ブログ一覧

「いじめ紀行」の22ページ

東京五輪、パラリンピックの、開会式で楽曲を担当するチームの一員に任命されたミュージシャン小山田圭吾氏、障碍のある同級生への、酷すぎな(いじめ)、本人の「虐め自慢」は22ページにわたる「いじめ紀行」だった。解任ではなく、辞任で進めている?


余りに惨すぎで、みんな、そのままはコピペできないの?マヒナスターズのボーカルの長男なんだとか、二世の優遇、特別扱い?でこうなる?音楽的才能の程は分からないけど、自分の排せつ物を衆人環視 の中で、障害ある同級生に食べる事を強要?オナニー強要?マットでぐるぐる巻きして蹴飛ばした?それが「いじめ紀行」として出版される、その国が日本なんだ?


① 手をつなぐ親の会の抗議

「手をつなぐ親の会」が抗議をだした。この会は全国に展開していろいろな障碍者施設も運営している団体。子供が生まれて来てまもなくから、自分の子どもに障害がある事が分かって、その子を育てる親たち。「親亡き(おやなき)あと」をみすえての、長い歴史がある筈。


障碍者家族会の先駆け的に1956年に結成された団体、穏健な団体だが、抗議を出さざるを得ない、この苛めの様子、友人と二人でずーっと。長いインタビュー(22P)が流されて、2,3回も問題になっても、平気な電通、芸能界を仕切る人達なんだろうが、五輪・ラリンピックの音楽担当に抜擢して、ぎりぎりまで守っていた?


② 具体的事実を、各マスコミは伏せ中?

「みんなで脱がしてさ。(局部を)出すことなんて(Aさんにとって)別に何でもないことだからさ」と笑っていたことや「障害がある人とかって図書室にたまる」「きっと逃げ場所なんだけど」と認識しながら「みんなで見に行こう」と通ったこと、体育倉庫で「マットレス巻きにして殺しちゃった事件とかあったじゃないですか、そんなことやってたし、跳び箱の中に入れたり」と、虐めを得意げに自慢・・


同級生2人を全裸に、「全裸にしてグルグルにひもを巻いてオナニーさしてさ。ウンコ喰わしたりさ。ウンコ喰わした上にバックドロップしたりさ」(「ロッキング・オン・ジャパン」)「クイック・ジャパン」のインタビュー。小学校の時に「体をガムテープで巻き、身動きが取れないようにして、段ボールに入れた」。「掃除ロッカーの中に入れて、ふたを下にして倒すと出られないんですよ。すぐ泣いてうるさいから、みんなでロッカーをガンガン蹴飛ばした」「マットの上からジャンピング・ニーパットやった」。


日本の国は犯罪でも、上を忖度して無かった事にできる国?この人は有名人の二世、自分で自慢話にしたから、表にでた人?親が大物なら、周りが忖度、酷くても通せる社会が日本なのだろうか?国の総理も、岸信介と吉田茂の孫達、二世議員ばかり?アメリカ仕込み、エジプト仕込み、なんか変?だ。


③ 税金を国民の為に流すか否か?

「美しい日本」に包んで進める政治、本当は「金目」。政治権力とは「貨幣・円」を日銀にどんどん印刷させて、国民から集めた血税を、自分達が支配するための力にしてきている?ここで創価・電通、竹中パソナに血税が流される時代を、脱却するために、何ができるか?そういう時代になっているのかも。


パラリンピックの予定は、08/24(火曜日)~09/05(日曜日)、会場の設定は、首都圏、静岡までらしい?この小山田圭吾氏の残忍な虐めは、世界に拡散したそうだ?公明党はパラリンピックは家族見学を提唱していたが、小山田圭吾氏の音楽はどうなるの?
公明創価は、菅総理自民党との連立が固い。菅総理を固く支持というのが公明党、案外この政権の本筋は、公明党なの?


④ 10月の衆院選挙が心配

この五輪が始まれば、金メダルを2つ、3つと日本選手がとってゆけば、国民は五輪に夢中になると言っていた、脳科学者の茂木健一郎だったか? 


