ブログ一覧

コロナの中の選挙だけど

この日曜日に注目されている3つの選挙「一つは収賄罪で在宅起訴された吉川貴盛元農林水産相=自民を離党=の辞職に伴う北海道2区補選、二つ目が羽田雄一郎参議院議員の新型コロナウイルスに感染して死去による補選、そして広島再選挙、公職選挙法違反の有罪判決が確定した河井案里氏=自民を離党=の当選無効に伴うもの」ここは「支持層が厚い広島」だという。


そしてコロナ、ちょうど1年前の安倍総理「日本モデル」でコロナを越えたと自画自賛だった。でも明日から、東京、大阪、兵庫、京都?と緊急事態宣言に入る。関西の今の感染拡大は、大阪都構想の住民投票の後遺症みたいな?でも今は五輪の聖火リレーが走り続けている。世田谷では、ワクチン申し込みが開始され中。沈静迄にどんないろいろが国民を襲うのか、心配になる。


① 日本の「金目政治」を終えよう

広島の1億5千万の選挙、買収選挙の河合克行杏里夫妻、自民党安倍晋三経由の税金がつぎ込まれ、反対派を締め出す為に、平気で税金じゃぶじゃぶ、ここまでやっていた。夫の克行氏は広島の自民党地方政治家達に、各100万単位だったか、配る為のメモ?リストを作っていて、そのストも裁判の中で出た来た?


裁判になっても強気?与党でいれば何でもスルーの日本の裁判所?美人過ぎの奥さん、杏里衆議院議員、でも杏里氏の後、補選立候補の自民党の西田ひでのり氏は杏里氏の国会議員の歳費だけが問題の人。「当選が無効となったにも関わらず、歳費が変換されないのはおかしい。常識に合わない制度を改革し、法整備、罰則脅威かで再発防止を徹底」これが反省の形?


国会議員の歳費変換だけ反省では、その前の1億5千万、公金で買収選挙がスルー?税金が一部の人達の為に廻る政治、金目でどうでも動かす選挙では、その政治家達が流す税金だし、何処へ流される?今日本が踏み込んだような貧困格差社会、抜け出せずに深くなるだろう?


② 政治家忖度は、上下関係かも

いまのコロナの勢いも何処まで行くのか分らない、若い人達は失業の不安、雇用の変化が心配。小泉純一郎の規制緩和!自民党をぶっ壊す!って、日本国民の生活を本当に大きくぶっ壊したのかも?


小泉さんはブッシュ政権と”ヨシ・ジョー会談”とか言っていた。何故ヨシだったの?もう忘れている私。で今度はバイデン新大統領の下、自民党公明党創価の政府はどう動くのか?バイデン・菅の会談、日本人の血税、日本企業の内部留保、何処に廻されるのかが心配な、日米関係の未来?


日本の経済力は安倍政権の8年間、あれだけ海外へ、首相外遊のたびに運んだ円借款?ここまで細ったのかも?東芝、日立は買収に出されても、買い手がつかないような?「自民党をぶっ壊す!」に乗せられて日本経済がどうなって行くのか?今私達国民生活は、緊張と疲弊かも?金目政治の乗り換え先を、どう作っていくのか?そういう時代なのかも?


③ エイズの時はどうだった?

1970年代末から80年代初めにかけてHIVの大流行が始まったのだった?1990年代後半にはアフリカから、ヨーロッパ、アメリカへと拡大、西ヨーロッパの先進国には、WHOの推計で150万人以上の成人感染者、そのうち推定100万人余りはアメリカの感染者だったと。


でエイズの時とコロナの今だが、比べて見ると不思議な事もある?「エイズは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)というウイルスが、人間の血液に入って起こる感染症で、HIVウイルスは、CD4陽性細胞(リンパ球の一種で、細菌やウイルスといった病原体から身を守る「免疫」という働きをする細胞。)に入り込んで、CD4陽性細胞を破壊」だった。


「HIVに感染してもすぐに免疫の力は弱くなりません。CD4陽性細胞は壊されてもすぐに新しく作られるからです。感染初期は、自覚症状もほとんどありません。したがって、検査を受けない限り、感染者自身もHIVに感染したことに気付きません。感染していても特徴的な症状が出ていない人をHIV感染者」と言っていた。


「HIV感染者の体内では、数年から10数年かけて、HIVが徐々に増えていき、新しく作られるCD4陽性細胞よりも壊されるCD4陽性細胞が多くなるために免疫の働きが少しずつ低下」という。このため「健康なときにはかかりにくい感染症や悪性腫瘍にかかったりします。こういう病気にかかった状態を、エイズ(後天性免疫不全症候群)といいます。」と説明されている。


エイズウイルスの動き、人体への侵襲の詳細が分かる。コロナだってワクチンが出来上がっているのだから、分かっている筈?何故にそれがニュースに載らないんだろう?


④ 治療・ワクチンの価格は?

コロナウイルスもRNAウイルスだとか、エイズの時の対応が先行事例としてあり、多分コロナはワクチンも1年程で開発された?なので人体生理的に感染が引きおこす病態、予後など分かっている事もあるだろう?


でもそれは報道されてはいない?今後の治療法を含めて、ワクチン効果など見通しが知りたいのだが?そのためには人体の細胞レベルでのコロナの動きとか?コロナウイルスの行動様式というのか?製造元の製薬会社名ばかりが出て来る。


エイズの時はワクチンの価格、「いったんは50倍以上に値上げした感染症の薬を最大で半額に値下げすると報じた。」のだった。あの時はエイズウイルス(HIV)感染者が使う薬の価格は、国際世論が値上げに批判が相次いで、高値は撤回した筈。でコロナの場合は、ワクチンや治療薬の値段がマスコミに載らない?過去の国政世論の動向などを踏まえて、価格には配慮がなされているのだろうか?


⑤ ニュースの一斉拡散、飲み込まれそう?

コロナもエイズ同様に、これから長い経過になるとすれば、感染以後の細胞内の動きなど、治療薬の価格設定など、ワクチン効果、その生体反応というのか、ウイルス行動、細胞内細胞器官との攻防などと、公開されている方が安心だと思う?


昨今のマスコミ報道だと、バッサリと切られてしまうか、神対応!か、両極端がすぎていて、イギリス王室など、いろいろと探し出しては褒めちぎっている。マスコミ報道の作ったストーリーを運ぶために、ネタが拾われているような?気もする。


芸能人も、バッサリと切られる人、キムタクと工藤静香みたいにいつもあこがれの家族みたいな?こういうニュースは何処までが実像で、何処までが虚像なのかわからない?そのストーリーは私達を何処へと運ぶの?


言葉遣い、語彙、ボキャブラリ―迄似ている?ような。コロナについては、事実関係を正確に伝えて欲しい、何故今年の冬のインフルエンザは消えたのか、とかも?
 
⑥ バイデン大統領と国連総長グレテスの脱炭素

2日前、国連のアントニオ・グテレス事務総長はバイデン米政権が呼びかけた「気候変動サミット」を前に日本経済新聞へ寄稿し、気候変動リスクを抑えるため「2040年までの石炭火力発電の全廃」が必要だと主張している。


地球の温暖化傾向とCO2排出量、その因果関係について、化石燃料(石油天ガスも含む?)特に石炭発電がクローズアップだ。空中の二酸化炭素量が、地球上の大気中にあって、地球を毛布みたいに包んでいるのかどうか?温暖化効果があると。


でも二酸化炭素(CO2)濃度が、400ppmを超えたというニュースがこの2年間出されている。(400ppmとは百万分率。百万分のいくつに当たるかを示す)「二酸化炭素は、大気のうち約0.040%、大気500mlのうちで、たった0.2ml」だが、以前は0.03%とされていたのだから、増えている事が問題になっているのか?


⑦ 二酸化炭素量をコントロール中の地球上の生物達

https://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_8690132_po_12_15.pdf?contentNo=1&alternativeNo=
空中に、0.03~0.04%ほどの量で、太陽エネルギーをどこまで遮断したりしなかったり出来るのか、でも地球上のすべての生物は酸素(O2)と二酸化炭素(CO2)と水(H2O)をベースにして生きている事も真実?


そう言えば「ガイア」とも呼ばれる地球生命体という考え方もある?ガイアとはギリシャ神話の、最古の大地の女神の名前だが、「地球上において、大気や地殻などの自然環境と、動植物などの生物が相互に影響し合うことで、地球という惑星が一つの大きな生命体のように活動している」と言う感じを出して、英国の科学者ラブロックが提唱したと?


この考え方から見ると、地球の大気からCO2を吸収するシステムが動いていると言うのも、うなずけるかも?ガイアとも呼ばれる地球上の生物相互関係の中のバランスという考え方もあり、でもそのブレはどうなの、あり得る話なの?


⑧ 二酸化炭素を吸収する地球の仕組み

空中のCO2は、産業革命以降200年間、明治維新(1868)の100年前のイギリスの蒸気機関のワットの発明(1769)から250年程、この間化石燃料を燃やしての生産活動、経済活動からの、空中のCO2排出が地球温暖化の元凶という感じだろうか?


でもガイアとしての地球には、1)海水がCO2を吸い込み、戻す、海水の物理化学的な性質もあり、そして海の生物達は 2)生物ポンプと言われるCO2を炭酸カルシウムとして(貝殻とか珪藻とか)取り込み、それを海底に取り込む作用も大きいと?


なので地上の動植物の活動、森林等の光合成の中でCO2の吸収、呼吸にもかかわらず、大気中のCO2は、まあ一定値を保つらしい。このガイアとされる地球上の生物物理化学的な総合的な関係が解明される事、その破綻の可能性とか、その見当が必要な時代なのかも?


⑨ すべてを「金目」で飲まれない政治を

日本の今、ここまで来ると、「金目」で解決できない地球上の人類社会、そういう現実が1人1人の命の問題、コロナの中から、隠しきれない時代になっているような気がする?


東京五輪、バッハさんは緊急事態宣言も関係なし、開催だと言っている。コロナの実像、「金目」の実像を、5月の風に揺れる、欅の大木の枝が歌っているような東京だけど?2021年の昼下がり、上空を羽田に向かう飛行機は頻回なんだけど?


コロナの後の格差拡大はどうなの?嘘で包む政治家ってどうなの?正直な政治、金目政治から抜け出さないと、日本に未来は暗いかも?広島の1億5千万は、世界中が引くような話。金目で囲われてしまえば、過剰な忖度になりそうだ?金目って上下関係の素かも、平等関係になれない。長い目で見て、本当に不平等が続くだろう?


ここは、頑張って選挙へ出かけ、「金目選挙」をこえた方が良いかも?選挙で政治を変える時代がやってきているのかも?「金目」より命の政治を向けて、乗り換える事が出来るのが、「選挙」なんだから?かもね。


①アメリカの意向次第の政治が日本の今かも?国民生活はどうなる?日米合同委員会の下、日米密約?米国の核基地を願い下げるために、脱原発と広大な米軍基地の地代請求(フィリピン・韓国並み)から始めて、対等な主権国家間関係を取り戻す政権かも?脱原発ができれば、日本民族滅亡みたいな危機は回避できるかも?


② 国民主権の原則から、裁判官、高級官僚の人事権の、透明性確保→裁判官人事権を最高裁事務総局から、高級管廊の人事権を官邸から人事院へと移し、人事ルールの公開によって、安倍友菅友による高級官僚支配を脱し、裁判官の米国からの支配を脱し、最後には日米合同委員会の公開を進めよう。そのために息長く、本気で動く政治家、政権を育てよう。


③ 財政規律の確保の為に、政権交代時の旧仕分けに学び、今度は会計の専門家の協力を得ての財政精査、そして国会への報告のための委員会設置かも?その中で明らかになった、電通への無駄委託、創価の中抜き、自公集票の為の無駄補助金を見つけだし、その額で日本版ニューディールを始めようとする政権かも?


これらを妨害するのが、世界中のマスコミと日本中のマスコミに違いないので、独自のニュース発信網の構築、すべての議論を公開する、脱忖度、脱教育勅語文化の、マスコミ新設かも?


①荒れた山林原野、耕作放棄地に手を入れて、食糧増産、国内物流の確保 「緑と生物多様性保全」-地球温暖化を抑える ②一生でも住まい続けられる、安価な公共住宅システム。増え続けている空き家に手を入れて、税金を繰り出して整えて行こう。引き籠りでもなんでも、動員されて手伝い、賃金を貰うシステム。そうして内需拡大に貢献だ。③今後もあり得る感染症対策は、平等で安心な医療介護システム、世界に学び効率化と質を求めながらの、税金投入事業、日本版ニューディール、税金で直接国民を雇い入れる事業を進める政権かも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

PAGE TOP