ブログ一覧

コロナが教えてくれた事

英高級紙「タイムズ」が、東京五輪中止の世論が高まっている今夏、日本政府の〝方針転換〟を指摘したとか。「国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が来日を延期したこと、自民党の二階俊博幹事長が感染が深刻化した場合に「ためらうことなく五輪を中止しなければならない」との方針を口にしていることも併せて報道だと。


表向きは開催強行の方針を崩していないが、水面下では着実に中止の流れになっているとしている。これってどうなの?今の絶対に止めないみたいなマスコミ報道、それはフェイクっぽい?そして国中が、今のコロナの怖さ、政府の強権発動不足と言われれば揺らぐ?やっぱり憲法改正し緊急条項?それが憲法改正なの?でもいつか来た道はコロナよりも、もっと怖い核戦争時代への道だったりして?


① コロナ変異種とインド

インドの惨状、火葬が出来ない程、火葬場の写真。平常時のインドの埋葬はどんなのか?私の祖母は生前、土葬を願っていて、その願い通りに埋葬された。インドでは今も水葬もあり、宗派や地域でさまざまだった中で、今感染拡大への懸念が高まる中、当局は予防措置として遺体の焼却を近代的な火葬炉で行うよう命じたと。


この火葬は、たとえばニガムボドガートでは6基ある火葬炉のうち3基しか稼働していないため、数千年前からヒンズー教の儀式で使用されている伝統的なまきを使った火葬法が、とどめ置かれた遺体に対処していくため、1週間前から認められるようになったのだと。


家族には、感染への不安も多い長時間を要する火葬だそうだ。日本の大阪の方が感染は多いとのニュースがあって驚いたけど、文化の違いも、込みで解釈する事も必要なのかも、インドと大阪の比較?


② 世界中のコロナ変異種とワクチン

インドでは、英国発、そして自国の変異種が心配なようだ?で英国は隣国フランスのマクロン大統領に「アングロサクソン(英米)が多くのワクチンや原料を封じ込めている。」と批判されている通り、米英は自国のワクチン利用を確保「自国ファースト」の上で、ワクチンの特許権の一時停止を言い出している?


ワクチンの特許解除とは、製薬大手秘伝のレシピの開放を意味する。「アングロサクソン・ファースト」の後で、原材料は独占した上で、他のレシピを吸収したいと言う、「金目」が一番、世界中の他民族の命も、「儲けの種」っぽいのが、今の英米なのかも?


EU側は特許解除の是非には意見が分かれている。で原料の封じ込め、製品の封じ込めに反対なようだが?そして日本、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したmRNAワクチン「コミナティ」を特例承認。17日から医療従事者への優先接種が始まり、4月12日には並行して65歳以上の高齢者への接種がスタート。WHOはここにきて中国国営企業シノファーム(医薬集団総公司)の承認をしたばかり。


③ 南アフリカ連邦の実情

南アフリカのラマポーザ大統領は10日、新型コロナウイルスワクチンを富裕国が独占する一方、貧困国の何百万人もの人々がワクチンを待ちながら死んでいくとしたら、それは「ワクチン・アパルトヘイト」であると述べた、と。


ここはマンデラ大統領(1993年ノーベル平和賞)で有名な「旧大英帝国の植民地」。この国の豊富な地下資源(金、ダイヤモンド、そして携帯電話やパソコンに欠かせないレアメタル-希少金属)の鉱山開発で巨万の富を得た筈。でも今でも多くの人々は電気も水道もないところで暮らしている貧困国家だと。その1961年の英国からの独立、それ以前の過酷な黒人差別が「アパルトヘイト」だ。


南アフリカやインドは、世界貿易機関(WTO)で新型コロナワクチンや医薬品に関する特許権の一部放棄を呼び掛け、ワクチンは「グローバルな公共財」であるべきとしている。自国だけでなく、世界中で平等と人権の向上への提言と実行を求めていると?


「豊かな先進国の人々が安全に予防接種を受けられる一方で、貧しい国の何百万人もの人々が順番を待ちつつ死んでいくという状況は、ワクチンのアパルトヘイトに等しい」と。


④ でも さざ波?

高橋洋一内閣官房参与、日本における新型コロナウイルスの感染状況について「この程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」とツイッターに投稿して、大批判されているのだが、菅総理は黙認っぽい?


この発言の裏側、軽率な人なのか?何だかの情報による確信なのか?この人と自公政権は同一体質と思って良い?だって内閣官房参与としてこれからも政権内部で働いていく人だから?


一方では、強権を必要として憲法改悪をして、個人の権利を狭めて国の命令権の幅を広げたい政権、憲法の改悪への道、コロナを理由にして発進中が怖いのだが、野党第一党首枝野さんが、同道するのが、最も怖い?


⑤ 国産のワクチンが良さそう

「政府は同14日、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したmRNAワクチン「コミナティ」を特例承認。同17日から医療従事者への優先接種が始まり、4月12日には並行して65歳以上の高齢者への接種がスタートしました。」


「ファイザー社やモデルナ社の『メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン』と、アストラゼネカ社の「ウイルスベクターワクチン」は同じ形式のワクチンで、「新型コロナの遺伝子の一部を投与」する、つまり直接ウイルスの遺伝子を入れる形。これまで「実際に使われたことがない新たな仕組みのワクチン」だが、これが日本で今接種中のワクチン?


でも 05/09のニュース。塩野義製薬が開発を進めている国産ワクチンはファイザー社とは違う従来形式だと。これは新型コロナの遺伝子の一部を組み込んだ「バキュロウイルス」(人などに感染しないウイルス)に昆虫の細胞を感染させ、新型コロナの表面にある「スパイクたんぱく質」を作り、このたんぱく質をワクチンにして投与すると。


⑥ ファイザー社のワクチンと国産を較べると?

ファイザー社は、ウイルスの遺伝子の一部を使う形、で国産塩野義は、「スパイクタンパク」を使う。


「スパイクたんぱく質は、体内の免疫を呼び起こす「抗原」となり、体内で新型コロナに対抗する「抗体」が作られます。抗体ができれば、新たに新型コロナが入ってきても症状が出にくかったり、症状が出ても重症化しにくかったりする効果が期待できます。」と。


上記国産の方式、たんぱくを抗原とする方が、人間のもともとの多様なウイルスへの免疫作用を使うので、変種コロナへの対応関係は「幅が広い」と思われるのだが?


⑦ 国産のスパイクタンパク質を抗原とする形が良い?

「新型コロナの遺伝子の一部を投与」というのが、ファイザー社のワクチンだが、遺伝子が変異した変異株が来た場合は、どう戦いうるのか?その幅は狭そうな感じがする?


何か、国産方式の方、ウイルスRNA自体でなく、たんぱく質を抗原とする方式が、変異種への対応の幅が広いような気がする?その上これまでの国民への接種データがあって、リスク管理的にも安心な感じがする?


これは安心が多い?この国産のワクチンなら、これまでの日本人へのワクチン接種の経過(副作用・免疫効果の推移など)を踏まえ、リスクも想定できるし?
https://mainichi.jp/premier/health/articles/20210330/med/00m/100/009000c


⑧ 特許権保護の一時停止

各製薬会社の特許権保護の一時停止を求める発展途上国側には、切実さがある?特許権保護の一時停止は、製薬大手秘伝のレシピの開放を意味する。


ワクチンを公共財として、各ワクチンの製造レシピ、その効果とデメリットなどと公開しながら、安全で効果的なワクチンの生産のために情報交換を考えれば、特許は当面解除して、ワクチン接種の予後についての情報共有、改良されたワクチン生産へと動いて欲しいのが、世界市民の願いではないだろうか?


米英主導の国際社会のなかで、人類は「金目」に沈んでいきそうだ?発展途上国、小国は纏まって国際社会で発言する事かも?極東は今、南北朝鮮の衝突への傾向、尖閣列島の紛争(日中)、台湾と中国の対立が、うごめきつつ、コロナの渦中にある?近隣の国々として、衝突の回避のための条件を作りあげながら、発展途上国は互いに共通の利益で纏まって発言かも?


⑨ 国民の生活水準を底上げの為に

コロナで国民の年収は減っている。で「教育」「家族」「仕事」「地域」「消費」が全部大変になっている。残忍な家族内犯罪も増えている?


