ブログ一覧

嘘で廻す?安倍友創価の政治

地震警報が誤報だった。発展途上国みたい?人口地震の予定があったのとか、今になって妄想が走ってしまうような、最上川大水害の今なのに。地震誤報ってひどい。


最上川沿いの新庄、昔は米の集散地でたいそう栄え、「新庄のお祭り」の賑わい、宮城県側からも出かけるのだった。祖母に父親の従妹(姪)と一緒に連れられて、4,5歳の頃だろうか、「ばれんこ?」の簪(かんざし)を買ってもらった事を覚えている。


それを長らく戸棚の隅っこにしまっておき、ときどき取り出しては、ちらちらキラキラと光るのを揺らしたものだ。新庄節も良く踊った、懐かしい限りの山形・・


① アベノマスク、この6月に追加注文だった

ところがアベノマスク、税金の無駄づかい、安倍友創価電通関連に、自分達の選挙運動のような税金廻しだが、これをまだ止めず、なんとこの6月頃の8000枚追加注文だったと。どうでも税金流し先を潤すんだ?選挙活動の一種?そのニュースが?


6月になってからの新規発注だというのが酷すぎ。私たちの税金は安倍友創価のポケットマネーだ。どうでも流して、潤おす選挙運動、口を開けて待っていれば、ぼとぼと落として来るみたいな。なのでマスクの品質も問わず、売れ残りでも、カビが生えていても入れ込んでしまうのかも?


これでは企業努力なし?これが日本の経済機構を根本から痛めている?グローバル企業は、次第に逃げていく、それが安倍友創価の税金の使い方かも?


② 命の順位づけなの?

コロナの死亡者関連ニュースが出てこないので、はっきりしないが、二次感染が始まっているのかどうか?でも秋口以降に毒性に変化あるウイルスが来る心配もあり?警戒を怠る事は出来ない筈?


今、障害のある人や、高齢者、現役で働けない人の命は、働ける人に譲りなさい?みたいな気分が、コロナ対策の最後の切り札になりそうなのか?維新、令和新撰組のメンバーの中にそんな思想もあり、白昼堂々、自説を拡散している?


これって経済効率性、市場原理主義というのか、儲けが一番、効率が一番、貨幣価値がすべてみたいな、考え方の危なさかもしれない?でも、人間って生物(動物)、死すべき運命を生きている事をコロナが教えてくれた。命とは自己維持保存(命を守る)と自己複製(次世代子供を造る)を求めるもの。それが定めみたいだ。


それを守り合うための社会だったかも。いつ自分や我が子がそういう境遇に立つのかは、誰にも分からない。その遺伝子、その境遇の中で生まれる哲学が、人類を救う程の事もあるかも。何か、「わさわさがやがや」の中の、新機軸が、想定外の強さを持っていたり?


③ ニュースに警戒? 

安倍晋三と自民党創価の政府、そして小池知事だが、小池さんと菅官房長官のバトルは芝居みたい?だって『ワーケーション』って今後の安倍官邸の政策のキーワードだろうが、この発表の日、小池都知事は感染者数を6日ぶりに200人を切る131人にして、この発表を迎えたのだから?


その日(27日)だけ半分以下?前日は239、翌日は倍の266、翌々日29日は250なのは、何を語る?尾身さんの「感染研のコロナ情報独占」だからどんな感染数を出しても平気、バレないのかも。今でも検査結果集計は、感染者数をどういじってもバレないだろう。まるで太平洋戦争当時の、大本営発表と同じみたいに?


なので、小池・菅バトルは芝居だろう?小池さんとのコラボ、小池さんは新しい、次の総理だ見たいな印象操作?尾身さんも「Go To ‥」延期要請したのに安倍官邸が聞かなかったとのにゅーすだが?かこれもどうなの?延期ではいつかは進める?


税金はコロナに廻さない?電通への横流しの確保かも?医療へのテコ入れではないの?この国のニュースには、距離をもって、裏も考えるようにした方が良い時代かも?


③ 「Go To‥」・アベノマスクを、コロナの医療へ

 「Go To‥」の税金の流し方、これを追いかけると、これまでの日本の政治の闇が見えてくるのかも?安倍友創価、特に創価の選挙へのあの熱の入れ方?狂信的なのかと思っていたが、「欲と二人連れ」だった?


税金は、安倍友でない人でも、共産党の人でも支払っているだろう。国会の決議で、オープンに流すのが、民主国家だろう。自分達だけが潤い、それを美しい言葉で騙しているのかも?自分達安倍友創価がピンハネと言うのか、中間で電通とかで抜き取っている?


マスコミが腰巾着なので騙される国民かも?芸能界も創価の牙城だとか?キムタク夫妻は、特に奥さんが熱烈創価とか?安倍友創価の線の広告塔だから、特別扱いなんだ?国民はいろいろな噂も聞き入れて、マスコミに距離を置いてみる方が、真実は見えてくる?


中間で電通創価に抜き取らせず、そしてコロナの実体はPCR検査で掴むのではないか?国際標準無視のコロナ政策は、この国に悲惨を運ばないのか心配が現実になったりしない事を祈る?


④ 「社会的な検査」と言う考え方

これは、感染拡大防止の礎になる?「人と接する特定の職業(病院、介護施設、学校、美容院、スポーツジムなど)の従事者」は、症状の有無に関わらず、一定期間ごとに検査を行って、結果により速やかに隔離・治療を行う、社会的な検査だとか。


この社会を守る人達が、安心して仕事ができる、サービスを受けられるようにすると言う方法を、世田谷区が採り入れる?クオモ、ニューヨーク州知事(62歳のイタリア系のカトリック教徒)が、この3月から4月にかけてニューヨークに感染爆発の時、彼は毎日記者会見(安倍晋三は今も出てこないが・・)だった人の発案らしい?


社会を、経済を廻すための、必要な抑え、基本の部分を守るのかも。世田谷区が導入するらしい。


⑤ クオモ、ニューヨーク州知事の言葉

「情報は、州政府に集まるのだから、それをしっかり共有する。それから、みんなで考えましょう。意見を言いましょう。合意して行動しましょう。民主主義のステップを、きちんと踏んで行く。」


 「事実/意見、をまずわける。事実は、誰もが踏まえる。意見は一人ひとり違っている。意見が違うから、議論や、投票をする。相手に敬意を持ちつつ、最善の結果に向けて共同で行動する。民主主義のマナーだ。」


 「メディアの裏側で、フェイクニュースがはびこるようになった。事実がいく通りもあったのでは、民主主義が成り立たない。まず事実を踏まえるのは、そうした危機感の表れである」そう評されている。


アメリカの主流、アングロサクソン、プロテスタントではない、新しい指導者像かもしれない?


⑥ 75年前の敗戦、あの轍を踏まない国民かも

美しい日本って、何処が美しく、何処が残酷だったのだろうか?自国の若い兵士の6割を餓死させて美しい筈はない?この原点に戻って自民党、創価公明、維新、令和新撰組、立憲、国民民主、社会民主、共産党の言う事を読み直しかも?


コロナを超えながら、自分達の命と次世代の幸せを中心に置いて、21世紀の大国化した中国と、20世紀の戦争(湾岸戦争以降の中東情勢)の真ん中で戦争を進めるアメリカ、その両方に加えてロシアとも国境を接している日本、その安全を考え廻す時代ではないだろうか?


⑦ グローバル経済は行き詰っている

どっちについて行っても、結局日本は双方の防波堤にされる地理的位置にいる。なので等距離、どちらにもつかず、そして丸腰が一番経済的かも?アメリカ追随は、宇宙までも届く防衛体制を強要されそうだ。中国の一体一路の未来はどうなのか?


これまでは、安い労働力とエネルギー資源、原材料を求めて、世界中を見渡せば活路が見えたのかもしれない?今やアマゾンの大森林も底が見えるほどの伐採が進み、発展途上国の安い労働力も、先進国化が進んでいる?


戦争、戦争で、街々を破壊し、農地も河川も森林も破壊しつくして、そこに生産品、商品を売り込む、その流れも行き詰まりかも?世界史的な大転換、大きく命の原点回帰の時なのかも?


⑧ 「Go To‥」の税金でコロナ対策、日本版ニューディール

コロナが教えた事、それは死すべき運命を生きる人間の、自分達の命の事かも。コロナを超えながら、命を守る医療介護を整える政治ではないだろうか?


コロナ後の日本、嘘で廻す政治、社会を変えないと?情報公開が根本かも。そのためには政治と司法の両面改革が不可欠、嘘で騙したら、事実を出させられ、探し出されて、裁かれる社会でないと、嘘の垂れ流し政権だ。それが今の日本。


日本の最高裁事務総局、検察制度はアメリカ支配のための、国民を諦めさすための道具のように見えてくる?


税金は嘘で包まず、直接国民の財布に落しながらの、食糧増産、山紫水明のこの国土の豊饒化かも?それに安心な公的賃貸住宅システムの構築事業、コロナみたいな疫病の流行を超える為の医療制度(病院と保健所と介護施設)へのテコ入れが必要かも、このコロナだから。


この三つの事業を、日本版ニュー・ディール、税金で直接若い人たちを雇い入れる事で、市中にお金が廻るだろう。いろいろと我慢しているのが今の国民生活だから。「Go To・・」の税金を廻して、消費拡大になりそうな?


今こそ、脱「自民党安倍忖度」。「正直文化」で、若い人財を励まそう。生産工場の」国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、アメリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

PAGE TOP