の脅威に対抗するための努力を強化する用意があることを表明した “と。アフガンの戦後は、平坦にいけるのかどうか?膨大な地下資源、レアメタル・原油の眠る国、古い都のガンダーラの国アフガン?


昔、ゴダイゴが歌っていた・「そこに行けば どんな夢も かなうというよ 誰もみな 行きたがる 遥かな世界 その国の名はガンダーラ 何処かにあるユートピア どうしたら行けるのだろう 教えて欲しい In GandharaGandhara  They say it was in India Gandhara Gandhara 愛の国ガンダーラ・・」だった?


⑩ コロナが教えてくれた事
昨日、菅総理に圧力を掛けた?アメリカ仕込みの進次郎。同じ神奈川県の選挙区選出で付き合いが深いことから、菅氏の信頼を得ている様子?首相になってから、同じ神奈川県選出の河野太郎氏、小此木八郎氏らと首相の下に集まって意見交換することが何度もあったとか。でも案外、菅義偉総理は、アメリカにとって好ましくはない、日本の総理だったのかも?


何事も比較してみないと、その実像は分からない?コロナとインフルエンザ・他の感染症との比較したデータが必要?超過死亡率だろうか。そしてこれからコロナ禍を体験した国民達は、第二次大戦直後の英国労働党、「ゆりかごから墓場まで」の生き残りNHS(National Health Service)のような?医療制度を目指す政治を選ぶ事?


誰でも掛かれる安価で安心な医療・コロナ等感染症対応の時代だから?そして望めば一生住まえる住宅制度があれば、誰でも地域住民だから。安堵の社会保障、それは国民が頑張るための安心ではないだろうか?


金目の政治を変える国政選挙がやって来る?
対コロナは、治療薬ならば症状のある人だけ。でもワクチンは世界市民全員に2回も3回も購入させる、それも税金から。最高の商売?製薬会社の「金目」は半端ない。だからワクチン効果と副作用を考えて、マスコミに煽られてしまうけれど、自分の今後の健康の為には、良く考えて行った方が良い?


社会保障制度を整えるために税金の廻し方を精査して変えていく政治、「金目」外しの10月の選挙、これを選ばないと、日本の国情は落ちていく?


朝鮮戦争直後、アメリカアイゼンハワ―大統領の国連演説、原子力の平和利用は多分「駄法螺(だぼら)」だった?「駄法螺(だぼら)」も通ってしまう?大国の力?創価電通、竹中パソナら既得権者から、税金を国民の手に、東京五輪の為の「金目」、コロナワクチン・世界の製薬会社の「金目」、それらを超える事かも?新しい政治、社会保障財源確保、それは国民の命が一番だから。


 国連の脱炭素も、科学的根拠は非常に怪しい?誰が何処で言い出したのやら?
荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP