ブログ一覧

安倍官邸と東京都政

7月5日の都知事選まで18日、候補者が揃った?この前まで都知事選は、東京五輪が絡んでいたから?前の舛添知事は2年2カ月、猪瀬知事はたった1年、それぞれ金銭問題(猪瀬さんは徳洲会からの5000万・舛添さんは公私混同の箱根通い)で辞任に追い込まれている。



選挙には都税から?50億も出費なのに、3年半足らずで3回も選挙だった。で今の小池知事は、文春砲によれば、巨額の政治資金がベクトルグループに支出されていて、この社長の住所は小池都知事と同じで、元秘書との複数の不動産取引が指摘されているとか、不思議な話?でも小池知事の身には何も起こらない?




①2016/07/31の都知事選

思い出すと、小池都知事誕生の選挙、対抗馬が鳥越さん、不倫が出てきて求心力を失ったような、小池旋風で自民党候補にも大差で大勝利だった。あの時小池知事は、築地問題、築地を守るのかと思っていた。そして当選すればすぐに都議会解散の筈?それがなんとなくずるーっと、何も変わらず、築地から豊洲へと移ったとか、今になって思い返している私。




写真を見ると、小池さん応援団の面々、小泉新次郎も馳せ参じている、若狭さん、前原さん、細野豪志等、あの希望の党の立役者達?あの小池さんのおしゃれな洋服の選挙から2カ月目、9月25日の「希望の党」が結成された。




民進党はその3日後、9月28日午後、党本部で両院議員総会を開いた。ここで前原誠司代表は衆院選(10/10公示、22日投開票)に向けて、小池百合子都知事が率いる「希望の党」への事実上の合流を提案したのだった。




② 民進党、前原さんの提案(09/28)がどうだったか?

一、今回の総選挙における民進党の公認内定は取り消す。
二、民進党の立候補予定者は「希望の党」に公認を申請することとし、「希望の党」との交渉及び当分の間の党務については代表に一任する。
三、民進党は今回の総選挙に候補者を擁立せず、「希望の党」を全力で支援する。




「どんな手段を使っても、安倍政権を止めなければいけない」と提案、事実上の解党かとの質問に「アウフヘーベン(止揚)」と本当に言ったらしい。




③ 小池「希望の党」の7カ月半 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/64213
前原提案の翌日(09/29)小池都知事は記者会見で、「前原代表がどういう発言をしたのか、承知をいたしていませんが、『排除されない』ということはございませんで、排除いたします。取捨(選択)というか、絞らせていただきます。」




つまり、選挙の公認が外れてしまう議員も出てくると、希望の党側が民進党からの議員を選別する。これは前原さんを小池さんが騙したのか?前原さんが民進党員を騙したのか?この経過だが、小池さんの排除発言だった?




これから、枝野さん達は「希望の党」への合流を止めて立憲を結党していく。それから10月22日、投開票日を迎え、蓋を開けてみると、7月の都議選圧勝が幻だったかのように、お膝元である東京都の小選挙区でも「希望の党」は惨敗。




すると小池さんは希望の党首を(1か月半後の11月14日)辞任して、この党は2018/05/07日をもって解党、この間7カ月半であった。どんな裏があったのだろうか?




③ 小池都知事、勘違いさせ手法か

この4年間、都知事就任時の選挙公約、7つあったという。豊洲も都議会解散も公約ではなかった。待機児童ゼロ介護職離職ゼロ・残業ゼロ・都道電柱ゼロ・満員電車ゼロ・多摩格差ゼロ・ペット殺処分ゼロの7つで、4年後の今ペット殺処分だけが達成だという。




それでは今回の選挙公約はどうなのか、よく眺めないとダメかも?オリンピック最優先の小池東京都、コロナのPCR検査も、抗体検査もよう進めず、感染実態は不明のまま。東京アラートで赤信号とかパフォーマンスだが、感染の実態数字、どこまで正確なのか?言葉が走っているけど。それが小池さんのコロナ、東京アラートは今日になって感染者が40名、基準見直し?




コロナは命に係わるのに、国の方でも安倍友創価族がトンネル会社に、コロラな対策の税金もピンハネさせている?税金の流れに国民の関心も集まっている中だ。20年前の小泉改革は日本人の働き方をこんなに変えた。貧困化が進んでいる。でも私達はつい安定雇用時代の常識で考える。それで国民は騙される?勘違い?とか。




④ 嘘の経歴、ばれない為に、不正を産む?

若い世代は随分低賃金長時間労働に変わり、私達高齢者世代の若い頃とは違った。あの頃も嘘で包んで忖度させ社会だったかも、で豊かだったから通っていた?もう国民の生活が、命が大丈夫か?みたいなそういう気持ちでマスコミのいう事を聞かないと、危ない時代かも?