「美しい日本」?その国では、自国民をインパールの餓死の行軍へ、ガタルカナルも餓死へ、国内は東京大空襲、広島長崎沖縄戦、引揚げと戦災孤児、食糧難の時代へだった、大本営発表は絶対?全くの嘘をおごそかに発表し、治安維持法の国だった。大本営発表に有難く膝まづく、私達の父母たちだった。


コロナが教えてくれた事は大きいかも?頭の中の理念、レガシー、オリンピック精神をどんなに追いかけても、人間は腹も空くし、病に倒れる身である。政治は美しい言葉で国民を目くらましだったが、政治家の本音は自分の「金目」「選挙力」?オリンピック精神も「金目」。税金を廻す力が与党力、それが創価の選挙熱だったの?結局自分達だけの安泰、「金目」じゃん?


⑤ 選挙の開票はなぜムサシ=創価の独占なの?

自民党の二世議員の劣化状態の中で、実は創価が自公政権を主導している?そんな気がする?裏で汚れ仕事もありえるだろうか?善良な市民風でも?なにか、ここにきて続いている首長さんの選挙結果、それが不思議?不正選挙って日本ではどんな形? ムサシ=創価 が独占して開票するようだけど?


ネットを見ると、何故自由競争の社会の筈の日本?こんなに安定している選挙の集票作業業務って、ムサシが独占なの?電通と同じ創価、でその結果がどんどん、自公の安定政権に向かった?


案外票の読み込み時に書き変えもあり?というネットの言い方。でもそれは無理っぽく、途中経過に入り込むと、証拠が残るだろうから?むしろ集計の段階、各投票所の票数の集計時に、何だかの係数をかけて票数を出してゆくとか?そのためのアプリがあれば、証拠は出ない?そんな気もする?


例えば、静岡の知事選挙、川勝平太さんは予想外に勝っているが、この時の自公側候補への係数が低すぎた?で今回の神戸は、自民+維新が勝ちすぎだ。これは係数が高すぎたとか?妄想が走ったけど?


⑥ 集計値誘導のアプリとか?

私も妄想もここまでだけど、直近の世論調査等の動向、データから、逐次各選挙時には何だかの集計上の操作、一定の係数を用意したりする?そういう積算値誘導プログラムが作られていて、その係数が各種世論調査の結果を踏まえて、微調整されつつ、選挙を待っているとか?


それが、この世論の地殻変動の中で、意外な選挙結果を生んでいる?とか。たとえば、意外な自公の勝ち方、負け込む場合などは、ムサシの作るシミレーションシステムの中の係数が、読みを違えて設定されているとか?ちょっとアプリの再調整に手間取っていた?


そうなると今回の神戸は、自民党維新を当選させたいムサシが、敵を強いと読みすぎだったので、大差を作ってしまった?とか。静岡の川勝平太氏の場合は、自分達自公維新を、強いと読みすぎだった?何かそう言う妄想でよむ、この頃の選挙結果みたいだ?


⑦ 税金を国民の側で廻せる政治?

日本の選挙は、開票をムサシの独占から、複数の集計会社を入れないとダメ?集計のプロセスを透明化するできる方策を、情報の透明化の波をつくりながら、でないと?


開票する業者の開拓、選挙管理委員会への協力システム、複数の監視と注視をもって、10月の衆議院選挙を迎えないと、危ないのかも?なぜこんなに甘い、支払先は国税、絶対焦げ付かず、これより安定商売はないだろう?何故の電通・ムサシだけなの?各種補助金の行くへと、このシステムを変えるムサシ以外の参入を、せめてもう2社くらい?


おそらく米国サイドは、今の菅総理の後を、維新か小池グループにしてしまいたい。小池さんを巡る人脈は、4年前の公明創価・進次郎・都民ファースト・細野豪志に維新を加えたい?そうすれば、今の税金の流れ方、電通委託、創価中抜きシステムを温存できる?からなのでは? 


⑧ 政治を変える為に

そして日本は日米密約にしばられつつ、アメリカの腰巾着は続く?国内の米軍基地、地代は無いらしい。思いやり予算をつけている。国民生活は今、低賃金、不安定雇用の中で、政府は美しい言葉、非科学的言説で、悪政を包み隠している?コロナの最中の東京五輪、五輪はコロナ変異種をどう動かすのだろうか? 


国民の血税を、「アメリカのグローバル企業」や、安倍晋三兄弟(岸信夫防衛大臣は安倍晋三の実兄)の一存」ではなく、「美しい日本」のストーリーではなく、政権与党の「金目」「権力欲」の為ではなく。政局談義より、国民生活の底上げへ、そのために動かす政治には?


一般の我々の医療と医食住が、だんだん乏しくなる低賃金社会、になっている?この税金の使い方を「脱」格差貧困に移し変える政治?そういう政治を選び、選挙の集計が公正である事を願う。怪しいムサシの開票、ムサシ一辺倒からの脱却のプラン?国民的に、それを工夫しながら、各自治体内で、自主的な集票操作管理システムが欲しい?


次世代の未来はどうなの?神戸の維新の刷新って、しかと観察しないと危な過ぎ?橋下さんのマスコミ毎日複数回も出て来て、大声で何を言っているの?うがい薬のような、都構想のような、毎日マスコミに出て来る維新の面々、創価電通の使者みたいな?刷新の住民投票は6億円×2回で、あれがコロナを呼び込んだみたいだが?住民投票も無視っぽく?カジノの方向を向いていそうな、大阪の税金の流れに注目かも、都構想と同じにながされそう、カジノとか?


⑨ お金と物流と経済
何か、東京五輪が本当に始まるの?「金目」の五輪。でも技術立国、国内生産体制の底上げ、国土の涵養と、医療新技術の展開が大切?


そしてMMTや、貨幣(円やドル)は、ただの紙くずになってしまう事もある?物流とのバランスではないのか?次世代の医+衣食住の充実には、新しい社会保障をしこしこ、じわじわ作り上げる、血税を国民生活に廻す、創価電通・竹中パソナへの税金の流れを精査かも?選挙結果集計業の、ムサシへの流れも?


我々の血税は何処に廻って、何をしている?橋下さんは、意に添わない人、「締め上げたい」と、小山田圭吾さん的なノリがある?不思議な選挙を超えて、ムサシに変わる集計システムを模索しつつ、10月の選挙を迎えないと、元も黙阿弥にならないように。ムサシのソフト、アプリケーションの閾値設定は?どうなのか?盛夏の妄想なんだけど?


⑪ 美しい日本の、その中のくらしはどうだった?

コロナが教えてくれた事、第二次大戦直後の英国労働党、「ゆりかごから墓場まで」の生き残りNHS(National Health Service)のような?国営の医療という感じで動かす、社会保障の方向なのかも?


コロナの治療薬、それで重傷者の命を守りながら、安全なワクチンの開発を待つ事が、死傷者を守れる?死亡率が低い感染症なら、ワクチンよりも治療薬だろう?自宅待機の感染者をゼロにするために?世界市民全員に2回も、三回も打つワクチンって、製薬会社の儲け!は莫大過ぎだろう。


あの朝鮮戦争直後、アメリカアイゼンハワ―大統領の国連演説、原子力の平和利用は多分「駄法螺(だぼら)」だった?「駄法螺(だぼら)」も通ってしまう?大国の力?チェルブノイリ、福島の事故は何を語っているのだろうか?戦争で勝つ事が、人命よりも大切になってしまう、戦争による政治決着ってそうかも?


21世紀の世界中の国民は、「駄法螺」を見抜き、国民生活基盤を、じわじわと作る上げるため、創価電通、竹中パソナら既得権者から、税金を国民の手に、東京五輪の為の「金目」、コロナワクチンの「金目」それらを超える事かも?新しい政治、社会保障財源確保、それは国民の命が一番だから。


荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

PAGE TOP