ブログ一覧

黒人の命ー格差社会の残酷

「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療に抗マラリア薬を使用することに安全性の懸念があるとした論文の著者4人のうち3人が4日、論文を撤回した。」これが結構権威ある「英医学誌ランセット(The Lancet)に掲載」、何故?世界の医療技術は、莫大な儲けを産むだろうから、科学的な判断も曲げる事もあり?



なにかSTAP細胞事件を彷彿とさせる?あの時はNature誌の論文だった。PubPeerを含むウェブサイトで議論され、それが論文撤回につながったのだとか。



製薬会社、政府から資金を得て進める研究、研究の成果。コロナを巡って、何があるのか、データを正確に読めて、買収されない、人間の命を大切にする専門家に期待するしかない感じである。

https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/20200606-00182065/



① 黒人が警官に、首を抑えられて窒息死する国

アメリカ社会は、100年間も同じ、人種差別のままと言っている?今回は白人の警官がデモ隊の一人を抑え込み、首に膝を入れて放さず、息ができないと訴えているのに無視、息が絶え死亡、その映像が拡散された・・



奴隷制度の続きのような、粗暴な奴隷主のような扱いをする警官、黒人差別が白日に出てきて?改めてアメリカ合衆国は奴隷制度で富を築き上げた国家だった事を思う。



21世紀のアメリカ、黒人といっても純血のアフリカ人では無く、大なり小なり白人との混血だろう?つまり黒人女性が産んだ白人との混血、強姦の結果みたいな、そうかもしれない?自分の産ませた子、我が子を奴隷として売りさばく世界だったのかも?その延長上の?黒人の首を膝で絞めて窒息死させるまで?



② 抗議が世界中に広がっている

このデモがアメリカ全土に、そして世界中に共感されている。事件は5月25日、ミネソタ州ミネアポリス、今日はそれから10日以上も過ぎているが、デモは収まらず?今度は警官のデモ隊への暴力の映像が新しく?



アメリカ社会では黒人男性は、子供のころから躾けられると。「母が作ってくれた若い黒人が従うべき暗黙のルール」が16も。警官に疑われない為、黒人は紳士風にして外に出ないと、逮捕、拘留、暴力も有り?ポケットに手を入れて歩かないとかも。



黒人の命だって大切!みたいな「Black Lives Matte(BLM)」が、2013年SNS上で#BlackLivesMatterというハッシュタグになったと。その時も同じようなことが起きている。



③ Black Lives Matte(BLM)

2013/02にフロリダ州で黒人少年が白人警官に射殺され、翌2014年7月にはニューヨークで過剰な暴力により死亡、8月にはミズーリ州ファーガソンで、共に白人警察官に射殺された。
 
その翌日にファーガソンで行われたデモから今回同様の暴動?それからBLMは世界的に認知され、以降アフリカ系アメリカ人が犠牲となった警官の過剰な治安維持行為を糾弾するデモが拡大していたそうだ。



犠牲者のフロイドさんもコロナ感染者だと言うニュースだが。裕福な白人達はコロナの都市から別荘へと避難するのだとか。残った貧者が明日の糧の為に働く社会、それがアメリカかも?



④ アメリカ社会の自由って?

コロナは富者貧者区別なく襲う中で、アメリカ社会では貧富の差が、生命危機の度合いにもろ響いてくる?ヒスパニック、黒人がコロナの死亡率が高くなる社会、でデモの参加者はどうなのか?



貧者がコロナの感染源になった時、その社会はコロナが蔓延する社会であろう。働かずには、明日の生活費が心配だから?これからの地球は異常気象、新型感染症も、続くのかもの時代に、アメリカ社会を日々の仕事で支えている人達にとって、コロナ禍の下で、自由とは何だろうか?



今回のデモ隊に、まだ警官の暴行は止まず、頭から血を流すデモ隊の人の映像も。自由の女神がほほ笑むアメリカ社会だったのに。アメリカの貧者にとって、自由って、何だろうか?



⑤ 民度が違う?

今は6月、バイオ技術で生まれたのか、紫陽花もいろいろな色に揺れているのに、麻生蔵相は、日本の死亡率が少ない理由を尋ねる海外からの電話へ「『お宅とうちの国とは国民の民度のレベルが違うんだ』と言ってやると、みんな絶句して黙る」とか?



こういう発言が死亡率が高い欧米を「民度が低い」とバカにしたのも同然?そういう常識的理解、対応ができない血統カリスマの生活感覚?海外メディアはナチス風と報道とか。


しかし日本のコロナ死亡率の低さは、2013年の中国広東省からのサーズ以降、中国沿海部(中国の海側、朝鮮、台湾、日本)には今回の新型コロナ類似のRNAウイルスの続きがあり?この地域の国民は繰り返し被爆して、日本人も免疫性が出来上がっていた可能性があるとか?この説が専門家サイドからでている。ちょっと麻生さんって、他民族蔑視傾向?外相だった事もあるのに?




⑥ 日本のコロナ 

コロナの実像がつかめないままの、急速な緊急事態の解除は不安だった。上記説も踏まえて、症状ある人は迅速に検査して治療へ、感染者は隔離、自粛へと、メリハリをつけていかないとコロナは蟻地獄っぽい?



経済を廻しながら、システム的コロナ対応の構築、まずは全員制限と言う方針から、精度の高い検査体制で、社会的な分業体制かも?



専門家がしっかりと目を入れて、税金を動かすべき。医療現場、介護現場が心配。「三密」が本当に必要だったのか?そういう事も次第に明らかになる?



⑦ 世界中がGDPを追いかける時代の変わり目

最終的にはどういう結果が出るのか?今は6月の空、あの雲のはて?マスコミの情報は嘘もありそうな?専門家の説明も怪しいこともある?何よりも、地球上にフロンティアは消滅しつつ、発展途上国も先進国化?



世界中が、アマゾンの密林までが開発されつつある?アメリカのシェールガス、化学物質のジェルで寸時に固めて取り出し、その在庫の保管コストが大きく、どんどん値下げて在庫処理、マイナス迄下げる時代を迎えた訳だ?原油価格を押し下げた。



政界経済は、グローバリゼーションの波の、反転みたいな?大きな転換点に差し掛かっているのかも?気候変動も重なり、人類社会は今、大転換期なのかも?人間は自らの生物性を大切に、命を守るために、社会のシステムを組み直す事を本気で考える時かもしれない?



⑧ アメリカからのメッセージ

4日の追悼式典「司法制度全体を変えるまで行動を続ける」「フロイドさんに起きたことはこの国で日々起きている。教育の場で、医療の場で、アメリカ生活のすべての場で。ジョージ・フロイドの名のもとに立ち上がり、首に置いた膝をどけろと言う時だ」と訴えが記されたと。



コロナで分かったこと、格差、不平等が隠されていると、社会全体が国民の命を守る事ができない。アメリカ、インド、ブラジルなどと、自由の女神が行方不明の国々みたいだ?そして日本も、安倍友創価族は税金を浪費しており、コロナ実態把握もおぼつかない。



本当に自分達の生物性、命の原点に立ち返り、食糧生産、その物流確保、そして命の医療、公営の賃貸住宅システム、国民生活の底上げに、税金を廻す政権かもしれない?



日本版ニューディール政策、国が国民を直接雇い入れ、その仕事で食糧増産の耕作地の復活、安心な公的賃貸住宅システム、医療を守るために働くニューディール。
この社会保障制度に税金を廻す政権、正直でないと?



今こそ、脱「自民党安倍忖度」。「正直文化」で、若い人財を励まそう。生産工場の」国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、アメリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. 2020.07.5

    幸せの条件
PAGE TOP