小池都知事の経歴も、嘘が満載だとか、結構変わり身が早く何処まで、実行するのかが怪しい?嘘がばれそうなら、サッサと引きそうな感じ?もある。




自民党安倍友達、アメリカ留学組も同じかも?やっとこさ国語の朗読ができる程の総理大臣って、諸外国にもいるのかどうか?そして嘘で経歴を固めている人は、首根っこを押さえられてしまうというか、自由な行動が難しいかも?暴露されたくないし?




⑤ 嘘で固めている政治家は裏切るかも

嘘で固めた政治家って、ある意味自由な意思決定、行動が難しくなる?自分を守る事最優先になる?自分の嘘をまもるために、一線を守る事、自由な発言とかができない時がありそう?




なにしろ安倍晋三総理大臣の嘘が国民には知れ渡ってきている。嘘で丸めて犯罪を不起訴にしてもらう検事総長を求めたのが、黒川東京高等検察庁検事長の人事問題であった。一つの嘘は沢山の嘘を持って、隠さねばならない?そういう嘘の蟻地獄、国民の生活より、自分を守る事に動かざるを得ない?こういう政治家を選んでいると、日本の国は亡びる。




なので、私達は選挙は自分達の生活を守るための行動だと、肝に銘じないと。この貧困化の中で、次世代の幸せは難しく、日本は沈みゆくかも?




⑥ 安倍官邸、森元総理と小池さんは同質の人達?

政治はイメージで騙されず、選挙も忖度、忖度、町内会や地域の有力者へのお付き合いでもなく、自分と次世代の幸せの為。不安定雇用で長時間働かないと暮らせないような今の日本、好きな人がいても結婚もためらわれるような社会を変えるため、税金の使い方に注文を言う事だから?




小池さんは、嘘が多すぎて、この嘘を守る事が最優先になりそうではないだろうか?本当に都民ファーストになるためには、都知事って脅されそうなネタを持っていて大丈夫?美人でも、おしゃれでも、何の足しにもならない。正直で嘘のない都知事を選ばないと。




安倍政治を終わらせるため、安倍の反対のための「希望の党」の登場だと言っていたのだが、だってどうして4年間もこの知事は無事だったの?猪瀬さんや舛添さんみたく、途中で辞任にもならないで、小池都知事は森元総理や、安倍官邸とぴったり同道だった、その4年間だった?




⑦ 二階さんの小池支持声明

自民党安倍友の、実働隊みたいな二階さん、早速小池支持だった。小池さんって安倍晋三達、その裏のアメリカCIAなどの、思うがまま動く人なのかもしれない?小泉進次郎、維新の面々、前原、細野豪志などの、希望の党を担いだ面々って、どうなの?




21世紀は、地球規模の変動の時期のような?アマゾンの森林までが伐採されて、開発、開発、経済開発、そして気候変動、山火事が相次ぐ時代になっている?




⑧ 国民の生物性を大切にする政治

この時代には、GDP至上主義を抑えて、物流の確保、命の源、食糧増産と住まいの整備ではないだろうか?物流の確保が大切。お金が紙切れになってしまう事も、あり得るから。




今度の都知事選挙の重要課題は、小池都政の税金の使い方、都民向けの発言の嘘を見抜き、いつの間にかずるーっと変えられないように。小池都政の二期目は、自分の首を守るために、いよいよ安倍政権の上を行く嘘と、税金が動く可能性もあり得る。




この乱立の都知事選が始まる。小池都政の再選を阻止する事が最大大切かも?そのために、後から手を挙げた山本太郎と、宇都宮けんじが票を割らないだろうか??何か調整もあればよいが?




⑨ マスコミが落ち上げない人かも
マスコミが持ち上げる人達、維新とかは、安倍晋三に近い人達ばかり?勘違いさせたいことを書いている?今世界中のマスメディアは、ある意味コントロールされていそうだ。




私たちはあまりに、机上の空論と言うのか、理屈ばかりに気をとられないで、自分の生物性に立ち返る時かもしれない。コロナが教えてくれたことは、死すべき運命を生きている私達。大切なのは、日々の食事と、眠り、そして互いの交流、互いに親しみ、正直に向き合う事かも?




嘘で国民を騙さない政権を願う。そのために選挙に出かけて、今の低賃金長時間労働の苦労、その自己責任社会から、国が税金で国民の生活の底上げの社会保障を進める政権へと交代かも。スター性というのか、印象的な山本太郎を表看板にするとしても、政策を見ると、宇都宮けんじは、行き届いている。




住まいの貧困、不安定雇用、教育費、緑を守る、羽田の空港新ルートの低空飛行など、これに事業者の利益もあれば良いような?山本太郎が国政に移る場合もありそうな中、副知事でいて政策をすすめ、やがては都知事になって政策の継続実行の柱、それもありそうな人だけど?




今こそ、脱「自民党安倍忖度」。「正直文化」で、若い人財を励まそう。生産工場の」国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、アメリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. 2020.07.5

    幸せの条件
PAGE TOP