「格差の拡大は平成時代から進行していたが、コロナで目に見える形となったことを、テレワーク実施率など豊富なデータを引用しながら解説。幼少期からの教育格差が所得格差に続いていることで、貧困ループから抜け出すことが難しくなったと指摘するという、日本社会を覆う『自己責任論』に疑問を呈する本」も出ている?


こんな日本国民の血税は、今東京のオリンピックの為に、IOCは大会組織委員会に850億円の拠出金を支払っていると。しかし、大会が中止となって放映権者が放映権料の返還を求めた場合、組織委は拠出金をIOCに払い戻さなければならない契約になっているそうだ。大会が中止になった場合、IOCだけでなく、組織委や東京都も大きな減収に直面する可能性があるんだそうだ。


これが今の自公政権が東京五輪を止めない訳だった?でも本当は、この税金で日本版ニューディール、荒れ果てた山林原野、耕作地に手を入れたり、農業生産力の増強の為に、失業中、ニート引きこもりと言われている若い力を雇い入れる事業に廻せたら?「Go To ‥」より、何倍も未来の暮らしに、豊かさと安心かもね?


⑩ 政権交代後の政治は?

愚かというべき?枝野野党第一党首は、国家運営の根幹を曲げる事にあっさり同意する?憲法改悪の議論は国会へと向かってしまった?介護保険利用料2割負担?どうでも良い事は法律文言で飾る弁護士、肝心の事は与党と同道になるのが変?


2021年の5月、コロナ対策は医療制度(検査・ワクチン・救急体制など)への税金出動を覚悟の上で、今後の感染症対策を視野にいれて、次の感染症騒ぎが起こっても対応できるシステムを念頭に、その安心感の上での国民の活動力、知恵力の涵養が必要な、危機の時代ではないだろうか?


この真逆を行く政府、憲法改悪して、国の命令で国民を縛り上げながら、自分達は税金じゃぶじゃぶ、美しい言葉でぐるぐる巻きの「金目が一番の政治」に走りたいのかも?国民が反対すれば取り締まれる?それを目指す次の選挙、その為の、政策布陣ではない事を祈るしかない? 


⑪ 日本の五月の空

今日本の家々には、造花のようなきれいな草花、バイオ技術の賜物?が玄関先、庭先に揺れている。春夏秋冬の花の色が一つのプランターの中で咲きそろう午後。今は5月、昔ならやっと田植えが終わるころだ。田植え休みがあった時代の私達子供は、田植えって楽しかった。あぜ道で頂くたばこ(おやつ)は大人とおんなじ、誇らしいというのか、うれしいというのか?
 
軍事費の莫大さを思う?何よりも戦争回避、軍事費の半分でも良いから灌漑設備に廻して欲しかったアラブの砂漠?極東は同じ轍を踏まず、日本国内の原発にも、米軍基地にも、ミサイル攻撃はさせない事かも? この空の無事を願う。


①アメリカの意向次第の政治が日本の今かも?国民生活はどうなる?日米合同委員会の下、日米密約?米国の核基地を願い下げるために、脱原発と広大な米軍基地の地代請求(フィリピン・韓国並み)から始めて、対等な主権国家間関係を取り戻す政権かも?脱原発ができれば、日本民族滅亡みたいな危機は回避できるかも?


② 国民主権の原則から、裁判官、高級官僚の人事権の、透明性確保→裁判官人事権を最高裁事務総局から、高級管廊の人事権を官邸から人事院へと移し、人事ルールの公開によって、安倍友菅友による高級官僚支配を脱し、裁判官の米国からの支配を脱し、最後には日米合同委員会の公開を進めよう。そのために息長く、本気で動く政治家、政権を育てよう。


③ 財政規律の確保の為に、政権交代時の旧仕分けに学び、今度は会計の専門家の協力を得ての財政精査、そして国会への報告のための委員会設置かも?その中で明らかになった、電通への無駄委託、創価の中抜き、自公集票の為の無駄補助金を見つけだし、その額で日本版ニューディールを始めようとする政権かも?


①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

PAGE TOP